【スタッフの愛用品】朝食の準備がちょっと楽しく。トーストのことを考え尽くした「バターナイフ」

商品プランナー 高山


朝はトースト派です。タイミングばっちりできれいな焼き目がつくと、今日は調子が良いぞ〜!と嬉しくなります。

きれいに焼けたトーストは特に良い状態でいただきたいですが、地味に苦戦するのがバターを塗ること。冷蔵庫から出したばかりの固いバターを塗ろうとすると、せっかくのトーストが潰れてしまって残念な思いをしていました。

それが嫌でバターを細かく切ってみたりしていた時期もありましたが、やっぱり手間です。

そんなときに当店で目にとまったのが、EAトCO(イイトコ)のバターナイフ「Nulu(ヌル)」

「ヌル」って……バターを「塗る」ってこと……? そのくすっとなるネーミングにも惹かれ、迎えてみました。

 

冷えて固まったバターも塗りやすく


なみなみとした丸い穴のあいた刃と、すこしギザギザした刃。それぞれバターを削る側、パンの焦げを落とす側、と役割が異なります。

「刃」といっても鋭くはなく、指で触っても大丈夫なので扱いやすいですよ。


使い方はかんたん。手前から奥に向かって、丸い刃をバターに押し付けながら滑らせていきます。バターがぬ〜っと削れていくのが楽しい!

持ち手に角度がついていて、容器に入ったまま使いやすいのも嬉しいポイントでした。


バターがふんわりと糸状になってくれるので、トーストの熱でじんわり溶けながら塗り広げられます。

トーストが潰れずバターを塗れる!これだけのことですが、朝のプチストレスが解消されるのは嬉しいです。


パッと置いたときにバターのついた刃がテーブルにつかないようにもなっていて、細かなところまで気が効いているな〜と思います。

 

ちょっと焦げても大丈夫という安心感


我が家は魚焼きグリルでパンを焼いていることもあり、ちょっと気を抜くと焦がしがちでした。

このバターナイフは焦げを落とすための刃も付いているなんて、本当にトーストのためのアイテムなんだなとしみじみ。これがあると、ちょっとくらい焦がしても何とかなるなと気楽になれます。

個人的にバターを削るときとは反対で、奥から手前に刃を動かすときれいに削りやすいなと感じました。

 

このシンプルな形にぐっとくる

継ぎ目のない、シンプルな形。

この起き上がった姿がなんとも可愛らしくて、いつでも準備万端ですよ!というやる気すら感じます。

こちらはものづくりの町・新潟県三条市で作られているそう。錆に強く丈夫なステンレス性なので、毎日手に取る道具として頼もしいです。


使い終わった後は、穴に詰まったバターを落とすのが大変?とも思いましたが、バターなのでお湯で溶けるんですね! ささっと流して、いつも通りスポンジで洗えて楽ちんでした。

 

最初から最後まで、トーストを準備する時間のことが本当によく考えられているバターナイフ。

おかげで慌ただしくなる朝も、ちょっとだけご機嫌に過ごせそうです。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
今から初夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
人気のリネンハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!連休のお出かけにもおすすめですよ。

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像