【お出かけコラム】ノスタルジックな風景を求めて旧白洲邸へ。

お客様係 上山 お客様係 上山

お出かけ201502-05

今日のお出かけ:スタッフ上山編 「偉大なる人物の軌跡をたどって」

 

「いつか訪れてみたいな」と思っていた場所へとある週末、ふと足を運んでみました。

まだ戦時中であった頃、東京の都心から少し離れたところに土地を購入し、畑作業もしながら暮らしていた白洲次郎・正子夫妻。

このご夫婦2人、自らの手で作り続け晩年まで住んでいたという「武相荘(ぶあいそう)」へ。

 

ここは、東京都町田市にある旧白洲邸

お出かけ201502-03

旧白洲邸「武相荘(ぶあいそう)」は、今は記念館として一般公開されていて、中にはちょっとお茶やお食事ができるレストラン&カフェも併設されていました。

1つ1つ白洲正子の確かな目で選び抜かれた調度品が置かれた室内の様子、白洲次郎が使っていたであろう農工具がそのまま車庫に残されている様子、まるで昨日までそこで暮らしていたような風景が目の前に広がります。

 

和風でありながらモダンで印象的な空間

お出かけ201502-04

一歩家屋へと足を踏み入れる前の玄関の装いは、大胆でありながら斬新。茅葺屋根の古い日本家屋でありながらも現代的でモダンな印象を全体から受けました。

季節ごとの装いがこの家屋にはあるようで、こんどは夏くらいにふたたび訪れたいなと思っています。

「家ははじめから完璧なものを求めるのではなく、未完成なものがいい。自分たちの暮らしとともに生涯変化を続けるものである。」と綴られていた(すみません、しっかり覚えてこなかった)白洲次郎の家に対する思いがとても心に響きました。

 

散策路をのんびりと

お出かけ201502-02

お庭のゆったりした静寂な空気感がまた良かった。無造作で武骨に生えているような木々、丁寧に埋め込まれた足元の石敷き、すべてに計算しつくされたような、そんな趣も感じられるのです。

少したたずんでみては少し歩き、また少したたずんでみては、少し歩き。そんなことをくり返しながらのんびりと裏庭散策するのも、とても楽しかったです。

 

かわいい「支配人」がお出迎えしてくれて・・・

お出かけ201502-01

入り口付近には、とても人慣れしたネコの姿も。

来る人来る人の足元にやってきては、みなさんにご挨拶。さながら「武相荘」の支配人のようでしたよ。

自身が歳を重ねていくとともに、生活様式にも変化が生じるというのは当然のこと。その変化に対応できる余地を自身にも家にも与えておくということなのかな、、、と。

白洲次郎の言葉を反芻し、ご夫妻の暮らしぶりを想像し、勝手に思いを馳せながら、ノスタルジックな気分にひたり貴重な時間を過ごしてきました。

 

【お出かけMEMO】
▶旧白洲邸「武相荘」⇒小田急小田原線 鶴川駅北口から徒歩15分

 


本日の編集部recommends!

日々の料理道具
平日のご飯づくりをラクに。今の自分にあったモノ選びって? [SPONSORED]

本日の再入荷
1年中活躍する±0のサーキュレーターや、サイズ調整自由なレザーベルトなど多数再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

TRIPカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像