【スタッフの愛用品】アナログ作業が愛おしい。苦手な家事が「趣味」に変わった、D.B.K.のアイロン

編集スタッフ 塩川

アイロンがけが苦手なんです……

私的・苦手家事ランキングの上位に君臨するアイロン。

上手にシワが伸びない・そもそも面倒くさい・やらなくても生きていける。などなど、理由をつけては優先度が下がりがちな家事の一つでした。

白シャツがシワシワでも、「これは味」と自分に言い聞かせ、アイロンが面倒だからと、タンスの肥やしになってしまった服もあります。

重い腰をあげて取りかかっても、夫が買った我が家のアイロンは、コードレス式。取り回しやすくはあるのですが、途中でパワーダウンしてしまうのも悩みのタネでした。

苦手な家事だからこそ、思い切って道具を変えたら、アイロンがけが少し好きになれるかもしれない。

そんな淡い期待を抱きながら、社内スタッフにも愛用者が多く「本当におすすめ!」と評価も高い、D.B.K.のアイロンをついに迎え入れることにしました。

 

噂通りの実力派。見た目も、機能も大満足!

結論からお伝えすると、「買ってよかった!」の一言に尽きます。かっこいい見た目に加え、アナログな動作も、いい意味で私のやる気を後押ししてくれました。

そしてなにより、ピンとシワが伸びる。アイロン上手になれたような気分を味わえます。

ここからは実際の使用感や手順を、写真とともにお伝えしていきますね。

 

いざ、開封の儀!

D.B.K.社のアイロンは、ドイツの電熱製品メーカーとして、約半世紀の実績があります。なのでパッケージは、古き良き、ザ・海外! なデザイン。

中にはアイロン本体と給水カップ、取扱説明書兼保証書が入っています。

 

まずは給水カップで、水を注ぐ

スチーム・アイロンとして使う場合は、付属の給水カップを使い、本体に水を注いでいきます。

アイロンを立て、温度調節レバーをOFFに。オレンジ色のスチーム・ボタンが押し下がっているのを確認したら水を注ぎます。

ちなみに、給排水口はむき出しの状態です。「ここに蓋はないのかな。アイロン中、水はこぼれないのかしら?」と一番最初は少し心配になりました。

けれど給水カップの「ここまで」の量を守れば大丈夫。本体には水位がわかる小窓もあります。

 

布地に合わせて、レバーをセット

D.B.K.のアイロンの一番の萌えポイントと言えば、レトロなダイアルレバーと、素材ガイドのデザインではないでしょうか。

オレンジ色のスチーム・ボタンを押し上げ、電源をコンセントに差したら、ガイドを参考にして、布地に合った温度を選びます。

今回はコットンの白シャツにアイロンがけをかけるので「6番」にレバーをセットしました。

▲このシンプルさと配色に萌えます〜。

 

約2分間温めて、アイロンがけスタート!

スチームが吹き出すと、クリーニング屋さんのような匂いが漂います。

アイロンは1.5kgとしっかりと重量感がありながら、底の鉄板にはフッ素加工が施してあるので動きはなめらか。

そして、コード付きだからパワーダウンせずに、スチームを当てられます。取り回しやすいようコードにも工夫があり、煩わしさはありません。

シャツなら約5分もかからずに、スピーディにシワを伸ばすことができました。いままではもっと時間がかかっていただけに、この時短は嬉しい限りです〜!

▲写真左側、袖部分のアイロンが完了。ピンッとシワが伸びました。

▲頼もしい鉄板面。スチームも各穴からしっかり出ます。

 

苦手な家事が「趣味」に変わりました

コーヒーをハンドドリップで淹れるように、すこし手間のかかるアナログな作業ですが、この儀式のような流れがあるからこそ、家事というよりは趣味に近い感じで、アイロンがけを「楽しい!」と思えるようになりました。

動きがスイスイ進むから、ついでにあれもこれもと、まとめてアイロンがけをしても苦になりません。

見た目も機能も文句なし。ストレスフリーなお気に入りの道具が、我が家に仲間入りしました。

わたしと同じく、アイロンがけに苦手意識を持っているかたにこそ、是非おすすめしたいアイテムです!

 

今回ご紹介したアイテム

D.B.K.社/スチーム&ドライ・アイロン

 

▼動画でもご紹介しています

 

View this post on Instagram

 

北欧、暮らしの道具店さん(@hokuoh_kurashi)がシェアした投稿


▼スタッフの愛用品、一覧はこちらから


感想を送る

本日の編集部recommends!

限定ウニッコネイビーが登場!定番アイテムも同時入荷しました
今回のカラーは、シックで大人っぽい雰囲気のネイビー。定番アイテムたちも仲間入りし、新商品が盛りだくさんです!

新作のファッションアイテムが続々!
これからの季節はもちろん、1年中頼れるブラウスやスカートなど新入荷アイテムが人気です。

気分も食卓も華やぐ、北欧の器
一枚だけでも特別な景色に。新生活に向けて、憧れの器を迎えてみませんか?

【動画】週末ルーティン
お気に入りのものに囲まれた好きな景色をつくっておく。店長佐藤、週末のお楽しみ

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像