【僕のおやつ日記】家時間のおともに、おいしいカフェオレの淹れ方。

OYATSUYA SUN 梅澤

こんにちは、OYATSUYA SUNの梅澤です。

工房のある国立市は、春なのになんだか寒い日が続いています。冷え込む朝方やほっと一息つきたいティータイムなど、まだまだ温かい飲み物が欲しくなる時があると思います。

そんなわけで、今日は、ご家庭で簡単にできる「オヤツヤサン式・カフェオレ」の作り方をご紹介します。※ドリップコーヒー(ブラックコーヒー)の淹れ方は以前の記事をご覧くださいね!

\オヤツヤサン式・カフェオレの作り方/

【材料(2杯分)】

・お湯 … 300ml
・コーヒー豆 … 36g
・牛乳 … 300ml

【コーヒーの淹れ方】

お湯は、なるべく沸かしたてのものを使ってください。

1、ドリッパーにペーパーフィルターをセットする
2、ザラメくらいの粗さに挽いたコーヒー豆(36g)を入れる。
3、500円玉サイズにお湯を注ぎ、30秒蒸らす(一度膨らんだ豆が落ち着いてきます)。
4、30秒経ったら中心に向かって一定のスピードでお湯を注ぐ。3分くらいかけてゆっくり淹れましょう。

※できればこのとき同時進行で、お鍋やレンジで牛乳を温めておきましょう。牛乳は沸騰しないようにご注意ください

5、濃いめにドリップしたコーヒーと、温めた牛乳を合わせます。

【注ぎ方】

1、コーヒーをカップに130mlほど注ぐ(一杯当たり)。
2、そこへ温めた牛乳を150mlほど注いで完成(一杯当たり)。

※一人分の場合は豆を18gにして、時間は変えずに3分で抽出します。人数が増える場合も同様です。

ポイントは、豆の量とお湯の量、時間を守ることと、牛乳を沸騰させないこと。

豆によってやり方を変える必要はなく、毎回この「豆量、湯量、時間」を一定にすることで、豆による産地や焙煎度合いの違いを味わうことができますよ。

耐熱の厚手のグラスを使えば、ミルクを注ぐ時にグラデーションが見えるので、目にもおいしい仕上がりに。

カフェオレボウルにたっぷり作って、クッキーを添えて読書や映画のお供にするのもいいですね。

アレンジメニューとして、出来上がったカフェオレに、黒糖を少し入れるとホッと安心する甘さに。

また、大人用には香りづけにダークラムを加えても美味しく仕上がります。ぜひお試しくださいね。

もちろん、お供におやつをお忘れなく。

▼お待たせしました!大人気のクッキーボックスが再登場です!

▼OYATSUYA SUNの公式インスタグラムでは、コラムには書かなかった裏話や工房の様子などを毎日更新しています。こちらもぜひご覧ください!
160809oyatsuyasun_instagram_banner


感想を送る

本日の編集部recommends!

1本4役のスキンケア
翌朝もちっと調子がいい。毛穴、角質、保湿、くすみを1本でケアできるオイルウォーターって? [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、花柄スカートなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

【動画】うんともすんとも日和
日記を書くことで、驚いて、面白がって、優しくしたい。『5秒日記』でお馴染みのライター・エッセイスト / 古賀及子さん

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像