【変わりゆく暮らし 】会社員時代から生活が一変。昨年7月にオープンした『中華可菜飯店』店主・五十嵐可菜さんを訪ねました

編集スタッフ 中村


この1年、どう過ごしていましたか?
「変わりゆく暮らし」


暮らしのリズムや生活スタイル、居住空間。誰しも様々なタイミングで、暮らしに変化が訪れていると思います。
この一年を振り返ってみると、新しくはじめたこともあれば、やめたこともあるのではないでしょうか。

『変わりゆく暮らし』は、ここ一年のなかで変わったこと・変わらないことを伺い、日々の暮らしにどんな影響や心境の変化があったのかをお聞きする番組です。

第4弾となる今回は、2021年7月にオープンした『中華可菜飯店(ちゅうかかなはんてん)』店主の五十嵐可菜(いがらし かな)さんにお話を伺いました。


『中華可菜飯店』店主・五十嵐可菜さんの暮らしの変化


午前中は好きなことをする

お店を夜まで営業していることもあり、趣味の読書や映画鑑賞は朝の時間で楽しむようになったという五十嵐さん。

出勤までの時間も限られているので、さくっと読める短編集などを選ぶことが多いそう。

 

さまざまなお茶を飲む

お店で出すお茶にはこだわりたいと思っていたところ美味しい中国茶のブランドに出合い、自身も中国茶をよく飲むようになったのだとか。

中国茶の奥深さを楽しみながら日々勉強中だといいます。

 

毎日10分でまかないを作る

毎日遅くまで営業していることもあり、まかないの夜ごはんを作るのが日課だという五十嵐さん。

余った食材などを活用し、ぱぱっと10分以内で作るように心がけているのだそう。

 

続きはYouTubeでお楽しみください!

 

もくじ

 

チャンネル登録で最新動画をチェック!

YouTubeでチャンネルを登録していただくと、最新話のお知らせが受け取れるようになります。

短編ドキュメンタリー『うんともすんとも日和』や、ドラマ『青葉家のテーブル』、『ひとりごとエプロン』などのバックナンバーもあわせてお楽しみください。

 

profile_futura_lineblack

五十嵐可菜

北海道出身。大学時代、恩師の「料理はいちばん儚い芸術」という言葉に心打たれ、料理の道へ。数年間にわたり中華料理店で修行後、ケータリング活動を経て2021年に中華可菜飯店をオープン。「健全でヘルシーな中国料理」を届けることをモットーに、肩の力を抜いて楽しめる中華料理を提供する。Instagram: @chukakana_hanten@kanaigarashi_


本日の編集部recommends!

スタンダードってなんだろう
つけるたびに優しい気持ちに。いまの一田憲子さんが考える「私らしい腕時計」【SPONSORED】

【まもなく終了!】送料無料キャンペーン開催中!
人気のコットンニットやオリジナルTシャツなど、今すぐ欲しいアイテムが対象!この機会にぜひ♩

Buyer's selection|グリーンのある暮らし
可愛らしいじょうろや、植木鉢など、気軽にグリーンを楽しめるアイテムを集めました。

【動画】あそびに行きたい家
家事参加のハードルを下げる。ストレスを感じない住まいづくりとは?(家事のしやすい家・水上さん宅)

VIDEOカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像