【僕のおやつ日記】愛してやまない「さつまいも」。

OYATSUYA SUN 梅澤


おやつは、なくても困らないけど、あったら嬉しいもの。

そういうおやつのような、「なくても困らない、必需品ではないもの」こそが、人生を楽しくしてくれるのではないかと思っています。

この連載では、そんな僕にとってのおやつの話を書き綴っていきます。


▲オーブンでじっくり焼いたさつまいもがたっぷり入った「焼き芋のホットビスケット」。秋冬の人気メニューです。

こんにちは、OYATSUYA SUNの梅澤です。

子供の時から大人になった今でも、熱狂的に大好きなおやつがあります。

それは“さつまいも”。

小さい頃から、蒸したり焼いたりしたものをそのまま食べるのが大好きでした。

▲以前お店でつくっていた「さつまいもと黒ごまのマフィン」。

思えば、さつまいもって不思議な存在ですよね。

じゃがいもと違って甘いので、ご飯のおかずにするには用途が限られるし、果物のように軽く食べられないのでデザートとは言いにくいし。

なので、僕にとっては「おやつ」と呼ぶのがしっくりきます。

小さい頃は「焼き芋やふかし芋」しか知りませんでしたが、大きくなるにつれて、「大学芋やスイートポテト」といった禁断の食べ物を知っていきます。

さらには、「芋ようかんや干し芋」、長崎の郷土料理の「かんころ餅」や、熊本の「いきなり団子」など、知れば知るほどさつまいもが好きになっていきました。

ポテトチップスなどのスナック菓子も好きでしたが、成長期をさつまいもに支えてもらった部分が多々あると自負しています。

大人になった今では適度な距離感でさつまいもと接することができるようになりましたが、毎年このくらいの時期になるとついお店で手が伸びてしまいます。

さつまいもで料理をすると僕があまりにも喜ぶので、先日は、妻がホーロー鍋で「さつまいもごはん」を炊いてくれました。

ただでさえご飯が好きなのに、そこへ大好きなさつまいもが入っているなんて……!しかも鍋で炊いたからか、お米もお芋もふっくらとしていてとてもおいしいんですよ!

ちなみに、作り方はとても簡単だそう。

水にさらした角切りのさつまいもと、お米、水、お酒大さじ1(水をその分大さじ1減らす)、塩適量を鍋に入れて、蓋をして火にかけるだけ。

沸騰したら弱火にして12〜13分。

ふっくら炊き上げるポイントは、火を切った後も蓋をしたまましばらく蒸らすことだそうです。

鶏肉と合わせた黒酢炒めや味噌汁の具、カレーや天ぷらなど、料理の素材としても色々な楽しみ方ができるさつまいも。

高級でキラキラとしたものではありませんが、僕にとっては暮らしをウキウキさせてくれる存在です。

OYATSUYA SUNでも、今週はバレンタインのための特別なケーキを販売します。

僕らのケーキが、皆様にちょっとした“ ウキウキ ”をご提供できたら嬉しいです。

▼年に一度のお楽しみ!チョコレートとオレンジピールの特別なケーキが販売開始です!

▼OYATSUYA SUNの公式インスタグラムでは、コラムには書かなかった裏話や工房の様子などを毎日更新しています。こちらもぜひご覧ください!
160809oyatsuyasun_instagram_banner


感想を送る

本日の編集部recommends!

すこやかなひと
運動が苦手でも、軽やかにつづく。心地よく動ける素肌のようなアイテムに出合って[SPONSORED]

【4/22(月) AM10:00まで】春のトップスタイムセール!
春の羽織としても使えるボレロブラウスや、重ね着を楽しめるニットベストなど、今すぐ使える人気アイテムが対象です!

【4/26(金) AM10:00まで】真っ白なブラウス『hope』ご購入で送料無料キャンペーン!
hope開発秘話をお届けする、インターネットラジオ「チャポンと行こう!」【番外編】も公開中です!

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像