【飛田和緒さんの“ささっと丼”】第2話:切って焼いてのせるだけ。見た目もかわいい「ちくわエッグ」

編集スタッフ 野村

気分新たに過ごしたい春。でも日中忙しくしていると、夕ご飯の時間にはごはんを作る元気が残っていないこともしばしば。

そんな時にもささっと簡単に作れるおいしい丼レシピを、料理家・飛田和緒(ひだ かずを)さんに教えていただきました。

第2話は、ちくわを使った「ちくわエッグ丼」のご紹介です。

 


ちくわエッグ丼


材料(1人分)

ちくわ…小1本
たまご…1〜2個
レタス…適量
きゅうり…適量

オリーブオイル…小さじ1〜2
マヨネーズ…小さじ1
醤油…少し

 

1、材料を切る

▲切り方はお好みで大丈夫です

ちくわは縦半分に切って、斜めに2、3等分に切る。レタスときゅうりは食べやすい大きさに切る。マヨネーズと醤油を混ぜておく。

 

2、ちくわを焼く

フライパンにオリーブオイルを入れて、中火でちくわをさっと焼く。

 

3、たまごを割り入れる

たまごを割り入れ、好みの加減に焼く。

 

丼に盛りつけて、完成

丼にごはん(分量外)を盛りつけ、野菜と共にちくわエッグをのせ、マヨ醤油を添えたら完成。

飛田さん:
「わが家は全員ちくわが大好き。だから冷蔵庫には常備してあって、どうやって食べたらおいしいかなと考えるうちに生まれたレシピなんですよ」

*****

見た目もかわいい、ちくわエッグ丼。たまごを半熟に仕上げて、とろとろの黄身とマヨ醤油をかき混ぜて、ごはんと一緒に食べるのがとってもおいしいです。

次回は、甘酢あんでごはんがすすむ「かにかま卵丼」のご紹介です。

(つづく)

【写真】濱津和貴


もくじ

profile_futura_lineblack

飛田和緒(料理家)

東京都生まれ。現在は神奈川県の海辺の町で、夫と娘の3人で暮らす。毎日無理なく続けられる、作りやすい食材を使った、シンプルでおいしい料理が人気。著書に『いちばんおいしい野菜の食べ方』(オレンジページ)、『常備菜』(主婦と生活社)、『ひだゴハン』(東京書籍)など多数。


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像