【平日の夜にしたいこと】第4話:ワイン1杯分だけ。30分の「寄りみち読書」で心をリセット。

編集スタッフ 二本柳

weekdaynight_day3_top

 


第4夜
30分の寄り道で心をリセット


読書は、最も手軽な旅。そして最も手軽な現実逃避かもしれません。

ランチタイムや通勤電車… そんな隙間の時間にだって、一度ページをめくれば今とは別の世界が広がります。

色々なことがギュギューっと詰まる平日の夜の頭には、そうした「旅」が時に必要。

特集「平日の夜にしたいこと」の最終話は、寄り道の読書をテーマにお届けします。

 

ワイン1杯の30分。時間を決めて寄り道しませんか?

DF1_6249_book

以前、スタッフみんなで社食を食べながら「仕事が終わってから何しているの?」という話題で盛り上がったことがあります。

そのなかであるスタッフがこんなことを言っていました。

「時々、馴染みのお店で1杯のワインを頼む。それをチビチビ飲みながら読書するのが好きなんだ」と。「ほんの30分程度なんだけどね」

会社と家庭の中間地点で、ほんの1杯のワインを飲むだけの寄り道。そこでどっぷりと、本の世界へ浸かるのだそうです。

たしかに30分という制限を設ければ、忙しい平日だって寄り道はできるのかも…。一旦そこで本の世界に没頭できたなら、、帰宅後の家事も、翌日の仕事も、なんだか頑張れそうです。

 

平日に読みたい、短編3冊をご紹介します。

weekdaynight_day4_DF1_6253

それではさっそく、ここから平日の夜に読みたい本を3冊ご紹介します。

「30分の寄りみち読書」というテーマに合わせ、短い時間でもきり良く読み終えられる “短編” のものを。

それから、翌日また「がんばろう」と思えるような、温かい気持ちにしてくれる本を選びました。

type_D_01

とがった心もまるくなる。

weekdaynight_day4_DF1_6236

原田マハ著
『ジヴェルニーの食卓』(集英社文庫)

この部屋にいるときは、誰もが笑顔だった。(中略)誰もが笑い、食事を満喫して、人生を楽しんでいた。ここは、最初から、ずっとそういう場所だったのだ。(p223)

登場人物は、「印象派」と呼ばれる画家。マティス、ドガ、セザンヌ、そしてモネの4人の巨匠に、それぞれの短編ストーリーが与えられます。

この一冊が平日の夜におすすめな理由は、ページを繰るたびに、物語の舞台となる時代へ “タイムトリップ” するような感覚を味わえるから。

仕事から家庭へスイッチを切り替える、儀式のような時間になるからです。

ここに登場する巨匠たちは、芸術家である前に、ひとりの愛すべき人間として描かれています。

彼らは、とにかく人間らしさ(欠点や愚かさ、そして優しさ)に溢れていて、だからこそ、じんわりとあたたかい。

わたしの場合はトゲトゲしている自分に気付いたとき、この本を手に取ります。すると、読み進めていくうちに、すっかり心がまあるくなっていく。

「さて、美味しいご飯でも作ろうか」という、穏やかな気持ちを自然と取り戻せるのです。

type_D_01

私の “ふぬふぬ” は何だろう。

weekdaynight_day4_DF1_6233

高山なおみ著
『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』(文春文庫)

ヒトの形になる前の、というか、ヒトという服を着る前の体。骨でもないし、筋肉でも内臓でもないもの。何かふぬふぬとした原始的な粒みたいなもので、(中略)私の中からなくならないもの。この本を書いていた時期、きっと私はそのふぬふぬが何なのか、そればかりを探っていたような気がするのです。(p223-224)

料理家・高山なおみさんが30代の時に書いた、33のエッセイが綴じられたこちらの本。

切なく悲しいのに、なぜか読んだあとにふっと心が温まる一冊です。

わたしたちは、心の不安や弱みのような部分を人にさらけ出したとき、不思議にも勇気が出ることがあります。

この一冊ももしかしたら同じで、高山さんが経験した様々な葛藤が、美しい世界観のなかで静かに語られている。そこに寄り添うような読書体験が、読後のぬくぬくを生むのかもしれません。

平日の夜、昼間の自分へ反省点があったり、なんだかうまくいかなかった〜、なんて時。ランダムにページを開いて読みながら、わたしも元気をもらっています。

type_D_01

読むほど心に沁みる、言葉の力。

weekdaynight_day4_DF1_6241

吉野弘著
『吉野弘詩集』(ハルキ文庫)

(前略)唐突だが
奈々子
お父さんは お前に
多くを期待しないだろう。
ひとが
ほかからの期待に応えようとして
どんなに
自分を駄目にしてしまうか
お父さんは はっきり
知ってしまったから。(後略)(p53-54)

結婚した友人や、転職を決めた友人、何かの門出にある人へ吉野弘さんの詩を贈ってきました。

わたし自身、吉野さんの言葉にいつも励まされ、自分の選んだ “決断” を肯定してもらってきたからです。

何かを決めるときというのは、どうしたって孤独を感じるものだから、せめてもの後押しをという想いを込めて贈ります。

なかでもこちらの詩集は、日常の何気ないヒトコマから、家族の営みや自然の移り変わりなど… あらゆるテーマをまとめた一冊。

時にユーモラスに、そして優しく柔らかい吉野さんの言葉は、平日の夜に繰り返し読みたくなる力を持っています。

 

夜の時間が、明日への活力につながりますように!

全4話にわたってお届けしてきた特集「平日の夜にしたいこと」はこれにて完結です。

忙しい夜にも気軽にできる離乳食と幼児食のレシピや、お家のレイアウト改造、寄りみち読書などを提案してきました。

今回お届けしたアイデアが、「よし。またがんばろう!」と、明日への活力につながれば嬉しいです。

(おわり)


もくじ


▼こちらの特集も合わせてご覧ください。
fridaynight_cate_141030

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、花柄スカートなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】うんともすんとも日和
日記を書くことで、驚いて、面白がって、優しくしたい。『5秒日記』でお馴染みのライター・エッセイスト / 古賀及子さん

CULTUREカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像