【お家ごはんのまんなかに】使いやすくて、見た目も好き。家族みんなが愛着を持てる「キッチン家電」があったなら

編集スタッフ 糸井 編集スタッフ 糸井

基本機能はもちろんのこと、家族それぞれがよろこぶ「ちょっとした機能」もあって、見た目も「好き!」と思える。そんな、欲張りともいえるキッチン家電があったなら。

そう思っているときに見つけたのが、「象印」が手がけるSTAN.(スタン)シリーズでした。

象印のモットーは「日常生活発想」。暮らしのなかで生まれる「こんな機能があったらいいな」に寄り添いながら、家族みんなが安心して使えることを目指しています。

それに加えて、「キッチンや食卓で、ずっと眺めていたくなるデザイン」であることも追求したのが、今回ご紹介する「STAN.」。IH炊飯ジャー、電気ポット、コーヒーメーカー、ホットプレートの4アイテムが展開中です。

▲「うつわのような佇まい」が特徴の、ホットプレートとIH炊飯ジャー(いずれもオープン価格)。

このSTAN.を、レシピサイト「for LIFE KITCHEN(フォーライフキッチン)」を運営する引田あずみさんに使ってもらうことにしました。

夫・大さん、4歳の娘・つむぎちゃんの3人暮らしの引田家。「家族や自分のために、おうちでおいしいごはんを食べる」を大切しているあずみさんですが、平日は、帰りの遅くなる夫を待ちながらの、仕事・家事・子育てで多忙な様子。

「わが家の食事には欠かせない!」と、あずみさんが選んだのは、IH炊飯ジャーとホットプレート。STAN.のキッチン家電は、引田家にどんな気持ちの変化をくれたのでしょう。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 


家族のまんなかに欲しい!
気の利いた「ホットプレート」


▲夫・大さんと、娘・つむぎちゃん。

おもてなしが好きな引田家には、元々ホットプレートがあったそう。でもこれまでは、家族3人だけで使うことはなかったといいます。

あずみさん:
「前のものはSTAN.の1.5倍くらいのサイズで、いろんなプレートが付いているタイプ。多機能さは、おもてなしの際に魅力的だったけれど、日常使いには、もう少し小さく、シンプルなものでいいかも?と思っていました。

STAN.は、ワンプレートだけど、レシピのレパートリーも豊富みたいですね。家族で使うにも、ちょうどよいサイズ感!

見た目も、テーブルやお気に入りのうつわとよくなじむから、食卓のまんなかに置きたくなるねと話しています」

重すぎないので、シンク上の戸棚に収納。取り出しやすいところだから、登場頻度も上がってきそうです。

大さん:
「特別なことではなのかもしれませんが、2.5mもの長いコードが用意されているのは有難いですね。わが家の大きなダイニングテーブルのまんなかにも、すんなり届きました。

コードの長さって、cm単位で製作コストが変わると聞いたことがあります。それでも当たり前のように、十分な長さを用意してくれている。模様替えや引っ越しで、コンセント事情が変わっても、『届かない……!』というストレスなく使い続けられそうだなと

 

深型だから、家族のごはんにちょうどいい

▲深さ4cmのプレートは、焼き以外にも、煮ることも。すき焼きや煮込みハンバーグ、蒸し料理にもおすすめとのこと。

あずみさん:
「醤油ベースの焼きそばは、わが家の定番メニュー。イカ、オクラ、ししとうに、麺は3人前で。具沢山だけれど、プレートが深いから、こぼれ落ちることもないです。

こう屋台みたいに持ち上げたりしても、家族のテンションが上がってきそう。みんなが楽しい雰囲気になるのが、ホットプレートの醍醐味!」

 

「本体ガード」で、一緒につくるのも安心

▲象印のロゴは、象さんのマークだけをあしらい、シンプルに愛らしく。

家族で囲んでつくる、ホットプレートでのパンケーキづくり。まあるい生地を流し込み、ふつふつしてきたらひっくり返す。その作業は、きっと小さなお子さんの心をくすぐるもの。

「つむぎは、生地をおたまでまるく流し込むのと、ひっくり返すのどっちがいい?」と聞かれ選んだのは、「おたま」の方。つむぎちゃんにとって、この日がパンケーキづくりのデビューのようです。

そんなときに安心なのが、プレートのふちに直接手が触れにくいようつけられている「本体ガード」。プレート面よりも高く設計されているので、熱いプレートに手が触れにくい構造になっています。

▲丈夫で長持ちな、トリプルチタンセラミックコートの表面。耐久性に優れ、金属ヘラもOK。

あずみさん:
「ホットプレートって、使った後のお手入れが億劫なところがありました。でもこのプレート、焦げ付きがほとんどないんですよ。

あと、シンクにすっぽりと入るサイズというところも嬉しい。外側の本体ガードも洗えるので、調理中のよごれは全部落とせます。『使っても、手軽にきれいな状態に戻せる』と感じられることも、永く使いたくなる気持ちに繋がる気がするんです」

 


「マットカラー」で、キッチンになじみよく
家族よろこぶIH炊飯ジャー


▲炊きあがると、ピロピロと可愛らしい音で教えてくれました

ちょうど、湯気が立ってきたところ。引田家の炊飯ジャーは、キッチンにある、IKEAのスツールの上が定位置のようです。

STAN.の炊飯ジャーは、マットなブラックで仕上げられた本体に、底にあしらわれた木目調のブラウンが特徴。床や天板、スツールの木材によくなじみます。

あずみさん:
「シンプルで飽きのこないデザインで、私以上に見た目にこだわりを持つ夫も『いいね〜』と気に入っています。

でも機能はどうだろう……と思って使ってみると、炊きあがりのおいしさは間違いないもの。食感も『ふつう、やわらかめ、かため』の3つから選べ、家庭の好みに合わせられるのは嬉しいです」

 

「うるつや保温」で、夜遅くに食べる夫にも、炊きたてに近い味を

引田家にとって、炊飯ジャー選びで外せないのが保温機能。STAN.には「うるつや保温」機能があり、最大保温時間はなんと30時間!

