【僕のおやつ日記】ただいま写真勉強中!

OYATSUYA SUN 梅澤 OYATSUYA SUN 梅澤

こんにちは、OYATSUYA SUNの梅澤です。

最近、写真をもう少しうまく撮れるようになりたいと思って勉強しています。

とは言っても、作品を撮りたいとか個展をやりたいとかではなく、お菓子のおいしさをもっと伝えられたら、と思ってのこと。

世の中にはおいしい食べ物屋さんがたくさんあって、その中で自分たちが作ったものを選んで食べてもらうには、まず知ってもらって、それから「おいしそう!食べてみたい!」と思ってもらわなくちゃいけません。

そのために、写真がとても重要なツールになるので、伝えるためにもっと勉強した方が良いな、と。

ただ、上手に写真を撮れば伝わるかというと、必ずしもそうでもないのが難しいところです。

雑誌に載っているようなきっちり綺麗な写真よりも、友達がスマホで撮ったちょっと斜めになってるような写真の方が何倍も料理がおいしそうに見えるなんてことも。

自分が「うまく撮れた!」と実感していても、それを見た人が「おいしそう」と思うかどうかは、全然別の話なんですよね。

先日、写真をずっと撮っている友人にどうやったら上手になるか相談してみました。

色々アドバイスをくれた中の一つに、思いもよらないものが。

それは「撮った写真を人に見てもらってセレクトしてもらう」というもの。

曰く、自分と他人が受け取る印象はそれぞれ違いがあるので、自分以外の視点で見てもらうことで発見があって面白いのだそうです。

確かに、スタイリングから撮影、編集と全て一人で完結してしまうので合間に意見をもらうこともないですし、仕上がった写真について改めて感想を聞くこともありません。

「うまく撮れた」「これはイマイチだった」、というのはあくまで自分一人の感覚。

出来上がった写真を人に見てもらうところまで含めて、写真を撮る、ということなんだと思います。

きっとこれって写真に限らず、仕事や日々生活する上でも大事な視点なのではと思います。

資料一つ作るにしても見る人がわかりやすいように、とか、家の中でも使ったものは元あった場所に片付けて次の人が使いやすいようにする、とか(本当に基本的なことすぎて恥ずかしいですが……)。

そういえば、僕たちがお菓子を作るときも、食べる人のことを思い浮かべて喜んでもらえるかな、と想像しながら作っています。

もしかしたら、少しだけ独りよがりになっていたかも、と写真を通して自分を省みた出来事でした。

小さな積み重ねを継続して、日々パワーアップしていきたいです。

▼4種のフルーツとはちみつのグラノーラも同時販売中です!

▼OYATSUYA SUNの公式インスタグラムでは、コラムには書かなかった裏話や工房の様子などを毎日更新しています。こちらもぜひご覧ください!
160809oyatsuyasun_instagram_banner


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
冬じたく、はじめました。美味しいコーヒーと過ごす、ある一日のこと。

本日の再入荷
人気のキャンドルウォーマーが再入荷♪ 火を使わないから安心して楽しめます。

【動画】うんともすんとも日和|009
「分かったつもり」は、もったいない。60代の今も雑貨店を続けてこられた理由

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像