【スタッフコラム】田中千絵さんの家に、いろんな形のスプーンがある理由。

編集スタッフ 長谷川 編集スタッフ 長谷川

150804ct_column_2文・写真 スタッフ長谷川

 

子どもと感覚を養う、日曜日の実験。

シリーズ特集「その『働きかた』が、知りたい。」の第4回、田中千絵さん編を先日お届けしました。

お話を聞いた後、「なんだか子育てが楽しみになってきた!」と、わくわくしている自分がいました。結婚すらしていないのに、気が早いことで。

でも、それだけ子育てのヒントをたくさん教わったなと感じたんです。

その「働きかた」が知りたい。vol4. 田中千絵さん

実はこのインタビュー、4時間近くもお話させていただいて、こぼれ話も満載。

今回はそのうち、子どもだけでなく大人だらけのクラシコムスタッフでやっても面白いだろうなぁと感じた、「田中家のある日曜日の実験」を紹介します。

 

口当たりのちがい、感じとれるかな?

その実験とは、同じカレーを、ちがうスプーンで食べてみること。上の写真のスプーンは、ぜんぶ田中家のものです。

口当たりや、手に持ったときの微妙な差を感じるための実験なんだとか。

田中千絵さん:
「実際に見たり、使ったりすることが大事ですね。輪島塗の職人さんもおっしゃってましたが、塗りはやっぱり飲んでみて、唇に当たる感じで、ガラスとも木ともちがう漆の温度や質感がわかるって」

子どものころの敏感な時期にやったら、良い体験になりそう!

 

あえて、「本物」の器を使わせてみる。

150804ct_column_1

輪島塗の職人さんの話にも通じますが、田中家の実験で将来マネしたいなぁと思ったのが、子どもに「本物」を使ってみてもらうこと。

江戸切子のグラスはたしかに値が張るけれど、「持った時のガラスの質感が違うから重い」とか、「この凹凸って削ってあるんだ」とかの差を感じてもらえて、江戸切子の伝統も教えられるわけです。

そして、「これはいいやつだから、大切に使ってね」のひと釘もしっかりと。

田中千絵さんも、叔父であるデザイナー・田中一光さんの事務所でアルバイトをしている時に、さまざまな「一流のもの」「本当に良いと思えるもの」を知った体験が強く印象に残っているのだそう。

僕も、Kay Bojesenのカトラリーや、iittalaの「Kartio」グラスみたいに、長年愛されている確かなものを、しっかり触らせてあげようと思ったのでした。

150804ct_column_5

▲田中千絵さんが手にはめているのは、SHIPSのワークショップで作ったパペット。SHIPSの洋服から出たはぎれを使っているからか、質感も模様もどこかスマート。いいなぁ。

インタビュー、ぜひ下記よりご覧いただけたら嬉しいです。

その「働きかた」が知りたい。vol4. 田中千絵さん

あらためて、田中千絵さん、ありがとうございました!


本日の編集部recommends!

5秒で変わる?スキンケア
そばかすだって活かしたい。よしいちひろさんと考える、毎日のスキンケア[SPONSORED]

お家見直しアイテム集めました!
インテリアに馴染むおしゃれな収納アイテムなど、たくさん揃ってます!

【お知らせ】まもなく終了です!
期間限定!LINEスタンプを無料プレゼント中です。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像