【フィットする暮らし】第3話:物を手放すだけではない「断捨離」の方法

編集スタッフ 塩川 編集スタッフ 塩川

3_1605_usamura_C1A6361-2写真 木村文平

シリーズ「フィットする暮らしのつくり方」Vol.12は、イラストレーター&アートディレクターの兎村彩野(うさむら あやの)さんにお話を伺っています。

第2話での大反省会を経て、今のご主人に出会った兎村さん。まっさらになった状態から、二人の暮らしを作っていきます。

そしてこの家に引っ越してから、兎村さんは「断捨離」をはじめました。それはまず物事の本質を理解するところからスタートします。

 


 第3話
物を手放すだけではない「断捨離」の方法


3_1605_usamura_C1A6502

1話目でご紹介した「働きながら暮らす」を実践する兎村さんのご自宅は、すっきり整理整頓されています。

しかし、この部屋に引っ越す3年前までは「物があふれて床の見えない、映画のセットのような部屋で暮らしていた」と話します。そして一方ご主人は、物が少なくすっきりとした生活をしていました。

物が多いから探し物が見つからない。掃除をするのに手間取ってしまい、時間や心が消耗してしまう。そんな暮らしに兎村さんは「正直しんどいなあ」と感じていたそうです。

「嫌だったら辞めていいから、一回やってみたら?やってみたらわかると思うよ」とご主人の言葉を素直に受け入れ「断捨離」をはじめました。

type_A_01断捨離は「欲ばり」を捨てるところから

3_1605_usamura_C1A6306

兎村さん:
「わたしの考える断捨離って、まず欲ばりを捨てる事だと思うんです。それを目に見える形にするために、物を減らします。

最初の1年はとにかく苦痛でした。欲ばりは人間の本性のようなものだから、修行のような毎日で……、楽しいものではなかったです。

でも徐々に、衝動買いというものが無くなり、今ではいらないものは全く買わなくなりました」

物事の本質を考える。本当の「行動」とは、そういうことなのかもしれません。考えて動くことはいつしか体に馴染み、習慣へと変化していきました。

 

type_A_02持つ量を決めて、カスタマイズ

3_1605_usamura_C1A6609

兎村さん:
「わたしたちは物を全く持たない訳ではないんです。ですが、自分たちでルールをつくり、持つ量を決めました。

例えば食器は、この棚に入る分だけを持つようにしています。一個買ったら一個手放す。ずっと一定の量で暮らすようにしています。

食器棚は無印良品のユニットシェルフ。そしてお皿の高さに合うように、棚の仕切りをカスタマイズしています」

3_1605_usamura_C1A6521▲ホームセンターで木材を購入し、棚の高さを変えています。

仕事部屋にある棚も同様に、自分たちに合わせて仕切りを追加し、書類やデザインに使う紙の見本が整理整頓されていました。

必要な物の量を見極めて、収納をカスタマイズし収める。その姿は見ていて清々しさを感じます。

3_1605_usamura_C1A6655

1_1605_usamura_C1A6669

 

type_A_03人生を楽しくする物は「例外」

3_1605_usamura_C1A6631

リビングにあるレコード棚は、ご主人がほとんど釘を使わず作ったこだわりのものです。

断捨離の中にも例外があり、ご主人は「レコード」、兎村さんは「漫画」。お互いの毎日を楽しくする趣味の物は、手放しません。棚からあふれた物は、随時ご実家の倉庫に送っているそう。

いずれは漫画喫茶をやりたいと考えている兎村さんにとって、漫画はこれからの未来にも必要なモノ。

この家には今の暮らしに必要なモノだけがあり、選び抜いたお気に入りに囲まれているからこそ、心地よく過ごせるように思えました。

3_1605_usamura_C1A6632

 

行動を変えると、意外に「人」は変われる!

3_1605_usamura_C1A6755

「断捨離」をはじめて3年が経ち、兎村さんはどんな変化を感じとったのでしょうか。

兎村さん:
「最初の1年は、本当にどうしていいか分からないくらいパニックでした。今までと全く違う行動をするから、脳が混乱するんですよね。でも続けていくうちに行動に心がついてくるんです。

1年かけて行動を矯正して、2年目は自力でキープする。3年経ってようやく馴染んできたように思えます。心って曖昧なものだから、行動や環境を変えると考え方って意外と変わるんですよ。

今では何も考えなくても、いらない物は買ってきませんし、物が増えたら片付けて捨てることが身につきました。掃除がぐんと楽になり、時間にも余裕が生まれたなぁと実感しています。

そうやって自分で経験した事でないと、自分の言葉にならないんですよね」

今ではすっかり、兎村さんに「断捨離」が馴染んだようです。

人生の大反省会を経て自分自身を見つめ、まっさらな状態から3年で行動と考え方を変えました。

余計な価値観を手放したその姿は、とても身軽でフラットです。

兎村さんが今の暮らしを保つために、心がけている事は一体何でしょう?4話目ではその習慣について迫ります。

(つづく)


 

もくじ

第1話(5月24日)
兎村さんはどうやって「自分の嫌なところ」を変えたんだろう?

第2話(5月25日)
人生の「大反省会」で学んだこと

第3話(5月26日)
物を手放すだけではない「断捨離」の方法

第4話(5月27日)
毎日ひとつでも「思いこみ」を壊す

 

profile_futura_lineblack

bnr_1605_usamurasun_profile

TO2KAKU 兎村彩野
イラストレーター&アートディレクター)

1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始し、17歳でフリーランスになる。現在は夫婦2人のデザインユニット TO2KAKU(http://to2kaku.com/)として、誰かの「作りたい」気持ちをカタチにしている。


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
今日という日は今日しかない。日常の夫婦写真も撮ってみませんか?

Buyer’s selection
クリスマスプレゼントにおすすめのキッズアイテムをセレクトしました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像