【連載エッセー『たゆたゆ – くまがや日記』】第二回:何事もおおげさにとらえない

山本 ふみこ

 埼玉県熊谷市にある、築150年越えの農家に暮らしています。
 2021年5月、夫の実家である家に移り住んだのです。
 台所、浴室、トイレはあたらしくしましたが、あとは、ほとんど昔のまんま。いま、こうしてこれを書いているわたしの机は土間の隅っこにあり、かつては牛が住んでいたのですって。
 耕耘機(こううんき)(トラクター)も、田植え機も、稲刈り機(コンバイン)もなかった時代は、2頭の牛が農業を手伝ってくれていました。
「ひゃー、牛を見習って、働き者にならなくては」
 と、思ったりしています。
 いまは、米と麦づくり(二毛作)、ブルーベリーづくり、これまで長くつづけてきた仕事を両立させています。

 
 熊谷での暮らしをはじめるとき、周囲からいろいろなことばをもらいました。
「引越しや移住を、軽く考えないほうがいいですよ」
(つい)の住処ですね」
 などなど。
 それを受けとめながら、わが胸に芽生えたことがありました。

 
 何事もおおげさにとらえないようにしよう。
 終の住処にはならないかもしれない。熊谷暮らしに飽きたら、また次を考えよう。

 
 こうして2年半が過ぎました。
 飽きたら次へ、なんてことを平気で()うわたしですが、じつは飽きない工夫もしています。皆さんも、そうじゃありませんか? 暮らしを……、家族(犬さんや猫さんたちも)を……、友だちを……、家のしごとを……、仕事(わたし、職業のほうは漢字で書きます)を……、飽きずおもしろがれるように工夫しているはずです。
 ふさわしい距離をとったり。休んだり。大事なポイントだけはしっかり押さえたり(夫を飽きないために大事にしているのは「一緒に食べる」です)。
 おおげさにとらえないというのも、工夫のうちかもしれません。
 ただし、おもしろいこと、ありがたいことだけは、おおげさに喜びたいな、と思いながら暮らしています。
 いま田んぼには、麦の芽が出はじめました。麦踏みをします。

 

 

文/山本ふみこ
1958年北海道小樽市生まれ。随筆家。ふみ虫舎エッセイ講座主宰。東京で半世紀暮らし、2021年5月、埼玉県熊谷市に移住。暮らしにまつわるあらゆることを多方面から「おもしろがり」、独自の視点で日常を照らし出す。最新刊『あさってより先は、見ない。』(清流出版)、ほか著書多数。
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/
https://www.fumimushi.com/うんたったラジオ/

 

写真/丸尾和穂
岡山県生まれ。シグマラボ、代官山スタジオ勤務を経て2010年独立。インスタグラムは @kazuho_maruo
https://067.jp

 
連載バックナンバーを読む
 


感想を送る

本日の編集部recommends!

あの人の朝時間
働きながら小中学生の子どもを育てる。忙しい中で「やること・やらないこと」はどう選択する?[SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷しはじめました♩

Buyer's selection|春のメイクにおすすめのアイテム
アイシャドウやカラーマスカラなど、おすすめアイテムを集めました。

【動画】わたしの朝習慣
目覚ましはかけずに陽の光と共に起きる。朝は1日の中で一番好きな時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像