【僕のおやつ日記】知らない世界の物語に触れる。映画ってもしかして “おやつ” ?

OYATSUYA SUN 梅澤 OYATSUYA SUN 梅澤

こんにちは、OYATSUYA SUNの梅澤です。

映画が好きで、よく観ています。

派手なアクションものも、地味な日常系も、サスペンスもコメディもジャンルは気にせずその時気になったものを。

映画館で観るのも迫力があって好きですし、家では夕飯を食べ終わった後のリラックスタイムに観ることが多いです。

一体、映画のどこがそんなに好きなのでしょうか。

色々ありますが、ひとつ思い当たるのは、物語に触れるのが好きだということ。

砂漠の中を戦いながらフルスロットルで走り続けるような非日常を味わえるものから、ああ、こういうことあるなあ、という日常の延長のような話まで。

作品ごとに様々な物語がありますが、映画を通していろいろな物語を見るのが好きなのだと思います。

最近、映画館で観て面白かったのは『君の名前で僕を呼んで』という北イタリアの避暑地が舞台の話題作。

音楽と情景と、主人公二人の心の動きがシンクロしていて、刹那的でとても美しい映画でした。

観たのは2週間くらい前なのですが、まだなんとなく余韻を引きずっています。それくらい引き込まれた映画でした。

考えてみれば、映画に限らず物語ってとても身近なものです。

映画、本、CM、漫画や音楽……。最近気付いたのですが、SNSも他人のちょっとしたドキュメンタリーですよね。

インスタグラムがこんなに人気なのも、一枚の写真や動画から、その人の暮らしや物語が垣間見えるからなのかも、なんて思ったり。

わかりやすいもの以外にも、例えばスポーツなんかは筋書きのないドラマという言い方をされますし、買い物ひとつとっても、その商品がどうやって作られたのか、という物語があるはずです。

もちろん、僕たちの作っているおやつにも、ひとつひとつにいろいろな物語が詰まっています(大体が失敗のエピソードですが笑)。

映画(物語)に触れている時間というのは、やらなくてはいけないことではない “楽しみ” の部分に当たること。

そういう意味で、僕にとって映画は、暮らしにおけるおやつのような存在なんだと思います。

さて、これから雨が多くなる季節。

家にこもって映画を見る機会が増えそうです。

▼はちみつフルーツと2種同時発売です!映画のお供にもぜひどうぞ!

▼OYATSUYA SUNの公式インスタグラムでは、コラムには書かなかった裏話や工房の様子などを毎日更新しています。こちらもぜひご覧ください!
160809oyatsuyasun_instagram_banner

 

 

 

 


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
第2話:消臭・抗菌しながら香りも楽しめる! 梅雨の家事に一石二鳥のハーブ活用術

最新の再入荷情報
デンマーク生まれ、誰かに自慢したくなる傘や果物シロップづくりに欠かせない密閉ビンなど♪

好評配信中!
西田尚美さん主演、当店オリジナルの「短編ドラマ」をつくりました。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像