【週末は世界旅行!】第2回:「唐辛子」を食べると幸せになる?ブータンの辛〜い味を体当たり体験!

編集スタッフ 奥村 編集スタッフ 奥村

人生であと何度行けるかわからない海外旅行。でも「食文化」だけなら、東京でだって楽しめるはず!

この連載では気になるあの国の料理を食べに、わたし奥村がスタッフを巻き込んでプチ世界旅行へくり出します♪

 

世界一幸せな国は、大の「唐辛子」好き?

今回旅するのは、 “幸せ” のイメージが強い国、ブータン。なんでも国民の感じる幸福度が世界一高いと言われているそうなんです。

けれど食文化を調べると、ほとんどの料理に「唐辛子」が入っているという衝撃の事実が。

辛〜い料理と「幸せ」に、一体どんなつながりが? いざ確かめに出かけました!

 

東京の「ブータン」に上陸です!

というわけで、東京・代々木上原にあるブータン料理専門店「ガテモタブン」にやってきました!

ブータンへの興味がありつつも、辛いものが苦手なわたし奥村。そこで今回旅のパートナーに選んだのは、辛さに強いとウワサのエンジニアチーム・濱崎。

いつも笑顔でほっこり癒し系のスタッフ濱崎と一緒なら、唐辛子の辛さもマイルドになるかも? そんな無茶な期待から(笑)一緒に旅へくり出しました!

▲辛さには強いけど、マイルドな笑顔の持ち主です♪

 

ブータンでは、唐辛子は「野菜」らしい⁉︎

▲ブータン産の唐辛子は、手のひら大のビッグサイズ!

お店のメニューはブータン定番の家庭料理で、その多くが唐辛子入り!

「日本と違ってブータンでは、唐辛子は香辛料じゃなく『野菜』なんです」と話すのは、店長の村上さん。

厨房をのぞくと、ああ、唐辛子がどんどん入ってる……辛いものの苦手なわたし、次第に顔が曇ります。

「野菜です」と言われても……唐辛子は唐辛子。今回の旅、無事に乗り切れるのでしょうか? 不安が募ります。

 

濱崎の「あんまり辛くないよ」に騙されて……

はじめに来たのは、唐辛子と山椒入りのスパイシーなサラダ「ホゲ」と、「モモ」という蒸し餃子。モモには唐辛子ペーストがたっぷり添えられています。

まずは辛いものが得意なスタッフ濱崎がひと口。

「おいしい! あ、後から辛さが来ますね。でも思ったよりマイルドで食べやすい」とまだまだ余裕のご様子。

続いてわたしも。モモに唐辛子ペーストをのせるとき、スタッフ濱崎に「もっと乗せても大丈夫だよ、あんまり辛くないから」と言われて……その言葉を信じ、たっぷり乗せてパクリ。

中のお肉がとってもジューシー!おいしー!と喜んだのもつかの間。すぐさま辛みに襲われ、悶絶しました。

「濱崎さん、やっぱり辛いじゃないですか(泣)」顔をあげると、なぜか笑顔のスタッフ濱崎。

▲苦しむわたしを前に笑顔。もしやブラック濱崎なのでしょうか…??

そんな濱崎をちょっぴり恨みつつ……モモのおいしさには大満足。汗がじわじわ吹き出しながらも、辛さが食欲を刺激するのか、不思議と箸が止まりませんでした〜。

 

ついにラスボス、「丸ごと唐辛子」登場!

続いて、唐辛子が丸ごと入ったメイン料理がやってきました!

チーズと塩で赤・青2色の唐辛子を煮込んだ「エマダツィ」と、干した豚肉と唐辛子の煮込み「パクシャパ」。

「エマダツィ」は日本でいうお味噌汁のような料理で、1日3食これを食べる人もいるとか。

ちなみに、青唐辛子の方が辛いと言われているそうです。どっちが先に青唐辛子を食べる!?

勇気がでないわたしたちは、正々堂々ジャンケンで決めることにしました。ジャンケンポイッ

ジャンケンに勝って、大人気なく喜ぶわたし奥村。

この日一番辛そうな顔を見せた濱崎! 先ほどの借りを返しました(笑)

スタッフ濱崎:
「たしかに辛いんですが、おいしい! これは初めて食べる味です」

いったいどんな味が……? 辛さへの不安より食欲に負け、わたしも「食べるしかない!」と自分に喝。

▲もはや自分との戦い。気合いを入れてバンダナを外しました

「これは野菜だ、味噌汁だ!」と言い聞かせ、思い切ってパクリ。

真っ先に感じたのは、うま味! 材料はチーズとトウガラシだけなのに、コクがあります。

しかしその後にやってきた辛さ……カーッと燃え上がるというよりは、静かに怒られているような痛みです。

「み、みずをください……!」と、ひたすら給水を求めつづけるわたし。

こうしてブータン料理を堪能したわたしたち。辛さに苦しむ場面もあったけれど、何より驚いたのは唐辛子がうま味たっぷりなこと!

だしが入っていないのに、料理にはコクがちゃんとあって。はじめて知った唐辛子の「おいしさ」、これはハマってしまいそうです。

 

「辛い」は、「幸せ」?

最後に気になっていた「辛さ」と「幸せ」の関係について、店主村上さんに聞いてみると?

村上さん:
「ブータンの人々は、なんでも『楽しむ』ことが上手。仕事もするけどオフの日はめいっぱい遊ぶし、ごはんもお酒もガマンせず、たくさん食べるんです。

特に、お米をモリモリ食べる習慣があって。ごはんに合う塩辛いおかずを追求するうち、唐辛子の料理に発展したとも言われていますよ」

▲辛さの後押しで、わたしたちもごはんが進む進む…

確かに、ごはんとおかずをモリモリ食べるときのあの気持ち。「幸せ」以外のなにものでもありません!

ふたりとも止まらない箸を動かしながら、ブータンの辛さと「幸せ」の理由がちょっとわかった気がしたのでした。

▲締めにふさわしい、この笑顔!本当にごちそうさまでした♪

(つづく)

ガテモタブン
住所:東京都渋谷区上原1-22-5
TEL:03-3466-9590
定休日:月曜(不定休あり)
営業時間:火〜土 12:00〜14:30/18:00〜23:00、日祝 12:00〜14:30/18:00〜22:00


もくじ

第1話(4月6日)
手で食べた方がカレーはおいしい?東京の「南インド」で実食しました!

第2話(4月13日)
「唐辛子」を食べると幸せになる?ブータンの辛〜い味を体当たり体験!

第3話(4月20日)
「世界三大料理」のひとつ、トルコ料理ってどんな味?

第4話(4月27日)
「みんなファミリー!」陽気なアフリカの食卓に仲間入り♪


本日の編集部recommends!

【特別企画】プレゼントキャンペーンのお知らせ
私たちからのクリスマス♪ LAPUAN KANKURITブランケット&ショールご注文で「EN TEAティーバッグ」をプレゼント!

最新の再入荷
たっぷり入って2WAYが嬉しい!yesのショルダーバッグや、置くだけでサマになるEncachetteのバスケットが再入荷♪

新作公開中!
『青葉家のテーブル』第3話、本日からはじまりました!

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像