【インテリア特集】第2話:収納は「余白」をつくる、使い勝手の良いキッチン(引田さん夫妻)

編集スタッフ 二本柳 編集スタッフ 二本柳

interior_hikita__C1A4848写真 木村文平

東京・吉祥寺で人気のパン屋さん「Dans Dix ans(ダンディゾン)」と、「gallery fève(ギャラリー フェブ)」を営む引田かおりさん夫妻のインテリア連載、第2話。

ご主人のターセンさん、愛犬のトト君と一緒に暮らす武蔵野市のご自宅を訪れました。

「家が世界一好きな場所」と話す引田さん宅のインテリアは、淀んだ空気が一切なく、ホテルのようにすっきりと居心地の良い空間です。

今回は、使いやすさを第一に考えられた収納術も必見な「キッチン」をお届けします。

(※登場するアイテムは、全て私物です。過去に購入したものを紹介しているので、現在手に入らないものもございます。どうぞご理解、ご了承いただけると幸いです)

 


第2話
キッチンスペース


interior_hikita__C1A4996家事の効率を良くするために洗濯機もキッチンへ。埃のたまりやすい土台の部分は思い切って取り外されていました。

「キッチン汚れの原因はほとんどが水垢。だから、そこさえ徹底して拭いてあげれば綺麗を保てますよ」と話す引田さん。

毎晩必ずふきんを使いシンクの水分を最後まで拭き取るそうで、キッチンは隅々までピカピカでした。

キッチンツールをほとんど外に出さず、すっきりした空間にしているところは第1話のリビングと同様。

こうして見てもまな板にスポンジ、やかん以外には何ひとつ外には出ていませんでした。

interior_hikita__C1A4998

 

収納スペースには必ず「余白」を。

 
「収納棚も開けていいですか?」とお願いすると、快くすべての扉を開けてくださった引田さん。

そうして中を覗いてみると、、、あれれ?なんだかどの棚も物が少ない?

interior_hikita__C1A5008

「だってね、ギュウギュウに物が入っていたら取り出しにくいじゃない?収納棚のスペースをまるごと全部は活用しない。『余白』を必ず作る、というのが我が家の収納ルールですね」(引田さん)

言われてみると当然のことのように思えますが、なかなかの盲点でした。

interior_hikita__C1A5010

ボウルは何個も重ねることなく、種類ごとに段を分け、ゆったりと置かれていました。これなら濡れた手で欲しいサイズのボウルを探さずに済みますね。

interior_hikita__C1A5026

もちろん電子レンジやトーストの両脇も、しっかりと「余白」が残されていました。

interior_hikita__C1A5001

 

余白を作れないほど、物を増やさない。

 
これほどスッキリと収納できているというのは、逆に言えば、引田さんは余白が作れないほどに物を増やさないことの証。

料理道具はどうしても色々ほしいものが出てくるけれど、なるべく買い足さないようにと心がけているのだそうです。

だからキッチンに置かれた道具は、どれひとつとして「何となくある」というものがありませんでした。

interior_hikita__C1A5029上のやかんは一見同じものですが、左は体が弱っているときに鉄分を取り入れるようにと活用する「鉄」製のもの。とはいえ毎日使うには重たいので、普段使いには右側の「銅」のやかんを愛用しているそうです。

interior_hikita__C1A4996

引田かおりさん夫妻のキッチンをお届けしました。

表に出すのは極限まで減らし、ほとんどのキッチンツールを収納棚にしまってしまうという徹底ぶりが気持ちの良いキッチンスペース。収納棚には「余白」を残し、調理中の出し入れをスムーズにできるよう工夫されていました。

次回は、そんな引田さんの「モノの選び方・飾り方」に注目してみたいと思います。どうぞお楽しみに。

(つづく)


もくじ

第1話(5月30日)
家を「世界一好きな場所」にするために(引田さん夫妻)

第2話(6月13日)
収納は「余白」をつくる、使い勝手の良いキッチン(引田さん夫妻)

第3話(6月20日)
「気持ちいい」が最優先。雑貨の選びかた・飾りかた(引田さん夫妻)

第4話(6月27日)
食器棚からみる暮らし。毎日使いたい定番は?(引田さん夫妻)

第5話(7月4日)
ベランダの景色もインテリア?引田さん夫妻の家づくり


 

こちらも合わせてご覧ください

 
▽北欧雑貨店「Fika」店主・塚本佳子さんfikainterior_tokushuichuran_2

▽イラストレーター・よしいちひろさんinterior_cate_yoshiichihiro

profile_futura_lineblack

hikita_profile_1604

引田かおり(ギャラリー・パン屋オーナー)

2003年吉祥寺にギャラリーフェブをオープン。陶芸家、布作家などジャンルを問わず独自の目線でさまざまなものを紹介している。また同ビル地下一階にパン屋「Dans Dix ans(ダンディゾン)」も営む。安心・安全な素材でおいしいものを提供することを心がけている。夫・ターセンさんこと保さんはブログ「ターセンの光年記」で日々の暮らしで感じたことを記録、更新中。http://hikita-feve.com/diary/


本日の編集部recommends!

洗濯をスマートに
だれでも、いつでも、きちんと。自然に手が動く洗濯ルーティーン、聞きました [SPONSORED]

特集|おすすめの夏コーデ
この夏、utiliteのリバーシブルワンピースがあれば。お散歩もちょっとお出かけ気分になれる1着。

【最新動画】うんともすんとも日和
50代で初めての上京。継続がすべてじゃないと今は思うから。eatrip soil 店長・山村ヒロミさん

INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像