あずみさん:
「平日の晩御飯は、18時に私と娘がご飯を食べて、夫の食べる時間は22時すぎでしょうか。これまで使っていた炊飯ジャーも、炊きたてのおいしさはあっても、保温するうちに食感が硬くなっていました。でも、STAN.って、保温したごはんのおいしさが違うんですよね」

大さん:
「保温されたものなのに、炊きたてのお米のみずみずしさがあって、ひとつひとつのお米の水分量があるというか。

ここ何年も、ザ・保温ごはんの食感に当たり前のように慣れていたんです。だからこそ、炊飯ジャーがSTAN.に変わった夜のごはんは、衝撃でした。平日に、炊きたてのようなごはんが食べられて眠りにつける、このことが随分嬉しくて

 

「色が変わる目盛り」でお手伝いもフォロー

▲白米は、一度に5.5合炊きまでOK。白米以外にも、離乳食用の目盛りも5倍、7倍、10倍用意されています。

あずみさん:
「おもしろいなぁ〜と思ったのが、目盛り機能。お米と水を入れると、目盛りの色が変わるんですよ。こんな機能、今まで想像したことなかったけれど、使ってみると思いのほかとても便利で助かってます。

この頃は、4歳の娘が進んでお手伝いをしてくれるのですが、これなら、水位が見やすくて、上手にできそうですね。

目盛りの種類には、玄米やおかゆのほかに『ベビーごはん』も。離乳食時代はもう卒業していますが、当時この炊飯ジャーがあったら、きっとフル活用していたはず……!」

あずみさん:
「『部品が最小限で扱いやすい』、『軽くて洗いやすい』ことのよさは、使い続けるなかで段々とわかったことでした。

STAN.は、内釜は軽かったり、内ぶたには複雑な部品がなかったりと、シンプルで洗いやすい。

本体のお手入れもよく考えられているなと感じるんです。うっかりほこりがつきがちな炊飯ジャーの上は、フラットで、さっと拭けるようになっている。これなら手間と思わず、気になったときにすぐ拭けています。

当たり前すぎて見逃してしまいそうな機能だけど、こんなハードルの低さが、毎日使うものには欠かせない。忙しい日々をそっと助ける、そんな気遣いがSTAN.にはたくさんあるみたいです」

▲2020年2月に新色ホワイトもデビューしました。(詳細は記事下バナーよりご覧ください)

 

日常の暮らしに寄り添っているからこそ、ずっと使いたい

この機能は自分にぴったり、こちらの機能は夫が、ここは子供が喜びそうなもの。それになんだか可愛いから、キッチンのそばに置いておきたいね。

笑顔で、家族みんなで、親しみながら使えるものでありたい。象印が掲げる「日常生活発想」から生まれたSTAN.は、ふと隠れがちな小さな日常感覚にも、静かに寄り添ってくれるものでした。

忙しい日も、思うようにいかない日も、家族のごはんのまんなかに。STAN.は、頼れる愛らしいキッチン家電として、支えて続けてくれるのではと期待しています。

 

象印のイメージが変わる?スペシャルサイトが公開中

これまでの象印に対して、「自分の暮らしにフィットするかな?」と感じていた方にも、身近に感じていただけるように。

そんな想いを込めた、スペシャルサイト「ぼくらの象印展2020」が公開中。

登場するのは、コーヒーメーカーや加湿器、オーブントースターなど、なじみのある象印製品。そのなかから、料理家さんやスタイリストの方が、お気に入りのアイテムを選び、実際に使ってみたからこそ感じた魅力を紹介しています。当店でもたびたび登場いただいているブランディングディレクター・福田春美さんも登場しているようです。こちらもぜひご覧になってみてください。

▼新色ホワイトもこちらからご確認いただけます。

▼よろしければアンケートのご協力をお願いいたします。

【写真】佐々木孝憲


 

profile_futura_lineblack

引田あずみ

レシピサイト「forLIFE KITCHEN(フォーライフキッチン)」を主催。人気料理家に教わったレシピを定期的に公開中。サイトをまとめた本『FOR LIFE KITCHEN わたしだけの料理教室』(エイ出版)が発売中。http://forlife-kitchen.com/

本日の編集部recommends!

暮らしのにおい対策
玄関や服のにおいをなんとかしたい! 新タイプの脱臭機を、スタッフが使ってみたら? [SPONSORED]

本日の再入荷
人気のサーキュレーターが再入荷!ステンレス盆ざるやDanserレザーバッグなど入荷中。

【最新動画】北欧に暮らすひと|04
北欧、日が沈まない夏の夜の過ごしかた。

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像