【飛田家のおかずサンド】04:五分で作れて朝食にも。くせになる「海苔バターしょうゆサンド」

編集スタッフ 糸井

うららかなる春に食べたくなるサンドイッチ。忙しい日も、冷蔵庫にある限られた食材で、10分あれば作れてしまえたら嬉しいです。

そんなレシピを、料理家の飛田和緒(ひだ かずを)さんに教えていただきました。

4品目は、なんだかやみつきになる、バターをたっぷり塗った海苔バターしょうゆサンドです。

これまでのレシピはこちらから

 


この香ばしさがくせになる
飛田家の海苔バターしょうゆサンド


 

材料(2人分)

たまご…2個
海苔…食パンにおさまるサイズのものを4枚
バター…20g程
角食パン(12枚切り)…4枚

しょうゆ…各少し

 

作り方

目玉焼きを2個作る。オイル(分量外)は好みのもので◎。半熟や完熟など、好みの加減に火を通す。

 

パンは4枚共にトースターで焼く。飛田家では時短のため、2枚ずつ重ね入れして、1度に4枚のパンを焼いてしまいます。

 

焼いたパンに厚めに切ったバターをのせる(バターは塗るというよりのせるイメージで)

しょうゆをひとまわしかけ、

海苔を2枚ずつのせる。

 

目玉焼きをのせてパンではさみ、食べやすく切る。

飛田さん:
「ハムも野菜もなくて、目玉焼きだけだと寂しいな〜と思っていたある日、キッチンの海苔が目に入り、アレンジしてみたら『あらいいじゃない?』となったサンドイッチです。目玉焼き以外にも、薄焼き、だし巻きなどなどなんでも合う味ですね。

海苔がなかなか噛み切れないときは、事前に手でちぎっておいてもいいですよ」

海苔とバターと醤油、この相性は抜群に決まっている。そんなイメージそのままに、とっても美味しいサンドイッチです……。たまごが入ることでボリュームも◎でした。とっても簡単なので、一度作ったらつい繰り返しこしらえてしまいそうです。

全4話でお届けしてきた、飛田家のサンドイッチ。忙しい朝も昼も、小腹が空いた夜にも、10分あれば手軽につくれてとっても美味しいメニューばかりでした。

「家にあるもので、自由なアレンジを」がモットーの飛田家にならい、ときに自分好みにアレンジしつつ、春のお腹を満たしていきましょう。

 

 

【写真】上原朋也


もくじ

profile_futura_lineblack

飛田和緒

東京都生まれ。現在は神奈川県の海辺の町で、夫と娘の3人で暮らす。毎日無理なく続けられる、作りやすい食材を使った、シンプルでおいしい料理が人気。著書に『素材ひとつで作りおく ひだめしの素』(KADOKAWA)、『塩、しょうゆ、みそで飛田式おかず』(西東社)、『ひだパン』(東京書籍)、『いちばんおいしい野菜の食べ方』(オレンジページ)、『常備菜』(主婦と生活社)、『ひだゴハン』(東京書籍)など多数。Instagram:@hida_kazuo


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、花柄スカートなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】うんともすんとも日和
日記を書くことで、驚いて、面白がって、優しくしたい。『5秒日記』でお馴染みのライター・エッセイスト / 古賀及子さん

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像