【お守りスープ】第3話:おなかが弱っているときに。「梅とおもちのみぞれスープ」

編集スタッフ 奥村

今年もあと少し。慌ただしい師走ですが、できるだけ健やかに乗り切りたいものです。

そこで今回は、がんばらずに作れて体にやさしい、元気が出るスープ3品を、料理家で国際中医薬膳師の齋藤菜々子(さいとう ななこ)さんに教わりました。

3品目は、胃腸の疲れを感じた時におすすめのスープです。

 


お腹にやさしく、食べごたえも◎
梅とおもちのみぞれスープ


材料(2人分)

切りもち…3個
大根…100g
梅干し…1粒
大葉…3枚

A
だし汁(顆粒だしを水に溶いたものでも)…400ml
しょうゆ…小さじ1
塩…小さじ1/4

【下準備】
・切りもちは半分に切っておく。大根はすりおろし、梅干しは種をとって叩き、大葉は千切りにする。

 

お守り食材は、大根・もち・梅干し

齋藤さん:
「冬のお腹の不調は、冷えからくることが多いと言われています。今回は消化を助けつつ、体を温めてくれる効果のある食材を組み合わせました。

大根は消化促進効果のある食材です。今回はおろして使うので、葉に近い方(上部)を使う方が辛みが少なくておすすめです。

もち米は、お腹が弱っている時におすすめの食材です。粘性があることでお腹の中に留まりやすいので、胃腸を温めてくれる効果が。よく噛んで消化しやすい状態で摂取すれば、冷えからくる下痢にも効果的と言われています。

梅干しの酸味は、吐き気を抑える効能があります」

 

作り方

1.鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったら切りもちを加える。3〜4分、柔らかくなるまで煮る。

2.1に大根おろしを加えてさっと温め、味を見て薄ければ塩適量を加える。

3.器によそい、梅干しと大葉をのせてできあがり。

齋藤さん:
「だしは好みのものでOKですが、今回はかつおと昆布の合わせだしを使いました。

これからお正月にかけては、ちょうどおもちをストックする時期。年末年始のごちそうで胃腸が疲れた時にも、ぜひお試しになってみてください」

胃腸が弱った時にはよくうどんを食べていましたが、おもちが良いとは新しい発見。柔らかなおもちはつるんと食べやすく、食後は確かに、だんだんとお腹がぽかぽかとしてくる感じがありました。

 

全3話でお送りしたスープレシピ。冬のスープはそれだけで心温まるものですが、食材の効能を知ることで、もっともっと頼れる1品になりそうです。

残りの冬も健やかに過ごすための、ちょっとしたお守りとして。活用していただけたら嬉しいです。

 

【写真】濱津和貴


もくじ

齋藤 菜々子

料理家、国際中医薬膳師。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材で作る親しみやすい家庭料理のレシピを雑誌やwebで提案している。近著に『体にいい煮込みおかず』(ワン・パブリッシング)、『基本調味料で作る体にいいスープ』(主婦と生活社)など。Instagram:@nanako.yakuzen

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像