【愛着が宿る革】第1話:自分に合った、革を探しに出かけよう。

編集スタッフ 齋藤

_C1A5137

20代も半ばになった頃、そろそろ私も「ずっと愛せるものを持ちたい」と思うようになりました。

流行でも気まぐれでもなく、自分が本当に良いと思えるものを持っている大人に、憧れがあったのかもしれません。

「一生もの」という言葉で思い浮かんだのが、革製品。

スタッフにも話を聞いてみたところ、社会人になる時に買った名刺入れに、30代の入り口で買った靴など、みんな「特別」な想い入れを持って革を手にしているようでした。

今回はそんな「永く共に過ごす喜びをくれる」革を、もっと身近に感じられる特集を全3話でお届け。

_C1A4414▲お店の奥に進むにつれて、少し野性味を感じる、けれども繊細な革の香りがふわり。

伺ったのは、東京都谷中にお店と工房を構える革靴屋「そのみつ」です。

パターンと好みの革を選んでオーダーをし、それから足のサイズを測り、型を作った上で職人が手作りする、というスタイルをとっています。

クラシコムのスタッフにもファンのいる「そのみつ」。その丁寧な姿勢に、私たちが革に感じる「一生もの」というイメージを、強く感じることができました。

_C1A4996

革は様々な種類があるのも魅力のひとつですが、だからこそどれにすれば良いのか悩みもの。永く使いたいからこそ、自分に合ったものをしっかり選びたいですよね。

そこで第1話でお送りするのは、革の選び方。

お話を伺ったのは「そのみつ」に勤めて6年という、常木(つねき)さん。

_C1A5087

常木さん:
「シーズンで入れ替わってしまうのですが、色違いも含め常に20〜30種類くらい取り扱っています。動物は主に、牛、馬、羊、ヤギなどですね」

さて、そんなにもたくさんの革から、一体どうやって自分に合ったものを選べばいいのでしょうか。

 

type_C_550×90_01

しっとり、すべすべ。肌触りで選ぶ

_C1A5020▲内側も本革というそのみつさんの靴。しっとりとしていて、とても気持ちが良かったです。

ついついデザインで選んでしまいがちですが、靴も鞄もお財布も、肌にふれるものでもあります。そのため、触り心地で選んでみても良いかもしれません。

常木さん:
「革の中でも羊や子牛、ヤギのものはとてもやわらかく、肌馴染みが良いです。そのためパンプスなど素肌で触れるものにはおすすめ。

その反面、牛はしっかりしています。馬も羊などに比べればコシがありますが、牛よりもしなやかさを感じられる革です

_C1A5028

実際に私もふれてみました。

羊の革はくったりやわらかく、素肌に吸い付くような印象。表面もしっとりしています。常木さんが「素肌にはおすすめ」と言っていたのにも納得です。

それに対し牛革はコシがあるため、握った時に楽しい手応えがありました。表面もすべすべとしています。ぎゅっとした力強さを楽しみたいなら、牛革も良さそう。

 

type_C_550×90_02

繊細だったり、マットだったり。表情で選ぶ

_C1A5054

常木さん:
「どの革を選ぶかみなさま悩みますが、見た目で選ぶ方も多いですよ。種類によって表情も異なります。例えば羊や子牛はキメが細かいので、繊細な印象。

そして牛革はしっかりとした中にもほんのりと艶がありますね。

馬の革はマットで、落ち着いた風合いです。(ちなみに『コードバン』という馬の臀部を加工したものは、つやつやだそうです)

_C1A5119

常木さん:
「それから革の内側を使えば、また雰囲気が変わります。いわゆる『スウェード』ですね。起毛しているため艶はありませんが、やわらかく上品な印象を楽しめます」

 

type_C_550×90_03

扱いが不安なら、丈夫さ重視

_C1A5031

デリケートなイメージのある革。繊細な表情をしているものも魅力だけれど、上手に扱えるかな?と、ちょっと不安になってしまうことも。そんな時は丈夫さで選んでみるのもおすすめです。

常木さん:
「牛や馬、ヤギのものは、丈夫なので扱いやすいと思います。

その中でも牛と馬は硬さもあるので、ブーツなどガシガシ履きこみたいものにおすすめの素材。

そしてヤギは薄くてやわらかですが、表面に傷がつきにくく、強度もあります。牛と馬に比べて軽いのも特徴です。

ちなみに初めての方が手に取ることが多いのは、牛革。丈夫で安心ですし、使い込むうちに艶が現れやすいので、経年変化も楽しむことができますよ」

 


「一生もの」というけれど。永く使うにはどうすればいいの?


_C1A5074▲8年目という牛革のブーツ。つやつやとした光沢が美しく、魅力的でした。

常木さん:
「どれぐらいの年月を使えるかは、持つ人の扱い方次第なんです。例えば雨で濡らしてしまえば堅くなってしまいますし、カビも一度生えると完全には落とすことができません。

そのため対処はしっかりすることをおすすめします。

でも革製品が使えなくなるのは、糸がほころんだり、ソールが壊れてしまったりと、革自体ではなく部品がダメになってしまう時が多いと思うんです。

革へのダメージが少ないのであれば、修理ができます。そのため大切に使えば、一生ものですよ」

_C1A5112

常木さんは学生の時に、はじめて革靴を買ったといいます。その靴を今でも大切にしているそう。

常木さん:
「長年使うことによって、自分だけの風合いが出てきたことに、大切に思える一番の理由があると思います。

様子を見て、メンテナンスをして、そうした日々が味わいとなって現れる。愛着が育つということが、10年という長い年月を経てようやくわかってきたんです」

_C1A5034▲常木さんはこの日も「そのみつ」の靴を履いていました。

革の経年変化に憧れて、私も何年か前にキーケースを購入しました。

私なりに日々気持ちを込めて接したつもりですが、傷もあるし、擦れもある。けれど2年くらい経ったのちに、単なる「きれい」とは違う、自分なりの「味わい」が現れてきたように思います。

本当のお気に入りって、最初からあるものではなく、育つものなのかもしれない、この経験は私にそんな気付きをくれました。

_C1A5201

長い年月を一緒に過ごすために、見て、ふれて、確かめて、自分に本当に合っているものかどうか、じっくり時間をかけて選んでみても楽しいかもしれません。

続く第2話では「そのみつ」の代表であり、靴職人の園田(そのだ)さんを取材。ものづくりに対する深い想いを聞きました。

ものを生み出す背景を知ることで、また一段と手にしたものに想いが宿るように思います。

20年以上も革とともに過ごす園田さんのこだわりとは、一体どのようなものなのでしょうか。

(つづく)

【写真】木村文平


もくじ

profile_futura_lineblack
sonomitsu_profile_201609

そのみつ

東京都谷中に店舗と工房を構える革靴屋。(工房は外からの見学のみ可能)多彩なパターンと好みの革の組み合わせを選び、足を採寸してからオーダー。約4〜6ヶ月の期間をかけ、職人がひとつひとつ丁寧な手作業で制作してくれる。

http://www.sonomitsu.com/


感想を送る

本日の編集部recommends!

1本4役のスキンケア
翌朝もちっと調子がいい。毛穴、角質、保湿、くすみを1本でケアできるオイルウォーターって? [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、花柄スカートなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

【動画】うんともすんとも日和
日記を書くことで、驚いて、面白がって、優しくしたい。『5秒日記』でお馴染みのライター・エッセイスト / 古賀及子さん

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像