【日々に旅する瞬間を】第3話:夜更けの背徳。チョコレートとジューシーな赤ワイン

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

「旅」と言うと遥か遠くへ行くことを思い浮かべます。けれども旅とは、土地を移動する物理的なものだけではなく、精神的な旅だってあるはずです。

この特集では架空のひとりの女性を主人公に、いつもの暮らしの中に不意に現れた、旅のような非日常の瞬間を切り取りました。

1話目と2話目では朝と夕方のシーンでした。最終話となる今回は、夜の風景。

自分のために買ったチョコレートを楽しむ瞬間をお届けします。

1話目を読む>>>2話目を読む>>>

 



箱入りチョコの魔法にかかる

深夜の贅沢時間


ある日、誘惑にまんまと負けしまい、買ってしまった3箱のチョコレート。

こんなにどうするのよと自分に半ば呆れながら、でもやっぱり、チョコレートをずらっと並べた姿を眺めた時の、ときめきといったらない。

とろけるようなブラウンの一粒一粒が、夜をさらに濃くしてゆくような気がした。

お供は、重すぎない辛口の赤ワイン。近所のリカーショップの店主が、ガナッシュとか甘いチョコレートに合わせるならぜひと、おすすめしてくれた一本だ。

一口一口チョコレートを口の中で溶かすと、どこまでもつづく清らかな麦畑のような、満ち足りた黄金色の気持ちになった。

2杯目のワインを飲みすすめていた頃、私は不意にとある衝動に駆られ、たまにつけている日記帳を取り出した。

祖父から譲ってもらった万年筆も引き出しからひっぱり出して、感じたことや思ったことを酔いに任せて日記帳に書きつける。

いつもなら、時間と出来事をきっちり並べて書くのだけど。今日はどうもそんな気分になれない。

秩序を失ったとりとめのないイメージと気持ちの交錯が、ノートに散らばってゆく。かつてシュルレアリストのアンドレ・ブルトンが挑戦した、自動書記のように。

深夜のチョコと、ワインと、日記帳。

気持ちの良い酔いの中で、不意にいつもの私とは違う私が現れた気がして、一瞬戸惑った。

けれどももう深夜、誰にも会わない。誰も訪ねてこない。ちょっとくらい気がゆるんだって大丈夫。

ここはもう私だけの、秘密の場所である。

Photo : Mitsugu Uehara

もくじ

第1話(2月17日)
早く目覚めてしまった朝。ひとりだけのティーパーティー

第2話(2月18日)
夕方から、お風呂に入ってみたら

第3話(2月19日)
夜更けの背徳。チョコレートとジューシーな赤ワイン


本日の編集部recommends!

家族はめぐる
巣立つ子におろおろしながら気づいたこと(文筆家・大平一枝さん)【SPONSORED】

送料無料キャンペーン中!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

3つの新デザインで登場!
当店オリジナル段ボールが、3年ぶりにリニューアルしました!

【特報】映画「青葉家のテーブル」2021年春公開!
映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像