【連載エッセー『たゆたゆ – くまがや日記』】第六回:プラスα

山本 ふみこ

 ときどき無性に食べたくなる酸辣湯(サンラータン)麺の、鍋versionをつくってみようと思い立って、豚の薄切り肉、白菜、にら、卵を調理台にならべました。にんにく、生姜、生しいたけをみじん切りにしたりして、自分なりに酸辣湯のイメージをつくりあげてゆきます。
 調味は鶏ガラスープの素、塩こしょう、豆板醤(トウバンジャン)にひき受けてもらい、仕上げにラー油を振ることにしました。
 これを食卓に出して、豚肉や野菜を加えて煮ながら食べようと思って味見をしています。
 ん? ん? わるくないけれど、何かが足りません。

 
 料理ばかりでなく、あらゆることに何かが足りない、と感じることがあります。たとえば友人知人にかけたことばに、仕事で出席した会議に……。大事なものが欠けていたと気づかされてはっとするのです。
 ついこのあいだ、自分が書いたエッセーを読んでいて、ん? ん? となりました。わるくないけれど、何かが足りません。読み返すうち、わかったのですよ。このエッセー、ニコリともしていないということに。
 足りないのは笑顔でした。
 まず自分自身の口角をくっと上げ、エッセーに少し手を入れましたら、エッセーがニコッとしました。
 気立てのよさ。賢さ。思慮深さ。真面目。
 いろいろの美徳がありますが、もしかしたら、これらもそれだけでは足りないのかもしれません。「プラスα」です。ここで「プラスα」のαを「笑顔」と置き換えてみるとして ─── 。

 
 気立てのよさプラス笑顔。
 賢さプラス笑顔。
 思慮深さプラス笑顔。
 真面目プラス笑顔。

 ほら、いい感じ。

 
 さてところでわたしの酸辣湯鍋のはなしです。酢を加え損なっていました。あはは、これは「プラスα」というより、ぐっと基本的な要素でした。
 それでもともかく、美味しい夕食になりましたとさ。

 

 

 

 

文/山本ふみこ
1958年北海道小樽市生まれ。随筆家。ふみ虫舎エッセイ講座主宰。東京で半世紀暮らし、2021年5月、埼玉県熊谷市に移住。暮らしにまつわるあらゆることを多方面から「おもしろがり」、独自の視点で日常を照らし出す。最新刊『あさってより先は、見ない。』(清流出版)、ほか著書多数。
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/
https://www.fumimushi.com/うんたったラジオ/

 

写真/丸尾和穂
岡山県生まれ。シグマラボ、代官山スタジオ勤務を経て2010年独立。インスタグラムは @kazuho_maruo
https://067.jp

 

連載バックナンバーを読む

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
今から初夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
人気のリネンハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!連休のお出かけにもおすすめですよ。

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像