【球根の育て方】気になる球根の「水耕栽培」。socukaさんに伝授してもらいました!

編集スタッフ 二本柳 編集スタッフ 二本柳

socuka_kyukon_2_DSC_5206聞き手・文 スタッフ二本柳

本日から、球根の水耕栽培ができる球根ベースをお取り扱い開始いたしました!

土の中で育てる鉢植えとちがって、すくすくと根が伸びていく様子を観察できる水耕栽培。

でも初めての方にとっては「一体どうやって生長するの?」と、育て方の疑問も多いはず・・・。

そこで、フラワースタイリストのsocukaさんから球根を育てる上で知っておきたいポイントを5つ伝授していただきました。

ガラスの花瓶を手にしたお客さまも、こちらのコラムをご覧になった後に、水耕栽培にチャレンジしていただけたら嬉しいです♪

※コラム内で使用している球根ベースは、現在お取り扱いしている商品とは異なります。

socuka_kyukon_DSC_5214

 
point_1_socukasan

水の量は、球根の底部分がギリギリ触れるくらいまで。

socuka_kyukon_DSC_5204

まず最初に知りたいのは、お水の量。

花瓶にはどれくらいお水を入れたらいいのでしょう?

socukaさん:
球根の底がギリギリ水に触れるくらいが適切な水量です!

一度、球根を裏返してみてください。黒い円がありますよね。

ここから根が生えてくるのですが、この黒い部分だけが水に触れていればOKです」

socuka_kyukon_DSC_5211

「逆に、球根が水に浸かりすぎてしまうと腐ってしまうので要注意!」とのことでした。

それでは、根が生えてきた後はどうしたら良いでしょうか?

socukaさん:
「根が伸びてきたら、水の量を減らしてあげましょう。根の先が少しだけ水につかっているくらいが目安です。

そうすると、水を追いかけて根がどんどん伸びていくんですよ♪」

なるほど〜!なんだか生命の力を感じますね。

ちなみに、根が伸びすぎて瓶の中で渦を巻くようになってしまった場合、根を途中で切ってもOK!とのことでした。

 
point_2_socukasan

芽が出るまでは暗い場所で。水の交換は1週間に1回。

DSC_1018

水耕栽培の場合、芽が出るまではおよそ1ヶ月くらいとのこと。

お花が咲くまでは4ヶ月ほどかかるそうです。

それまではどのように管理したらよいのでしょうか?

socukaさん:
「芽が出るまでは、涼しくて暗い場所に置いてあげます。

そうすることで球根が土の中にいると錯覚して芽を出そうとするんです。

暗い場所に置くのが難しい場合は、箱をかぶせてあげるのも1つの方法ですね。

また、球根は冬を越えて春に花を咲かせます。だから寒さに当たらないと芽がつきません

socuka_kyukon_DF4_0379

冬でも暖房がきいているあたたかい部屋に置いておくと、球根が冬であることを忘れてしまうのだとか・・・

それから水も汚れてしまうので、「1週間に1度は水を交換してください」とのことでした。

 
point_3_socukasan

芽が出たらどこに飾ってもOK。

socuka_kyukon_1

春に向けて芽吹いてきた球根。

そうしたら管理方法も「冬から春へ」とチェンジしてあげる必要があるのでしょうか?

socukaさん:
「芽が出てきたら、それまで意識して暗い涼しい場所に置いていたものを、場所を選ばず飾って大丈夫になります。

ただし暖房が直接あたる場所は避けてくださいね」

 
point_4_socukasan

鉢植えの球根も土を払えば使えます。

socuka_kyukon_1920

これから球根を買う場合、1月頃になると球根だけのものが市場に出回らなくなります。

年があけて「水耕栽培やってみたいけどもう球根が売ってない!」となったら、どうしたら良いでしょうか?

socukaさん:
「鉢植えの状態で出回っているものでも、土を払えば水耕栽培ができるので安心してくださいね。

その時は、根をやさしく揉みほぐしながら土を落としてあげてください。土のかたまりが取れたら、次は水の中で根を洗います。

そうしたら準備完了です!」

 
point_5_socukasan

小さな球根は花瓶の中で育てるのもかわいい!

socuka_kyukon_IMG_5605

花瓶の上にちょこんとのってるイメージが強い水耕栽培ですが、「花瓶の中に入れて育てる」というアイデアも教えて頂きました。

socukaさん:
「ムスカリのように小さな球根を瓶の中に数個入れて育てると、そのまま瓶の中で茎をのばして花を咲かせます。

そのときも、水の量は球根の根が浸かるくらい」

socuka_kyukon_DSC_5209

「管理方法はpoint2で挙げたものと同じ内容でOKです。

花が咲くと、まるで花瓶にお花を活けているようなしつらいになりますよ」

 

今年の冬は、春に向けて球根を育ててみませんか?

socukaさんに教わる「球根の水耕栽培」はここまで♪

ガラスの中で根が伸びていく姿や、じっくりと冬を越えて芽吹いてくる様子を観察しながらたのしめる水耕栽培。

お子さんと一緒に始めてもたのしめそうですね。

ヒヤシンスは開き始めるととってもいい香りがするのだとか・・・

ぜひこの冬の間に球根を手に取って、春に向けてきれいな花を咲かせてみませんか?

▼球根ベースの商品ページはこちらから!
kyukon_socuka_20160926

socuka201209_profile1


本日の編集部recommends!

最新の再入荷はこちら >>
折りたたみできるテーブルやレザーバッグなど、人気のアイテムが再入荷しました♪

在庫限り!限定アイテムはこちら >>
春のピクニックシーズンに欠かせないカゴ型クーラーバッグや、変わりやすい天気の日に頼もしい雨用トートなど!

公式LINE@はじめました >>
その日の気分に合った、おすすめ記事や最新情報をお届けしています♪


GREENカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • 食器の画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • インテリア雑貨の画像
  • ファッションの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像