スタッフの愛用品

2017年1月11日(水)

【スタッフの愛用品】RIGTIGの「ブレッドボックス」を、娘のミニキッチンにしてみました。

編集スタッフ 寿山 編集スタッフ 寿山

DF2_0096_1

夕飯をつくる間、娘にひとりで遊んで欲しくて。

お子さんがいる方で、家事をしているときに子どもが寄ってきて、なかなかはかどらないなんて経験ありませんか?

とくに私は平日に夕飯を作る間、1歳10か月の娘がひとりで遊べるよう、ありとあらゆる手を尽くしています。

そんな中ふと思いついたのが、当店で扱うRIGTIGのブレッドボックスを、おままごと用のミニキッチンにできないかというアイデア。

娘が気に入りそうなおままごとグッズも新調して、さっそく自宅で実践してみました。

 

6畳のリビングでも邪魔にならない、コンパクトなサイズ感

DF2_0171_2

広い家に住んでいたら、立派なミニキッチンを買ってあげたいところですが、あいにくわが家のリビングはたったの6畳。

市販のミニキッチンを置くようなスペースはありません。その点、このブレッドボックスはとってもコンパクト。

娘が遊んでいるときも、遊んでいないときも、まったく邪魔にならないサイズ感です。

うれしいことに、フタはおもちゃのまな板とお鍋を載せるのに、ちょうどいい大きさでした。

 

小ぶりでも深さがあるから、収納力ばっちり

DF2_0209▲フタのまな板と鍋を置く位置に、マスキングテープで目印をつけてみました

おままごとに使う鍋やフライパン、まな板に包丁、それに食材が数種類と器まで、必要なアイテムがすべて収まる収納力。

コンパクトなわりに深さがあるため、高さのあるヤカンや鍋もすっぽり入ります。

デザインもかわいいので、リビングに置いても生活感が出ないのがうれしいポイント。むしろインテリアをおしゃれにしてくれている気がしています。

 

好きな場所に持ち運べる、フレキシブルさ

DF2_0200

手軽に持ち運べるサイズなので、リビングだけでなく、どこにでもすぐに移動できるのも魅力のひとつ。

洗濯物を干すときなどは、ベランダのある窓辺に置くと、娘がひとりで遊んでくれるように(以前はベランダに出たがるのを叱って、泣かれるなんてことも)

夕食の支度をするときは、ダイニングテーブルのそばに置いて、一緒に料理をしているような気分を楽んでいます。

DF2_0115_1

いずれ成長とともに、遊ばなくなる日もくるでしょう。そのときこそは、キッチンで使おうと思っています。

今はこのミニキッチンのおかげで、娘も私もあまりストレスを感じずに過ごせる毎日。

男の子だったら黒を買って、料理男子にするのもいいですね〜(笑)

アイデア次第でまだまだ伸びしろがありそうなブレッドボックス。この先もずっと長く、楽しみながら愛用できそうな気がしています。

 

本日ご紹介した愛用品

RIGTIG/ブレッドボックス(白)


本日の編集部recommends!

当店でもいよいよ発売スタート!
開店10周年を記念して、店長の初の書籍ができました。

10周年イベント|ご応募はこちらから
【10/21(土)&22(日)】当店初!お客さまとの交流イベントを開催します!

BRAND NOTE
大切なのは「火力」だった?家族のおいしい顔のために、できること。


COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像