【スタッフコラム】日記を「再開」しました。

お客様係 石井 お客様係 石井

ここ3年ほど、ずっと日記をつけていました。

きちんと毎日の出来事を記録していたわけではないので、日記というより「雑記」というほうが正確かもしれませんが、とにかく思ったこと・感じたことを大きめの手帳に好きなように書きつけていました。

なのに、今年に入った途端、まったく書けなくなったのです。

はじめは、あまりにいつも通りな一日で書くことがなかったり、単純にバタバタしていて手帳を開く暇がなかったり。なにかイベントごとがあった日でも「まあ、いいか」と後回しにしていて、いつの間にか書くタイミングを失う、というような小さなことだったと思います。

これまでも数日書かないことはよくありました。でも、真っ白なページが1週間、2週間、1ヶ月と続いていくと、すっかり「どうやって書いてたっけ?」という状態に。

しかも同時に、「書くならちゃんとしたものを」となぜか徐々にハードルは上がっていきます。(私が勝手に上げているだけなのですが)

基本的には飽き性な人間なので、この習慣もここでフェードアウトしてしまうかな、と自分でもうっすら感じていました。

そんな状態で迎えた2月の初め。

たまたま、ひとりで数時間のあいだ時間をつぶす必要がありました。はじめは本でも読もうかなと思っていたのですが、ちょっと書いてみるか、と久しぶりに手帳を開いてみました。

 

やっぱり、書くのっていいな

「わーい!今日はひまだぞー!ひとりだぞー!」

久しぶりなので、無理やりにでもテンションを上げようとしたであろう私。選んだ言葉は、なぜか「わーい!」。

でも、気持ち大きめの文字でこの一文を書いたら、手が止まらなくなりました。

今朝子どもがこんなことを言っていた、昨日見たニュースにこう思った、先週読んだ本のここが面白かった……。次から次へと書きたいことが出てきてしまって。

そういえば、この日は〇〇が届いてワクワクしたんだ、この日は〇〇をはじめてやってみて楽しかったんだ、と少しずつ日付をさかのぼっていくと、1月も半分くらいは埋まっていきました。

真っ白だった1ヶ月が「ちゃんと私がすごした日々」に生まれ変わったよう。そして、たった1ヶ月の間でも、こんなにいろんな気持ちを味わっていたんだ、と改めて気づきました。

ポジティブなことだけでなく「イライラ」や「がっかり」も思い出してしまったのですが、時間が経っているからか自然と「どこにどうイライラしたのか。今も同じようにイライラするか?」まで落ち着いて振り返ることができたので、かえってよかったのかもしれません。

ちなみに、たいていの「イライラ」はタイミングと相性のせい(なので、誰も悪くない)と学びました。

やっぱり書くのっていいな、そう思います。

そしてこのコラムを書きながら日記を再開した日のページを見返すと、その思いはちゃんと文字にして書いてありました。

「3時間みっちり書いて、吐き出した感がすごい。スッキリしたー。」

まだまた、この習慣は続けられそうです。


本日の編集部recommends!

家族はめぐる
巣立つ子におろおろしながら気づいたこと(文筆家・大平一枝さん)【SPONSORED】

送料無料キャンペーン中!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

3つの新デザインで登場!
当店オリジナル段ボールが、3年ぶりにリニューアルしました!

【特報】映画「青葉家のテーブル」2021年春公開!
映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像