【残暑とスパイス】第4話:あまり手をかけすぎないくらいが、ちょうどいい

編集スタッフ 寿山

料理家の冷水希三子(ひやみず きみこ)さんに、残暑を乗り切るコンディション術やレシピを教わる、全4話の特集「残暑とスパイス」。

第3話では、冷水さんが夏によく使うと話す、ミントのハーブドリンクのレシピをご紹介しました。

つづく最終話では、料理にまつわるインタビューをお届けします。

 

調理するほど、体への負担は増える⁉︎

冷水さん:
「もちろん手をかけるべき料理もあります。でも毎日食べるのは、もっと手軽なものでいいかなと思っていて。

調理するほど使う油や調味料の量が増えるので、自然と体への負担も増えるもの。

素材の味を引き出せば、あまり調味料を使わなくても、シンプルでおいしい料理を作れる気がしています」

採れたての新鮮な野菜だと、調味料がいらないと思うこともあるそう。

スープを作るときも、ブイヨンや出汁はほとんど使わない冷水さん。

冷水さん:
「最初にひとつまみの塩をふって素材を蒸らし炒めると、食材の味を引き出すことができます。

それから水を加えても、味がぼやけない。

旬の食材から出る旨みや甘みがあれば、十分においしいスープが出来ますよ」

 

シンプルだからこそ、油は大切に。

シンプルな料理だからこそ、冷水さんは油を選んで使うようにしているそう。

冷水さん:
「油はなるべく加工されていない、搾りたてのものを使うようにしています。

おもにエキストラバージンオイルや太白胡麻油など。加熱しても、酸化しにくいものを選んで使っています。

油って避けられがちですが、質がいいものであれば、そこまで気にする必要はないかもしれません」

CASA MORIMIのエキストラバージンオイル「ZAHARA」や、九鬼産業の「太白純正胡麻油」などを愛用していると教えてくれました。

とてもおおらかなのに、しっかりと自分を持っていらっしゃる冷水さん。

料理も暮らしも、シンプルな軸を1つ知っていれば、おいしく、心地よくなるのかもしれません。

素材を生かしたスパイシーなスープやハーブティーを、さっそく実践してみようと思います。

(おわり)

【写真】加藤新作


もくじ

 

 

profile_futura_lineblack

冷水希三子(料理家/フードコーディネーター)

季節の素材を生かした料理を心がけ、雑誌や広告などで幅広く活躍している。
http://kimiko-hiyamizu.com/

▽冷水希三子さんの本はこちらから!


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像