【訪ねたい部屋】第2話:子どもがいても、きれいをキープ。「がんばりすぎない」おかたづけ

ライター 藤沢あかり

友人の部屋を訪れたときの、わくわくするような気持ち。そこには、「その人らしさ」を知る嬉しさや楽しさがあるのかもしれません。

お宅を訪問し、インテリアを拝見しながら「その人らしさ」を紐解く特集「訪ねたい部屋」を全3話でお届けしています。

今回は、料理を作って食べる楽しさを等身大で伝えてくれる、人気の料理教室「おいしい週末」を主宰する近藤さんのお宅へ。

2話目では、小学5年生と5歳の子どもたちと暮らしながら自宅で教室を開催する近藤さんの、収納や片付け方の工夫を伺います。

 

1アイテム1引き出し。一目瞭然の収納で、家族みんなが使いやすく

友人の家具デザイナーにオーダーしたという本棚と大きな食器棚。この2つが、近藤さんのお宅の収納の要です。

本棚は長く愛用していたものでしたが、リノベーション時に、さらに追加で造作をリクエスト。それが、「たくさんの引き出し」でした。

所在なくなんとなく散らかり気味だったもの……たとえばハンカチやティッシュ、マスク、文房具、領収書、子どものこまごまとしたヘアゴム。そんな、小さいけれど、リビングにぽつりぽつりと置かれては、どんどん増殖してしまうアイテムというのが、どの家庭にもきっとありませんか。

たくさんの引き出しは、そんなこまごまを、まとめて引き受けてくれる懐の深さです。

近藤さん:
「ポイントは、1引き出し1アイテムにしているということ。

あとは引き出しにポイポイ投げ入れるだけでも気にしません。この中が、多少散らかっていても問題なし。ここを開けたら入っている、ということがわかるので、子どもたちも自分で出し入れできます。なくしやすい子どもの靴下もここに入れているんです」

▲引き出しは、あえてストッパーを設けずに取りはずせるようにしてもらいました。ヘアゴムも文房具も、使いたいときに使いたい場所へ持ち運べます。

 

おもちゃは仕分けない!親も子もうれしい「ざっくり」収納

ダイニングと隣接するリビングは、おもちゃや学習用品をおさめた子ども部屋の役割も担っています。

ガラス引き戸でゆるやかに区切られているものの、教室の際にはここも生徒さんたちの目に触れるオープンなスペース。そのため、さっとリセットできるのはとても大切なこと。

おもちゃは、ざっくりとかご収納にしています。

近藤さん:
「子どもって、いろんなおもちゃを混ぜて遊ぶんですよね。

お人形あそびでも、ほかのブロックやままごとセット、折り紙……、いろんなものを組み合わせて、自由に遊んでいます」

近藤さん:
「種類別に分けてしまいたいと思っていたんですが、そうすると片付けるときにまた仕分けが必要で、子どももうまくできないんですよね。結局、これはこっち、これはあっちなのに……!と、自分がイライラする原因に。

だから、その時に子どもが遊んでいるものをひとまとめにして、ざっくりとしまうことにしました。

なんとなく今のブームみたいなものがあるので、子どもも何がどこにあるのか把握しているし、今欲しいものが集まっているので満足するみたいです。

時々子どもたち自身でも中身を入れ替えているし、私がちょっと時間をおいて別の “ざっくりかご” を出してきたら、それで新鮮に遊んだりもしていますね」

 

ご機嫌になれる住まいの決め手は、“快適” のさじ加減

▲右の大皿をしまっている棚は、元はオーディオラックとして作ってもらったもの。奥行きを生かして、今はこんな使い方に。

近藤さん:
「おもちゃだけじゃなくて、キッチンやダイニングでも同様です。

ジャンル分けした引き出し収納に対して、充電器やハサミなど、しょっちゅう使うし、しまいこむほどでもない、というものはざっくりとカゴに入っています。だいたいこのへんを探ればあるよ~って、家族もわたしも理解しているから大丈夫!」

▲自然素材の雰囲気の良いかごを選んだり、クロスでさっと目隠しをしたり。「がんばりすぎない」ざっくり収納にも、美しさをキープするポイントが。

近藤さん:
「ひとつひとつ、ものの住所を決める収納にももちろん憧れます。でも、私の場合は決めすぎてしまうと、自分や家族が守れなかった時に、きっとイライラ、ピリピリしてしまうんです。

自分の決めたルールで自分の首を絞める前に、そういうのは手放しました」

だからといって乱雑すぎては、自分自身も落ち着きません。「OK」と感じられるラインと、ゆるさとのバランスは人それぞれです。

近藤さん:
「特に私の場合は、料理教室という側面もあります。

料理を習いにいらっしゃる方たちは、レシピそのものの習得だけでなく、ちょっと日常から離れた場所で楽しみたい、という人も多いと思うんです。

教室と私たちの暮らし、この空間でその両方ができるよう、ほどよさを探っているところです」

すてきに暮らしながらも、実は “がんばりすぎない” 近藤さんのスタイルは、私たちをちょっとホッとさせてくれました。住まいは、自分たち家族がくつろぎ、楽しく過ごす場所。快適に過ごしたいことを頑張りすぎて、疲れたりイライラするのでは本末転倒です。

自分らしいそのさじ加減をうまく見つけることが、忙しい毎日にご機嫌さをプラスするコツといえそうです。

最終話の次回は、近藤さんが “がんばりすぎない” にたどり着いたその理由を伺います。

(つづく)

【写真】木村文平

 


もくじ

第1話(1月7日)
家の個性と向き合って。10年暮らしてからのリノベーション

第2話(1月8日)
子どもがいても、きれいをキープ。「がんばりすぎない」おかたづけ

第3話(1月9日)
こうして生まれた「がんばりすぎないインテリア」

 

profile_futura_lineblack

近藤幸子

料理研究家、管理栄養士。11歳、5歳の姉妹と夫との4人で東京・清澄白河に住む。作る楽しさとおいしさを気軽に、という思いから始まった自宅での料理教室『おいしい週末』を主宰。雑誌やテレビなど各メディアで、シンプルながらも気の利いたレシピを数多く提案している。http://oishisyumatsu.com

ライター 藤沢あかり

編集者、ライター。大学卒業後、文房具や雑貨の商品企画を経て、雑貨・インテリア誌の編集者に。出産を機にフリーとなり、現在はインテリアや雑貨、子育てや食など暮らしまわりの記事やインタビューを中心に編集・執筆を手がける。

 


本日の編集部recommends!

Today’s selection
「こんなの欲しかった」集めました。

本日の再入荷
今すぐ着れる大人にぴったりなTシャツが揃いました!便利なカゴバックや、突然の雨にも嬉しい撥水スエードバックも再入荷です!

期間限定キャンペーン
当店オリジナルLINEスタンプをプレゼント!LINEアカウントを引っ越します。

INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像