【スタッフの愛用品】無水鍋のここが知りたい!にお答えします

編集スタッフ 津田 編集スタッフ 津田

DSC_0075

こんにちは。スタッフの津田です。

すこし前から販売している無水鍋
実は、当店で発売する前から
ずーっと気になっていたので
私も24cm(直火タイプ)
愛用することにしました!

無水鍋で作ると
いつものごはんがとびきり美味しくなる、
と評判を聞いていたので、もう興味津々で
週に4回くらいは使っています。(笑)

まだまだ使い始めたばかりですが
よくお客さまからいただく疑問に答える形で
その使い心地をレポートしてみます!

24cmのお鍋でも
2合のごはんが炊けるの?

DSC_0085

無水鍋の定番、
白ごはんを炊いてみました。

ワタナベマキさんに教わった無水鍋レシピでは
20cmのお鍋で2合のお米を炊いていたのですが、
24cmでも、レシピ通りに炊いてみたところ、、、
つやっとふっくら、炊き上がりましたよ~!

24cmでも2合分のごはんが
おいしく炊けるって、ちょっと嬉しい発見です!

専用レシピ以外でも
無水鍋で作れるの?

DSC_0072

問題なく、作ることができますよ!

今回、山戸ユカさんのレシピ本を参考に
「切り干し大根のけんちん鍋」を
本に表記された分量通りで作ってみたところ
前に普通のお鍋で作ったとおりの味で
おいしく出来上がりました。

蓋をしておくと、具材に火が通るのが
普通の鍋より早いので
その点だけ、ちょっと気にかけておいて
ときおり蓋をあけて確認すれば
焦げ付かせるような心配もありませんよ◎

本当に「無水」?
水はまったく不要なの?

DSC_0977

野菜を蒸すときには、
洗ったあとに野菜に残る水分だけで
調理が可能なんですよ。
塩をひとつまみ加えてから蓋をして
弱火にかけておくのがポイントのよう。

「無水」という名前ですが
素材が乾燥したまま
まったく水や塩を入れずに
いつもどおりに強火で調理を始めると
鍋の底が焦げ付いてしまうようなので
火加減には注意して使っています。

一番のお気に入りは
軽さと、時短ができるところ。

無水鍋は24センチでも、片手で持てるほど軽いので
洗うときに裏返してゴシゴシするのや
持ち上げてすすぐのが、まったく苦になりません。
軽いので出し入れもしやすく、
毎日のごはんに、どんどん使いたくなります♪

DSC_0077-2

ポトフやカレー、シチューなどは
沸騰して10分ほどで、ガス台から下しても
余熱で具材にしっかりと火が通ります。
今まで使っていたお鍋よりも
断然、火が通るのが早いです!
ガス台も占領しないですし、
時間も光熱費も節約もできるので
大変重宝しています~。

おわりに

ずーっと気になっていた無水鍋。
私・津田が実際に使っている様子を
レポートさせていただきましたが
いかがでしたでしょうか?

ふた月ほど愛用してみたところでは
これまで使っていたお鍋より、火が通るのが早くて
同じレシピでも時短ができる、という印象です。

「そのポイント、気になってた~」
というように、無水鍋をご検討いただくときに
お役立ていただけたら、嬉しいです!

▼無水鍋の商品ページはこちら。
musui_l_140818r13


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
「なんとなく」から卒業!「眠り」を見つめなおしたスタッフ宅を訪れたら……

Buyer's selection|小物でつくる冬のインテリア
これからの季節が楽しみになる!お部屋をあたたかく包み込むアイテムを集めました♪

新作公開
お待たせしました!オリジナル短編ドラマ『青葉家のテーブル』第2話が完成しました。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像