【絵葉書みたいな夏の旅】第3話:北欧の森の中にある美術館へ自転車旅

編集スタッフ 野村

ここじゃないどこかの風景が見られたら。

そんな思いを持って、旅が好きなカメラマンさんにお写真を見せていただき、夏の旅についてのお話を聞いてきました。

3話目となる今回は、フォトグラファーの松浦摩耶(まつうら まや)さんが登場。デンマークのコペンハーゲンを拠点に、映像や写真を中心に活動されています。

松浦さんに夏の旅のお話を伺ってみると、「そういえばこの間、自転車旅をしたんです」とお返事が。詳しく聞いてみました。

「友人と一緒に、森の中にある美術館を目指して自転車で旅に出ました。

去年の夏は最寄りの駅から歩いて行ったのですが、きっと自転車で行ったら気持ちいいだろうなと思って。コペンハーゲンから自転車を電車に乗せて30分、そこから自転車で海沿いの道を40分走ります。

途中、ちいさな港町でお昼休憩をはさんで、そのあとは自分の背丈ほどある麦畑の一本道をさらに20分ほど走って、美術館を目指しました」

「主に彫刻作品を展示している美術館。春から夏のある期間だけ開いていて、天窓から差し込む光が印象的です。

美術館の敷地には気持ちよさそうな原っぱもあって。自転車旅で疲れた足を伸ばしながら、持ってきたブランケットに寝っ転がって、そこで少し昼寝も。

デンマークは天気が変わりやすくて晴れ間が貴重なので、この日の天気も存分に満喫しようと、予定よりも帰りの電車を2本も見送って、まったりしていました」

▲気持ちよさそうな原っぱ。これで夜7時くらいの光

 ***

次回は、コペンハーゲン市内のお写真を見せていただきながら、松浦さんに旅についてのお話をさらに伺っていきます。

(つづく)


もくじ

profile_futura_lineblack

松浦摩耶(まつうら まや)

『北欧、暮らしの道具店』を経て、現在はコペンハーゲンを拠点に映像や写真を中心に活動中。プライベートでは、デンマークのテキスタイルアーティストKarin Carlanderを追ったドキュメンタリーなどがある。日々の様子はInstagramで更新中(@mayanoue)


本日の編集部recommends!

調理道具の選び方
伝説の家政婦・タサン志麻さんが愛用する「ティファール」の魅力【SPONSORED】

「クリスマス限定ギフトバッグ」 どれにしようと悩む時間も楽しいひとときに。
今年一年頑張った自分へのご褒美に、大切な方へのプレゼントに、ぜひご覧になってみてくださいね◎

冬のおしゃれは、小物でぐっと可愛く◎
「ショール」や「手袋」など、本格的に寒くなってきた今から迎えたい冬小物が揃っています。

【動画】わたしの朝習慣/ morning routine
長年の夢だった平屋暮らしをスタート。ゆったり海辺で過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像