【45歳のじゆう帖】年の離れた友だち

ビューティライターAYANA

年下の友だちが増えてきた

ふと気づけば、結構年下の友人が増えたなと思います。20代とか、30代前半とか。私が年を重ねているから、必然的に世の中に年下の人の割合が年々多くなっておりまして、そういう意味では当然といえば当然のことなのかもしれません。

先日お仕事で取材させていただいた美容家の方が私と同い年で、そのことをお伝えすると「嬉しいです!もう、仕事する人が年下ばかりになっちゃって」と笑っていらっしゃいました。

仕事をしていると特に感じますが、年下かどうかというのは、技術力やコミュニケーション力、あるいはセンスのようなものにあまり関係しません。若さゆえの瞬発力や、年齢を重ねているからこその経験値、そういったことはもちろんありますが、結局人の魅力は総合力と相性によって左右されるものだなぁというのが、私の所感です

ですが先日Twitterで「年の離れた友人関係を築くことは難しい。大抵の場合は年下が目上に気を遣っており、対等な関係ではないことが多い」という内容のツイートを見ました。

かなりシェアされていたので、多数の同意を得られているということなのでしょう。

でも、結局は人によるのではないか?という気もします。私には年上の友人もいますが、悩みを相談したり、甘えるようなことはあるかもしれません。

それは自分が年下だという意識があるから、やらせてもらってることなんですよね。でもそれが気を遣っていることになるかというと、ちょっと違う気がします。

価値観を共有できるかどうか

もちろん、価値観は時代によって変わっていきます。観ている映画やTVだったり、世間を騒がせたニュースだったり、クラスで話題になっていた内容だったりというのは、世代が同じであれば共有しやすいものですし、モラルや世論にも時代の空気があります。

交流がまったくない年代の価値観は共有が難しいですし、そうなると友人となる機会も少なくなるでしょう。

私には6歳の息子がいますが、もし子どもがいなかったら、そのくらいの年代の子どもとコミュニケーションを取る機会はゼロに等しかったと思います。

改めて、今私が友人と感じている年下のみなさんとは、いったいどのように知り合ったのか?どのようにして友だちになるに至ったのか?と考えますと、やはり価値観や魅力を感じる対象のようなものが近かったから、と言えると思います。

たとえば好きな漫画だったり、アイドルだったり、アートだったり、きっかけはそんなものです。

そこから色々話していくと、同じものを見て同じような感想を抱いていたり、あるいはまったく違う視点を持ち合わせていて、それがこちらにとって勉強になったり、単純に楽しかったり。そうして少しずつお互いを知って、仲良くなっていくのです。

仲良くなりかたに関しては、同世代の友人とも特に違いがないように感じます。

個人対個人で仲良くなりたい

年下の人とつきあうとき、ひとつだけ気をつけていることがあります。それは「その人と同じ年だったときの自分とその人を比べない」ということです。

私は中年になって久しいですが、年を重ねると若い人に対してどこか遠慮してしまう姿勢が生まれやすいな、と感じています。若い人には眩しさがあり(あるように見えて)、羨ましく感じてしまうからだと思います。

「私がこの年の頃なんて何も考えてなかったのに、この人はこんなに色々なことが成し遂げられていて凄いな」とか「自分のときはもっと息苦しかったものだけど、今の時代の若者は自由でいいな」なんて思ってしまうわけですね。

でも、それこそ今と当時では時代も違うし、その人と自分では遺伝子も育った環境も違います。

今の自分と対峙しているその人を、自分を基準とした時系列に置いてしまうと、その人の個性がうまく可視化できずにもったいない、となってしまうことが多いなと今は思っています。

年齢とか性別とか資産とか、そういったレッテルのようなものをなるべくニュートラルに捉えて、その人一個人と向き合ったときに、仲良くなれるのかどうか。それが私にとってはとても重要です。

とはいえ、そこは同世代の友人とはまた色彩が異なる部分もあり、私の経験が役に立つなら相談なんて喜んで乗ってしまいますし、適度に、お茶をご馳走するなどの年上らしい振る舞いを挟むのも、忘れないようにしなければなりませんが。

 

【写真】本多康司

 

AYANA

ビューティライター。コラム、エッセイ、取材執筆、ブランドカタログなど、美容を切り口とした執筆業。過去に携わった化粧品メーカーにおける商品企画開発・店舗開発等の経験を活かし、ブランディング、商品開発などにも関わる。instagram:@tw0lipswithfang  http://www.ayana.tokyo/

 

AYANAさんに参加してもらい開発した
KURASHI&Trips PUBLISHING
メイクアップシリーズ

AYANAさんも立ち会って制作した
スタッフのメイク体験
スペシャルムービー

44歳のじゆう帖
バックナンバー

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像