【北欧インテリア特集】第3話:IKEAの家具も!北欧スタイルでつくる、子ども部屋

ライター 大迫美樹

ストックホルムの人々の暮らしぶりやインテリアをご紹介する、北欧インテリア特集『Fikaにお邪魔しました』vol.2を、全4話でお届けしています。

今回は、1960年代に建てられたストックホルム郊外のアパートに暮らす、アンドレアさんとエディさん夫妻を訪ねました。

第3話では、思わずワクワクしてしまう、子ども部屋をご紹介します。私たちにも身近な、IKEAのアイテムも活用してつくられたインテリアです。

 

今回お邪魔した、ストックホルムのお宅

・ストックホルム郊外に建つアパート
・1960年代築らしいシンプルなつくり
・74平米、2LDK
・映像ディレクターのエディさん(夫、30歳)と、グラフィックデザイナーのアンドレアさん(妻、30歳)、そして2歳になる息子のダンくんの3人で暮らす

 

IKEAのアイテムが活躍する、子ども部屋

シンプルで洗練されたリビングとは印象が変わり、2歳になる息子のダンくんの部屋はカラフルで元気いっぱい。窓から入るたくさんの光のおかげもあって、空間全体が明るい印象です。

部屋の両脇に置かれたベッドは、どちらもIKEAだそう。

アンドレアさん:
「白いベッドは息子が夜眠るときに、左側のベッドはお昼寝で使ったり、この上で遊んだりと、デイベッドのように使用しています」

ちなみに、白いベッドのほうは、アンドレアさんが子どもの頃に使っていたお下がりで、約30年前のもの(!)だそう。「好きなものを長く使う」という、ふたりらしいインテリアです。

▲IKEAのおもちゃのキッチン。ダンくんの2歳の誕生日プレゼントに、エディさんのお父さんから贈られたそう。

そのほか、おままごと用のおもちゃのキッチンも、窓辺に置かれたガラスのランプもIKEA。

アンドレアさん:
「子ども部屋の家具は、どうしても子どもの成長と一緒に変化していきます。だからこそ、手軽に取り入れられて、デザインもかわいいものが揃っているIKEAのものが、大活躍です」

 

おもちゃの収納は「カゴにざっくり」と「見せて飾る」をバランスよく

▲おもちゃが収納されているカゴは、色とりどりな雑貨やテキスタイルで人気のアフロアート(Afroart)のもの。

見た目もかわいい子どものおもちゃは、気がつくとどんどん増えてしまうもの。収納方法にも、頭を悩ませます。

アンドレアさんのお宅では、2歳の子どもでも出し入れが簡単にできるように、カゴにひとまとめにしていました。

それ以外の遊ぶ頻度が少ないおもちゃは、玄関に面したウォークインの収納部屋にしまっているそう。

よく遊んでいるもの、そうでないものを見分けて、必要なものだけを部屋に置く。そんな工夫で、すっきりとした空間をキープしているようです。

▲夫婦が好きなアルヴァ・アアルト(Alva Aalto)のベンチが子供部屋に。飾り棚のように使っています。

こちらの愛嬌のある表情のフルーツのおもちゃは、フライングタイガー・コペンハーゲンと日本人のアーティスト河井美咲のコラボのものだとか。

アンドレアさん:
「絵になるような人形やおもちゃは、見えるところに飾ってオブジェ感覚で楽しんでいます」

エディさん:
「おもちゃは、末長く遊べるものや、子どもの力を広げて伸ばすようなものを、できるだけ選んでいます。そして安全性も重要です。とはいっても、大切なことはダンが楽しんでくれること。だから楽しそうに遊んでいるものであれば、基本はOKとしています」

▲動物のオブジェは、エディさんが子どもの頃に遊んでいたもの。親から子へと、世代を超えて愛され、楽しめるおもちゃだなんて素敵!

 

子ども部屋にも、アートは置きたい

マスキングテープで壁に貼られたお絵かきは、ダンくんのもの。

「こうやってリズミカルに貼ると、ちょっとしたアートみたいでしょ?」とアンドレアさん。

もう一つ、存在感たっぷりの窓際に飾られた女性の絵は、スウェーデンを代表する有名な画家マリー=ルイース・エークマン(Marie-Louise Ekman)の作品です。

この絵に使われている「赤」を、部屋のインテリアや小物に取り入れたことで、アートがグッとインテリアに溶け込み、統一感を生みだしています。

▲真っ赤な子ども用の椅子は蚤の市で見つけたもの。

子ども部屋にも、インテリア好きの二人らしい工夫がたくさんありました。

たとえば、アアルトの家具や本物のアートを置いたり、専用のおもちゃボックスは使わず、あえてカゴを使ったり。その一方で、IKEAもたくさん活用したり。

子ども部屋だからと、すべてを子ども用のもので揃える必要はない。そんなアンドレアさんとエディさんらしい、自由な発想のインテリア術にワクワクしました。

次回の最終話では、キッチン&ダイニング、そして家族で過ごすFikaの時間についてお届けします。

(つづく)

【Photo】Markus Karlsson Frost

 


もくじ

 

Andrea Andersson / Eddie Åhgren

アンドレア・アンデション / エディ・オーグレン。2歳の息子Danくんと、ストックホルムの郊外のアパートで暮らす。アンドレアさんはグラフィックデザイナー、エディさんは映像系のプロダクションでディレクターとして勤務。アアルトと、日本のデザインやファッションが好き。

ライター 大迫美樹

コーディネーター、ライター、通訳者など。大学卒業後、アパレル会社や広告制作会社勤務を経て、2007年にスウェーデンのストックホルムへ移住。現在はフリーランスで、雑誌や広告、TV、日本企業の仕事を中心にコーディネート全般、執筆を手がける。インスタグラムアカウントは @mikikosmic

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】しあわせな朝食ダイヤリー
午後へのパワーチャージ。1日2食に見直した『いたわりブランチ』(イラストレーター・柿崎こうこさん)

INTERIORカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像