【僕のおやつ日記】お疲れ気味の毎日にちょっと特別なおやつを。リッチなコーヒーゼリーの作り方。

OYATSUYA SUN 梅澤

こんなに夏を待ち遠しく思うことは、今までなかなかなかったと思います。

こんにちは、OYATSUYA SUNの梅澤です。

スッキリ晴れないじめじめした日が続いていますね。

ここまで梅雨が続いているとどこか気分までモヤモヤと塞ぎがちに。

そんなモヤモヤを吹き飛ばすために、とびきりのコーヒーゼリーの作り方をご紹介します。

[材料(二人分)]

・お湯 … 320ml
・コーヒー豆 … 30g
・三温糖 … 30g
・板ゼラチン … 2〜3枚
・生クリーム(泡だてない) …適量
・アイスクリーム …お好みで

一人分ずつ作る場合は、耐熱のグラスを2つ。まとめて作る場合はバットやタッパーなどをご用意ください。

[作り方]

①濃いめのコーヒーを、コーヒーサーバーに抽出します。
目安の豆の量は、普段飲んでいるコーヒーの1.8〜2倍程度です。

②コーヒーが熱いうちに砂糖とゼラチンを溶かします。
この時、溶け残らないよう、慌てず、ゆっくりしっかり混ぜます。

※ゼラチンは溶けにくいので、板ゼラチンの場合は最初にぬるま湯でふやかしておきます。粉の場合は、少量ずつコーヒーを入れて溶けきるように注意深く混ぜてください。

③ゼラチンと砂糖が溶けきった②を、耐熱グラスやタッパーに移してラップをして冷蔵庫で3時間以上冷やします。

④固まったのを確認したら、生クリームを表面に浮かべ、アイスを上にのせたら完成です。

ゼリー自体の甘さは砂糖の量でお好みによって調整してみてください。

ポイントはトッピング。生クリームに加え、アイスをのせることで特別感が倍増します。

生クリームだけでも、アイスだけでも、なんなら牛乳だけかけてもおいしいですが、この「生クリーム+アイス」のリッチさは格別。

さらに、この上にグラノーラをかけるのも◎。

コーヒーゼリー + 生クリーム + アイス + グラノーラ。

やりすぎ……?いえいえ、いいんですよ、少しくらい贅沢したって。いつも頑張ってるじゃないですか。たまにはおやつを豪華にして自分を労いましょう。

コーヒー豆は、アイスコーヒー用の深煎りのものでなくてもおいしく仕上がります。

今回のレシピも、いつもお店で使っている、中炒り程度の焙煎の苦味が非常に少ないタイプを使用しました。家にある、飲み慣れたもので大丈夫です。

インスタントコーヒーでつくる場合は、濃度を少し濃いめにすればOK。

お砂糖は、三温糖と書きましたが、こちらもお好みで。黒糖でつくるとコッテリ気味に。グラニュー糖で作るともっとスッキリとシンプルなコーヒーの風味が味わえますよ。

モヤモヤ気分を吹き飛ばす、いつもより少し特別なおやつ。ぜひ作ってみてくださいね!

▼いつもの暮らしにほんの少しの “特別” を!グラノーラも同時販売中です!

▼OYATSUYA SUNの公式インスタグラムでは、コラムには書かなかった裏話や工房の様子などを毎日更新しています。こちらもぜひご覧ください!
160809oyatsuyasun_instagram_banner


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像