ドジの哲学

2017年3月17日(金)

【ドジの哲学】うっかりが続いたときに、見えるもの

文筆家 大平一枝

170317_こぼしすぎる人


ドジのレポート その18
こぼしすぎる人


 
 よくものをこぼす。小さな頃からそうだった。生まれつき視力の左右差がひどく、この子は焦点が合わないせいだねえと両親は言っていたが、ほんとうのところはよくわからない。注意力散漫という方が正しいと思う。

 1年ほど前、六本木のコーヒーチェーン店のテーブルで、コーヒーをぶちまけたことがある。折しもその日は白いパンツをはいていて、大きな茶色のしみになった。布巾をもらいにレジに行くと、「大丈夫ですか」と、台ふきのほかパンツを拭く布巾まで沢山くれた。そして床とテーブルを拭いてきれいにしてくれた。……と、さっきと同じ低脂肪のラテを新たに持ってくるではないか。そんなサービスがあるのかと恐縮しつつ、ありがたく受け取った。

 ところが。
 こともあろうに、袖が引っかかって、一口しか飲んでいないそのカップを派手に倒し、再び床にすべてをこぼしてしまったのである。周囲の客も、同情しつつも「また?」という驚きの表情を隠せない様子だった。
 私は急いでレジに行くと、店員さんも驚きの表情。再び、私の衣服を心配し、こぼしたテーブルにバケツとモップを持って駆けつけてくれた。
 そして、なんと3杯目のラテを持ってきてくれたのである。さすがに申し訳なくて「お支払いします」と言ったが、笑顔で受け取らない。

 気を取り直して、プラスチックカップを見ると、側面にマジックで
「ゆっくりお過ごし下さい」と手描きされていた。2回こぼしたからと気を遣わず、どうかリラックスして飲んでいって欲しいという店員さんの気持ちが、真っ直ぐに伝わった。外国資本のフランチャイズ式の生業(なりわい)のサービスはどこも同じ、と勝手に決めつけていたが、気遣いやホスピタリティの高さに胸を打たれた。六本木の繁華街の真ん中で、東京オリンピックになったらさぞや外人客で賑わうだろうと想像できる立地だった。ああ、このおもてなしの精神なら日本は大丈夫だなあと、二度のドジをすっかり忘れて、温かい気持ちになった。

 それにしても続けざまに2回もこぼすとは。いい年した大人が誠に情けない話である。コーヒーの大きなしみを付けたまま、その後、絵本作家の取材に向かった。その方の記憶にはきっと、私は、大きなコーヒーのしみの人として、インプットされているに違いない。

 
profile_futura_lineblack
odaira_profile_160616

文筆家 大平一枝

長野県生まれ。編集プロダクションを経て、1995年ライターとして独立。大量生産・大量消費の社会からこぼれ落ちるもの・こと・価値観をテーマに、女性誌、書籍を中心に各紙に執筆。『天然生活』『暮しの手帖別冊 暮らしのヒント集』等。近著に『東京の台所』(平凡社)、『日々の散歩で見つかる山もりのしあわせ』(交通新聞社)『信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ』(誠文堂新光社)などがある。
プライベートでは長男(21歳)と長女(17歳)の、ふたりの子を持つ母。

▼大平さんの週末エッセイvol.1
「新米母は各駅停車で、だんだん本物の母になっていく。」

 


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
なんでもない日を記録しよう。石川家の「夫婦も主役」の家族写真

本日の再入荷アイテム
自分へのご褒美にもおすすめ!ケラススやFALBEの人気アクセサリーが再入荷しました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像