【スタッフの愛用品】やっと見つけた、朝ごはんづくりの相棒。手のひらにすぽっと収まるDYKの「ペティナイフ」

編集スタッフ 藤波

朝ごはんが、大好きです。

我が家の平日の定番は、フルーツやグラノーラをトッピングしたヨーグルト。休日は、冷蔵庫のあまりもので具沢山のサンドイッチを作るのがブーム。

どちらも簡単な調理でぱぱっと作れるからこそ、三徳包丁を使うのがなんだかもったいなくて、朝ごはんづくりにちょうどいいサイズの包丁があればなあと思っていました。

そんなときに出会ったのが、今回ご紹介するDYK(ダイク)の「ペティナイフ」です。

 

まあるいフォルムにひとめぼれ

小さめの包丁、ペティナイフをいくつか見比べていた中で、一番魅かれたのがなんといってもこのフォルム。

刃渡りが短く、刃先が尖っていなくて、全体的に丸みを帯びた形。包丁を見て「あ、かわいい」と思ったのは初めてのことでした。

継ぎ目のないステンレス製なので、お手入れで困ることもありません。

 

抜群の軽さと、握りごこち

実際に使ってみて驚いたのが、その軽さです。柄の内側を空洞にすることで軽量化されているそうで、持ち上げた時に全くと言っていいほど手首に負担がかからないんです。

測ってみると、およそ70g。冷蔵庫の中身だと、大きめの卵1個分とほぼ同じ重さでした。

女性の手のひらにもすぽっと収まる、小さすぎず大きすぎないちょうどいいサイズ感です。

一つだけ心配だったのが、軽い=安定しないのでは?ということでしたが、その不安もすぐに解消しました。

軽さゆえにコントロールが効くので思いがけずスルっと滑るということがなく、フルーツの皮を剥いたり、例えばアボカドの種をとるシーンにもぴったり。

ずっしりとした三徳包丁を使っていたときに少し怖かった力を込める動作を、安心してできるようになりました。

 

もちろん切れ味も◎

包丁なので気になる切れ味ですが、もちろん抜群。

DYK(ダイク)はその名の通り大工道具の老舗がプロデュースして生まれたキッチンブランドなのですが、その創業は刃物職人の街、新潟の燕三条だそうです。職人さんの高い技術力でつくられたナイフの切れ味はお墨付き。

きゅうりの薄切りも、無駄な力を使わずトントンと気持ちよくできました。

やや熟してしまったトマトも、この通り。潰れることなくすーっと刃が通りました。

使っていくうちに切れ味が落ちたら、市販のシャープナーで研いでOKだそう。また、メーカーが一回まで無料で刃研ぎをしてくれる「刃研ぎサービスカード」もついてくるので安心です。

そんな作り手の心遣いからも、長く大切に使っていきたいと思えます。

▲あっという間に休日朝のサンドイッチが完成。ペティナイフ1本でできましたよ

 

相棒の包丁と、これからも

今回は朝ごはんのシーンをご紹介しましたが、ほかにも食後にフルーツを食べるとき、料理に薬味を追加するときなど、さまざまなシーンにしっくりくるこちらのペティナイフ。今では使わない日がないくらい大活躍中です。

相棒と呼べる、見るたび嬉しくなるツールがあると、料理をしているときの気持ちもなんだか上向く気がするので不思議です。

毎日パーフェクトなごはんが作れるわけではないけれど、たよれる道具の力を借りながら楽しんでいきたいです。


感想を送る

本日の編集部recommends!

今すぐ頼れる夏服、一覧はこちらから◎ ワンピースに合わせたいパンツや、毎年人気のリネントップスなど。これから活躍するアイテムが続々中!

雨の日のおまもりアイテム集めました 撥水加工が施されたボトムスやバッグ、ロングセラーの北欧の傘も入荷中です!

今から頼れるUV対策アイテム ワンピースの上から羽織れるUVカーディガンや、日傘などこれからの季節に活躍するアイテムをまとめました!

【動画】あそびに行きたい家 時代も国もバラバラ。好きなもので溢れた心地よい部屋(フラワーデザイナー・市村美佳子さん宅)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像