【平日のごはん作りの味方】失敗知らずで美味しいが叶うアイテムを迎えてみたら

編集スタッフ 中村

仕事や家事に追われ、バタバタしがちな平日。

1日頑張ったあとは美味しいものを食べたいけれど、限られた時間のなかでパパッと料理を作るのが大変なときも。

今回は夫と、10歳、7歳の息子の4人で暮らす編集・ライターの仁田ときこさんが、ティファールの電気圧力鍋「クックフォーミー」を使い始めてから感じているご自身や家族の変化について伺いました。

(この記事は、ティファール「クックフォーミー」の提供でお届けする広告コンテンツです)

 

お昼頃からやってくる「夜ごはんどうしよう……」

食べ盛りなお子さんが二人いることもあり、平日の夕食はいかに短い時間で美味しい料理をつくれるかを重視しているという仁田さん。

とはいえすぐに作れる料理のレパートリーもそこまで多くはなく、毎日お昼過ぎくらいから夜ごはんの献立を考えるのが憂鬱だったそう。

メインに、副菜に、汁物に……。家族に美味しい料理を食べて欲しい気持ちと、余裕のなさに葛藤する日々。

クックフォーミーを迎えたことで、日々の憂鬱が和らいだといいます。

仁田さん:
「クックフォーミーにはメイン料理からデザートまで、幅広い210種類の内蔵レシピがあるのでレパートリーも自然と増えました。
クックフォーミーの専用アプリを使えば、冷蔵庫の余りものの食材からレシピを検索することもできるので、仕事の合間や出先でも簡単に献立を決められるのが嬉しいです」

新しい家電が増えたことで、家族も興味津々の様子。帰りの遅い日は旦那さんに料理をお任せしたり、お子さんたちとお菓子作りをしたり、一家で楽しみながら使っているのだそう。

 

メインはお任せできるから、ゆとりが生まれる

スイッチを入れたら最適な圧力加減と調理時間を自動調整してくれるので、合間の時間を使ってお味噌汁やサラダを作れるゆとりが生まれたといいます。

この日作った「鶏手羽先の黒酢煮」も短い時間で柔らかく仕上がり、お子さんたちもパクパクと美味しそうに食べていました。

クックフォーミーの使い方や仁田さんの食卓の様子はぜひ動画でご覧くださいね。

▼「クックフォーミー」の詳細はこちらから

▶︎クラシコムスタッフの、クックフォーミー体験レポートはこちら

 

仁田ときこ

フリーランスの編集ライター。ライフスタイル誌や機内誌などで、旅や伝統工芸、暮らしにまつわる記事を執筆。昨年、住み慣れた東京から山と海に囲まれた葉山へ家族4人で移住。毎日子どもたちと海や山で遊びながら、週半分は都内や地方で取材撮影する暮らしにシフトチェンジ。最近は漢方や薬膳を勉強中。www.instagram.com/tokikonitta/


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像