【45歳のじゆう帖】「後戻り」や「立ち止まる」ことのたのしさ

ビューティライターAYANA

45歳の誕生日にみつけた2本の白髪

最近白髪を発見しました。45歳、年齢的には白髪のひとつやふたつあって当然というか、むしろ遅いほうではあるのですが、みつけたときは自分でも驚くほどショックでした。

これまで「若く見える」という言葉にそこまで魅力を感じたことがなく、「年相応なのだけれども美しい」みたいなところを目指したいと思ってきました。だから白髪なんてむしろウェルカムなはず。なぜ自分がここまで動揺するのか? そんな自分にいちばんショックだったのかもしれません。

こういうとき、自分の認識の甘さに愕然としてしまいます。「年相応」という言葉の雰囲気に酔っていたのではなかったか、と。私は想像以上に、白髪のない状態を前提として考えていたのだと思います。

とはいえ、きっとそのような動揺は長くは続かず、これから白髪を伴った髪について、どのようなスタイルを楽しんでいくか、考えるのも楽しみになっていくのだろうと思います。増えていく白髪にあわせてハイトーンにしてみても楽しそうだし、メッシュを入れてみてもいい。もちろん全部をダークカラーにしてみたり、白髪だけ青く染めちゃうとか?

カラーによるダメージをどうケアしていくのかということも含めて、知性が求められる遊びという感じで、ちょっと考えはじめるとワクワクしている自分がいます。

もちろん、継続的にやっていかねばならないということを考えると、時間もお金もかかるので、いいことばかりではないかもしれませんが。

昨日までは不要と思っていたのに

話はガラリと変わるのですが、4月から息子が小学生になり、学童保育のお世話になっています。お弁当を作る機会がぐっと増えてしまい、先日思い切って卵焼き用のフライパンを購入しました。きっかけは、この連載の担当編集・寿山さんによるレビュー記事です。

私はこれまで、卵焼きを焼くためだけのフライパンに興味を持っていませんでした。鍋や食器は凝り出すとキリがないので、色々な機能を兼ね備えたものを少数精鋭で持つという姿勢だったのです。別に丸いフライパンで焼けばよくない?と思いながら、うまく焼けたことはなくていつもストレスでした。

(実際そう考える方は多いようで、「卵焼き フライパン」で検索すると、丸いフライパンで卵焼きを作る方法を示すサイトが続々ヒットします。これが上手にできる方もたくさんいらっしゃるのだろうと思います)

そこまで頻繁にお弁当を作る機会もなく、毎回卵焼きに失敗しては微妙な気持ちで終わるということが続いていました。が、レビューを見て、これはもしかしたらちょっと楽しいんじゃないか?と思ったのです。弁当の日が続くにあたって、手際良く卵焼きが作れたら嬉しいかもしれない、と。

結果、購入は大正解。なんのストレスもなく、短時間でおいしい卵焼きが作れるようになり、「今日はしらすとごまと紫蘇で」とか「チーズと青のりと醤油で」みたいに中身に凝る余裕が生まれました。

あの卵焼きへの憂鬱な心模様はなんだったのか?気持ちの変化としては、受験勉強と遊園地デートくらいの落差があります。

過去の自分に縛られない生きかた

「私はこういう人間である」とか「私はこういうことにこだわっている」といった認識、あるいはスタイルや指針といったものは、生きていく上で非常に大切なものです。精神の拠り所になるし、そこに励まされることだってある。そして構築していくことは楽しいけれど大変なことだ、とも思います。

大変だったからこそ、自分の指針を打ち立てることができたとき、今度はそれを壊すことが怖くなる。その指針に甘んじて、今の自分にフィットするかどうかを点検する作業を怠ってしまう、そもそも、点検が必要だとすら感じないかもしれません。

でもそこを少し切り崩したり、捉え直したり、後戻りしてみることによって、思わぬ素晴らしい世界が待っているということは往々にしてあるのだな、と思います。

私はあまり過去の自分に戻りたいと思いません。今の自分にもダメなところや気に入らないところは数えきれないくらいあるのですが、過去の自分と比べる限りは、今のほうがかなりいいなと思えるんです。それはここ15年くらいずっと感じていることで、そこには「前進している」という、山あり谷ありだとしても、前に向かって絶えず進んでいる実感があります。

だからこそ、これからも絶えず前進していきたいという欲や執着が生まれてしまう。そこをぐっと冷静になって、ときには後戻りしたり、立ち止まってみることも大事なのかもしれません。

昨日まで信じていた指針を、それが自分にとっての重要なアイデンティティだとしたって、手放してみること、思い直してみることは全然構わない、そう捉えてみる。

結果としてそれが豊かな前進につながることもあるんじゃないか、そんなふうに思います。

 

【写真】本多康司

 

AYANA

ビューティライター。コラム、エッセイ、取材執筆、ブランドカタログなど、美容を切り口とした執筆業。過去に携わった化粧品メーカーにおける商品企画開発・店舗開発等の経験を活かし、ブランディング、商品開発などにも関わる。instagram:@tw0lipswithfang  http://www.ayana.tokyo/

 

AYANAさんに参加してもらい開発した
KURASHI&Trips PUBLISHING
メイクアップシリーズ

AYANAさんも立ち会って制作した
スタッフのメイク体験
スペシャルムービー

44歳のじゆう帖
バックナンバー

エッセーのご感想など
お便りをお寄せください


感想を送る

本日の編集部recommends!

手放せる家事
一人で頑張らない選択肢。愛用歴26年の家電と暮らす、香菜子さんに聞きました [SPONSORED]

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】しあわせな朝食ダイアリー
前日のお刺身を漬け丼に。お弁当のおかずもサクッとできちゃう時短の工夫(料理家/写真家・minokamo(長尾明子)さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像