【40歳の、前とあと】アン・サリーさん 前編:失うことを嘆くより、今あるものを見つめたら、40歳はまだまだ若い!

ライター 一田憲子

_MG_2730

歌手のアン・サリーさんに聞く、40歳の前とあと

透明感があるのに力強く、一度聞いたら、忘れられない。それがアン・サリーさんの歌声です。

アンさんには、歌手とは別のもうひとつの顔があることをご存知でしょうか?

実は平日は病院で働く内科医師。毎週末には各地でライブなど音楽活動を行っています。

家庭では、9歳と11歳の娘さんのお母さん。

医師、歌手、そして母、妻。何ひとつ諦めず、自分らしく生きてこられたアンさんの40歳の前とあとのお話を伺いました。

 

医師の仕事を通じて、40歳の「その先」が見えるように

_MG_2767

今年44歳になるアンさん。40歳というのは、どんな歳でしたか?と尋ねたらこんなふうに答えてくれました。

アンさん:
「普段病院で患者さんの相手をしていると、お年寄りが多いんですよね。

病気になるのもお年を召された方が多いので、そういう方々からしたら、まだまだ私は若い!笑

老いと若きの両方の気持ちがなんとなくわかる、いい年頃になってきたのかなあと思いましたね。

子育てや、仕事や、今までいろんなことをやってきて、経験を積んだ分、前よりは人の気持ちもわかるようになってきたかな。

関西でライブをすると、会場から関西弁で自由に声が飛んできたりするのですが、こちらも負けじと臨機応変にその声に返せるのも、年月を重ねたお陰かなと」

どうやら、アンさんの感じる「40歳」は、私たちの感覚と少し違うよう。そこには「命」にかかわる現場で働く医師ならではの経験がありました。

_MG_2812▲今でも日々進歩する医学を勉強し続けている

アンさん:
「病院にいらっしゃるお年寄りは、若い頃は満たされていたものが、だんだん失われていくことを嘆いている方がすごく多くて……。

診察のときに、病状以外の不安だったり、世間話だったりを聞いて、おしゃべりすると『ああ、楽になりました』と帰っていかれます。

きっと、お話をしたいんだろうなあって感じますね。たぶん、日々のそんなやりとりを通して、40歳代の自分の持てるもの、持たざるものを自覚させられているんだと思うんです。

若い人みたいにみずみずしくなかったり、老いが見えてきたり、道を歩いてみても、男性に振り向いてもらえなかったり。笑

でも、実は40歳はまだまだ “持ってる” 。

ご飯を食べておいしいとか、自分の足であるけるとか、そういう幸せを忘れちゃいけないなって思うんです」

私たちは、なかなか自分より10年先、20年先の姿までを想像することができません。

でも、アンさんは日々年配の方に接することで「今」を点ではなく、線で見ることができているよう。

 

自分中心に回っていた世界から、自分を離れることの大切さを知って

_MG_2817-144dpi▲医学部で学んでいた20代のころ(左から2番目)

そう話してくださったアンさんも「40歳より前」は、すこし違った視点で、自身のまわりの世界を見ていたといいます。

アンさん:
「結婚前の20代は、持てる時間は全部自分のために使えますよね。

自分の成長のためになることを少しでも見聞きし、体験したい。そんな一心でがむしゃらになっている感じでした。

でも、子供ができると、今度は時間の多くを子供や家族のために使うようになる。それが少しも辛くない。むしろ誰かのために生きるという幸せに気づきました。

愛情は与えることに本当の幸せがあるのだと……。

そうしたら、今度は歌うときも、以前は自分の心の穴や、寂しさをなぐさめるためのものだったのが、今は、どれだけ自分という存在を忘れて歌に没頭して、できることなら歌そのもののようにならたら、本当にいい歌が歌えるのかなあって感じるんです。

医師としても、いかに自分を忘れて、その人が必要としているものを、自分の中から出せることの方が大事。だんだんそういうことがわかってきました」

_MG_2821▲第一子を出産したばかり頃

40歳という年齢の受け止め方は、職業によって違うのだなあとアンさんのお話を聞いて、初めて気づきました。

私が40歳のときには、「今」しか見えませんでした。

でも、アンさんは年配の患者さんと接しているからこそ、40歳のその先には、60歳、80歳とまだまだ続く人生があると知った……。

そんなアンさんのお話は、目の前を見つめているだけでなくちょっと視線を上げて、周りを見渡すことの大事さを教えてくれたよう。

次回は、そんなアンさんの「40歳のまえ」のお話を、さらに詳しく伺います。

(つづく)

【写真】有賀傑

 


saitou_interior_mokuji3

第1話(1月19日)
失うことを嘆くより、今あるものを見つめたら、40歳はまだまだ若い!

第2話(1月20日)
歳を重ねるごとに、自分を手放して身軽に

 

profile_futura_lineblack

1612_annsally_profile

歌手 アン・サリー

幼少時からピアノを習い音楽に親しむ。大学時代よりバンドで本格的に歌い始め、卒業後も医師として働きながらライヴを重ねる。 2001年「Voyage」 でアルバムデビュー。2002年から3年間ニューオリンズに医学研究のため暮らしながら、音楽活動を並行して続ける。帰国後は医師としての勤務の傍ら日本全国でライヴ活動を行い、2児の母となった2007年には「こころうた」を発表。時代やジャンルの枠を超えた、柔らかくも情感あふれる歌唱と、そのナチュラルなライフスタイルは幅広く支持されている。

ichida_profile

ライター 一田憲子

編集者、ライター フリーライターとして女性誌や単行本の執筆などで活躍。「暮らしのおへそ」「大人になったら着たい服」(共に主婦と生活社)では企画から編集、執筆までを手がける。全国を飛び回り、著名人から一般人まで、多くの取材を行っている。ブログ「おへそのすきま」http://kurashi-to-oshare.jp/oheso/


本日の編集部recommends!

最新の再入荷>>
1年ぶり!アンキャシェットのクラッチバッグや春夏コーデのポイントになるネックレスなど♪

大人のピクニック >>
シックに素敵に!「大人っぽいピクニック」を演出できるアイテムたち。

リトルプレス・プレゼント企画 >>
GWのお出かけに!表参道のインテリアショップ『Life Space Collection』でプレゼント企画が♪

公式LINE@はじめました >>
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • 食器の画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • インテリア雑貨の画像
  • ファッションの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像