【スタッフコラム】本を倉庫に預けてみたら

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

昨年からずっと、少しずついろいろな物を次に大切にしてくれる方に譲ったり、新しく購入したりを続け、最近ようやく部屋が落ち着いてきました。

そんな整理の時に一番困ったのが、大好きな本たち。

▲数年前の引越ししたばかりの様子。とにかく本が山ほどあるんです。

何百冊と所有している本を、眺めては手放してしまおうか思案し、けれどもやっぱりと本棚に返すことを、一体何度繰り返したことでしょう。

それでもこれだけはというものを残して、一度整理。それなのに180センチ近くの本棚2つではおさまり切らず、部屋のあちこちに本が散在していました。

そしてある日、もう一度本とにらめっこ。読んではないものもたくさんあるけれど。

本って不思議なもので、ある日ふと思い出して読んでみたら、そこに自分が今求めていることが書いてあった、なんてことが度々起こります。だからついつい手元に置いておきたくなってしまう。

けれども物を減らし、もっと空間をひろびろ味わいたいという気持ちも強く、せめぎ合いがしばらく続きました。

そこで試してみようと思ったのが、倉庫に本を預けるサービス。月額数百円で預けられますし、好きな時にまた家に送ってもらえます。

段ボール2つ分の本を預け、空いた本棚も近所に住む学生さんにもらってもらいました。

今は、本棚があった場所に新しくソファを置き、夜な夜なお茶を飲んで寛ぐのが日課に。

ずっと、手放すか所有するかの極端な二択でもんもんとしていたのですが、なるほど、こういうのもありなのかもしれないと、すっと心が軽くなりました。

大好きなものを手放さずに、けれども部屋を広く使える。今の私には、ぴったりだったようです。


本日の編集部recommends!

家族はめぐる
巣立つ子におろおろしながら気づいたこと(文筆家・大平一枝さん)【SPONSORED】

送料無料キャンペーン中!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

3つの新デザインで登場!
当店オリジナル段ボールが、3年ぶりにリニューアルしました!

【特報】映画「青葉家のテーブル」2021年春公開!
映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像