【マイナス3度の過ごし方】02:伸ばしかけの髪の毛も、10秒あれば素敵なアップスタイルに

編集スタッフ 糸井

湿気に熱風、もうすぐそこに、忘れがたい暑い夏がありますから、火照った身体が少しでも涼しくなる暮らしのアイデアは必需品。

今の体温から「マイナス3度」くらいひんやり感じられたら、それだけで結構心地よくなるのではないでしょうか。本特集ではお家でできる、涼しくなるためのちょっとしたアイデアを4つご紹介します。

2話目では、簡単なヘアアレンジで、首元を涼しくしてみましょう、というシンプルなご提案です。

 



髪をお団子にして、首を涼しく


ヘアアレンジをする。といっても、髪をお団子にまとめ上げるだけのお手軽アクション。髪は、肩にかからないくらいの伸ばしかけの長さでもできますよ。

1.  髪を、ヘアゴムで1束に結ぶ。

2. その結び元に、ポニーの部分をぐるりと巻き、お団子を作る。

3. ポニーのおわり目は、お団子の中に入れ込むように、ピンを1本差して固定しましょう。

このワンツースリーで完成です。うまく毛先が収まらなかったときは、そのまま、ピンをもう1本足せばOK。一般的なヘアピンで大丈夫です。

仕上げに、耳から下の後頭部の髪の毛をすこし引き出し、たるませる。

そして、もみあげからすこしおくれ毛を出したら完成。

ポイントは、束ねる場所。耳と平行の位置で結ぶと、髪が短い方でもまとまりやすいです。ロングの方なら、耳より高い位置に結んでも。より快活な印象が生まれます。

もう少し気分を変えたいときは、スカーフを巻いて。前髪の生え際あたりからぐるっと一周させて、結ぶだけ。家の中で過ごすだけの日にこそ、こういうおしゃれを試しておくのもいいですよね。

スカーフは、三角折りにしてから、一本のタスキのようにたたみます。このほうが、長さが出るので頭に巻きつけやすいです。スカーフ幅は、耳の直径くらいの幅をイメージするとつくりやすいかもしれません。

または、スカーフの他に、ピンをつけても。

巻きつけた毛先あたりにつけると、ちょうどよくおさまってきますよ。

とても簡単な方法であり、素朴だけれど、これだけでも涼しく過ごせます。

***

おさらい

お団子ヘア

1.髪を耳と平行の高さのところで束ねる。
2.髪の束を、結び元のまわりにぐるりと巻きつけ、ピンで止める。
3.後頭部まわりの髪の毛をすこし引き出し、ゆとりを出したら完成。

***

(つづく)

photo:shinnosuke yoshimori(吉森慎之介)
監修: miiyabi harasawa(原澤雅)


もくじ

 

原澤 雅

ヘアスタイリスト。都内の美容室・LIM(リム)に就職後、アシスタントを経て、現在は表参道のDot+LIMでヘアスタイリストと活動中。サロンワークの他、撮影等のヘアメイクとしても活動している。Instagramはこちら▶︎@_minko_


感想を送る

本日の編集部recommends!

これから着てみたい服
「植物の色」をお守りに。自分らしくいるための身近なアイデア[SPONSORED]

今季の春服はこちらから一覧でご覧いただけます◎
fog linen workのサロペットや、香菜子さんと一緒に作ったブラウス等、人気のアイテムが今なら揃っています!

Buyer's selection|新生活におすすめの、お財布特集
かわいさも使いやすさも譲れない!春からの新生活の相棒に、おすすめのお財布を集めました♪

【動画】あそびに行きたい家
小さな模様替えで気分転換。限りある賃貸で工夫を楽しむ暮らし

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像