【店長コラム】花屋に行かなくても、飾れる植物はベランダやリビングにあるかも?

店長 佐藤 店長 佐藤

diary_photo_160517_3

「はぁー、疲れたー」。なるべくなら口にしないで済ませたい言葉です。

だけれど5月はスタートから次々といろいろなことが起きて落ち着かない日々が続いていたので、家に帰るなり深いため息と共に「はぁー、疲れたー」のひと言がどうしても口から飛び出してしまう。

そんな自分も「しょうがないよね」と許しつつどうしても気になってしまうのは、食卓から花が消えるということでした。

わたしの場合、コンディションをはかるバロメーターのひとつに「花を活ける余裕があるか?」というのがあります。

コンディションがよければ、たいてい週に一回は花屋に行って食卓の定位置に花を飾るという習慣があるのですが、コンディションが悪ければそれらはもちろん後回し。

でもある日、「かならずしも花である必要はないんだよな」 と思いました。リビングやベランダで育てている植物を活けてみよう!と。

 


 01. まずは植物をカットして素材集めから


diary_photo_160517_2

①最初にリビングに吊り下げて育てているポトスの一部を園芸ばさみでチョキンとカット。

diary_photo_160517_1

②次にベランダで育てているアイビーの鉢植えからも拝借。

diary_photo_160517_3

③もうひとつベランダの長年選手オリーブの木からも小枝を拝借。

diary_photo_160517_4

④花瓶に活けたい材料が3つ揃いました。左上から時計まわりにオリーブ、ポトス、アイビー。

なんだか、すでにかわいい。グリーンばかりというのも新鮮に感じます。

 


02.葉っぱを水で濡らすのもポイント


diary_photo_160517_5

特にベランダで育てている植物は、葉の表面に土ぼこりがついていたりするので洗い流す意味でも一度お水にくぐらせます。

そうでない植物(ポトス)についても、一度お水にくぐらせてあげるだけで、実際に活けたときの印象がみずみずしくなることに驚きました。

 


 03. いよいよ花瓶に活けていきます


diary_photo_160517_6

花瓶といっても、この日使ったのは 『無印良品』 のガラス製のメジャーカップ。

水をはったメジャーカップに、まずはオリーブの枝をさし、その間にポトスを。

最後にアイビーの蔓(ツル)をクルッとまるめて、花瓶の端から端へと橋渡しするようなイメージでアーチ状に活けてみました。

diary_photo_160520_2

食卓のいつもの定位置に飾ってみたら、なんにもないダイニングテーブルよりもずっと生き生きとして見えるじゃないですか。

「花じゃなくても、大丈夫」 素直にそう思えました。

お疲れモードだった自分も、少しばかりシャキッとなったような錯覚さえ抱かせてくれました。おまけに、お花よりもかなり保ち(もち)がいいという後日談も。

お疲れモードだったからこそ、あらためて気づけた良さでした◎

ポトス、アイビー、オリーブ。どれも育てやすい植物なので、リビングやベランダにひとつふたつでもこれらの鉢植えがあれば、きっといろんな楽しみ方ができると思います。

 


本日の編集部recommends!

フライパンひとつで「毎日のごはん作り」の手間は変わる?
料理家・瀬戸口しおりさんに伺った、ちいさなストレスを解消する毎日使う道具。[SPONSORED]

当店をアプリでも!
待望の「お気に入り機能」やリトルプレスが無料で読める特典もあるんです♪

【動画】モーニングルーティン
体調に合わせて始める。自家製石鹸・ハーブを取り入れた朝時間(YouTubeが再生されます)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像