【スタッフコラム】我が家のコウモリラン「株分け」をやってみました!

編集スタッフ 塩川 編集スタッフ 塩川

160125_tvboard_029_2

リビングの特等席にある、コウモリラン。だらんと伸びる葉っぱの形が鹿のツノのようにみえることから、ビカクシダとも呼ばれているそうです。

花屋œuvre(ウヴル)さんで見つけて一目惚れ!1年半ほど前に我が家へ迎え入れました。

見た目のかっこよさと、植木鉢が鉄製という無骨さがお気に入りで、コウモリランの写真をよくSNSに投稿していたんです。

すると先日、植物に詳しい友人から「そろそろ大きくなってきたから、株分けした方がいいんじゃない?」とコメントが!すぐさま連絡を取り、教わりながら実践してみました。

 

コウモリランの「株分け」と「板付け」をやってみた!

160721_column_050

鉢植えの姿が気に入っていたのですが、熱帯生まれのコウモリランは、他の樹木や岩などに着生しているのが本来の姿なんだそう。

葉っぱをのびのび育てるためにも、板付けに挑戦することにしました!

 

材料

・焼き杉板(へご板でもよい)
・水苔(乾燥タイプのものは、水に浸しておく)
・麻ひも

 

手順

1607_shiocolumn_4c

[1] 茶色の貯水葉をはがす。この時、根っこを残すようにする。

[2] 焼杉板に、水を絞った水苔をのせる。

[3] 水苔の上に、株分けしたコウモリランをのせる。

[4] コウモリランと焼杉板を麻ひもで固定する。

 

POINT:貯水葉のはがし方

160721_column_016

コウモリランはだらりとぶら下がる緑の「胞子葉」と、茶色(新芽は緑色)の「貯水葉」に分かれています。

「貯水葉」をメリメリとはがすのは思ったより力が必要で、根っこを守りつつ何枚か重なった貯水葉の奥に、包丁をいれるとスムーズにできました。

160721_column_009

こちらは古い貯水葉。思ったよりも分厚くて、ふかふかとしたスポンジ状になっています。ぎゅっと押すと水分が滲み出て、その名の通り水を蓄えているようです!

貯水葉があるので水やりも楽チン。育てやすさもコウモリランのいいところだと感じています。

160721_column_023

メリメリとはがして、3つに株分けできました!あとは手順2に戻り、板付していきます。

 

プラントハンガーに吊るしてみたら、意外としっくり

160721_column_049

板付けにしたコウモリランを試しにプラントハンガーに入れてみたら、思いのほか収まりが良く窓辺に飾ることにしました。

「株分けは失敗することもあるよ〜」と、友人から聞いていたのですが、板付けにして約1ヶ月、今のところ元気そうなのでホッとひと安心。

夏は植物がぐんぐん育つので、成長を楽しみつつ……もうちょっと増やしたいなぁと、植物欲がフツフツと沸き上がっている今日この頃です。

 

▼プラントハンガーや植木鉢など、当店のグリーンアイテムはこちらから
plant_srtop_160229_2

 


本日の編集部recommends!

【最新動画】ひとりごとエプロン第7話が公開スタート!
当店オリジナル料理ドラマの最新話は、掃除の合間にパパッとつくるお昼ごはん。

Buyer's selection|秋服が続々入荷中!
リラックス感のある着心地、なのにきちんと感のある当店自慢のトップスやボトムスが揃ってます!

今年も手帳キャンペーン実施中です!
今年のカラーはベージュ!ぜひこの機会にお買い物をお楽しみください♩

GREENカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像