【わたしの適量】当たり前を減らしてみたら「ちょうどいい」が見つかった。小川奈緒さんがたどり着いたスキンケア

ライター 小野民

スキンケアってこんなにしないとダメかな?

スキンケアへの心持ちが、ときめきからあせりに変化してきたのは、いつ頃からだったでしょう。若かりし自分は、たしかにわくわくと化粧品を手にしていたのに、今、シミやしわが刻まれた顔と向き合うと、「なんとかしなくちゃ」と心がざわつきます。

でも、人生はまだ半ば。肌の悩み一つひとつに、絆創膏をあてがうような気持ちで向き合い続けるのはしんどいぞ、という予感はするのです。負担にならず、でも満足できる、しっくりくるさじ加減があるはずです。

そう考えるきっかけになったのは、今回出合ったスキンケアブランド SENNの「減らす美容」というコンセプトでした。

SENNのブランドの顔にもなっているwater oil balancer(以下、ウォーターオイルバランサー)は、油分・水分・美容成分を最適なバランスで配合した二層式オールインワン美容液。これ1つで化粧水、乳液、美容液、クリームになるため、あれこれ足し算するのとは逆の発想でつくられています。

そんなSENNから、新しく誕生したのがmeguri(メグリ)シリーズ。化粧水と乳液という2ステップのスキンケアは、「減らす一歩」を踏み出すのにもちょうどよさそうです。

(この記事は、「SENN」の提供でお届けする広告コンテンツです)

 

使い終わると、当たり前のように買い足していました

今回お話をうかがったのは、meguriを愛用しているというエッセイスト・ライフスタイリストの小川奈緒さん。

小川さんがこれまで出してきた本に共通するのは、自分にとっての快適さに向けて行動していく姿勢で、軽やかに試行錯誤する様子や心の動きの描写に引き込まれます。近年は、音声配信を始めたり、趣味だったヨガ講師の資格を取ったりと新しいチャレンジにも精力的です。

都心から郊外に移住して10年ちょっと。築50年の和風住宅をリノベーションした家には澄んだ空気が通り抜け、りんとした佇まいです。

40歳前後から暮らしや持ちものを点検し、スキンケアも見直してきたとのこと。その雰囲気からミニマリスト的な生活を想像して尋ねてみると、わははと笑ってこちらの緊張をほぐしてくれました。

小川さん:
「いきなりすっきりした状態になったのではないし、子どもが小さい頃は物もいっぱいでした。何年かに1回、持ち物を新陳代謝させたいブームがきたりもするんだけど(笑)。普段は無理せず、必要なくなったものを手放している感じですよ。

スキンケアに関しては、40代半ば頃に洗面所に並ぶボトルを見て、こんなに使わないと幸せになれないのかなとふと感じて。

『それがないとダメ』という状態の方が嫌だなとも気づいて、ものは試しに、ひとつなくなるごとに買い足さないでみることにしたんです。それで最終的にオールインワンにまで絞りました」

 

必要最低限だと物足りなさもあって……

オールインワンのスキンケアで最初に選んだのは、近所で買えるシンプルな原材料のものでした。そうしてみると、洗面所はすっきり片付き、かける時間やお金が減って、むしろ幸福度が上がった気がしたそうです。

小川さん:
「ライン使いからオールインワンにまで減らしてみても、意外と肌の状態が変わらなかったのも発見でしたね。でも、あくまで必要最低限。スキンケアの喜びは減っていたかな。今になってそう思います」

気がついたのは、SENNのウォーターオイルバランサーを使うようになったからだそう。

小川さん:
「他のオールインワンのアイテムを使っていたときにSENNを知って、Webサイトを見てみたらすごく素敵だったんです。長年ヨガをやっているから、削ぎ落とされた豊かさに憧れがあるのですが、まさにそんな理想の世界観。香りが好きなので、ラインナップのなかにお香があるのにも惹かれましたね。

パッケージにも、視覚的に満たされる感覚がありました。使ってみたら、香りやテクスチャーも好みで、五感全部で満ち足りる感覚になったんです。それで、こういう喜びは久しぶりだぞ、と」

SENNについて詳しくはこちら

 

満たされるものを選べれば、スキンケアがセルフケアにもなる

オールインワンのウォーターオイルバランサーを使っていた小川さんですが、SENNから2ステップのmeguriシリーズが登場したことを知り、昨冬からは2つを併用して使うようになりました。

ウォーターオイルバランサーとmeguriシリーズの共通点は、自然の美容成分をぜいたくにつめこみ、天然由来成分を主原料にしているところ*1。肌のめぐりをととのえるために昔から使われてきた漢方や植物のエキスを原料にしています。

年齢を重ねた肌は、毛穴・ハリ・ざらつき・くすみなど悩みが複合的になりやすいけれど、meguriならバランスよくケアでき、さらに低刺激処方*2 なのも嬉しいポイントです。

ローション(以下、化粧水)は美容液のような、エマルジョン(以下、乳液)はクリームのようなテクスチャーで、あえて「じっくり染み込ませること」を想定して設計されているそうです。

*1…パラベン、エタノール、石油系界面活性剤、鉱物油、合成着色料、合成香料不使用
*2…すべての方に皮膚刺激が起こらないということではありません

▲両手で温めてから、顔全体へ。手で顔を覆いながら深呼吸し、マッサージするように広げて。透明花エキス、ハトムギ種子エキス、コメ発酵液などがうるおいを与えてくれます

化粧水は、角質層を潤いで満たし、バリア機能をサポートする成分を処方。月桃の香りを中心に、ラベンダーや白檀など9種の精油をブレンドした香りが豊かにめぐります。

小川さん:
化粧水のとろみが好きです。乾燥が気になる冬のはじまりに使い始めたのですが、肌でじっくり味わうように保湿ができるので、物足りなさがありませんでした。もともとウォーターオイルバランサー1本でしたが、こちらはよりしっかり保湿される安心感があります」

一方の乳液は、ハリ、弾力、なめらかさなどに作用。化粧水とは異なる月桃の香りなどを配合しているので、共通点はありつつ繊細な香りの違いも楽しめます。

▲乳液は両頬、おでこ、顎の4カ所につけ、顔の中心から外側へ。頬は下から持ち上げるように円を描きながら広げると血行がよくなる効果が期待できます。クチナシ果実エキス、アカツメクサ花エキス、コケモモ葉エキスなどを配合

小川さん:
「乳液は、両手を使ってなじませていると、素肌が必要としているものをぐーっと入れている感覚があります。朝は忙しくてパパッと済ませたいけど、夜は多少の時間はある。香りにも癒されながらmeguriを使うひとときが、自分をメンテナンスする時間にもなっています。

お香を焚く、アロマキャンドルを使うみたいなことにも憧れるけど、余裕がないとなかなかできません。でも、スキンケアは毎日必ずするもの。そして2ステップだからこそ、先を急がないでじっくり染み込ませられるのもいいですよね。がんばりすぎないセルフケアが、自然と毎日できるのはありがたいです」

▲化粧水は150g、乳液は100gの容量で、各2970円(税込)。定期購入の場合は毎回10〜15%OFF、送料無料で購入できます

meguriについて詳しくはこちら

 

自分だけの「適量」はどうやって見つける?

お話を聞いていて、小川さんが繰り返していたことのひとつが、自分にとっての正解は自分で見つけるしかないのだということ。それは、化粧水や乳液の使用量を決めるときにも意識しているそうです。

小川さん:
「気に入ったものを使うにしても、説明書の使用量が自分の“適量”じゃないかもしれないぞ、と一度は疑うようにしています(笑)。5滴使いましょうだったら、わたしは4滴から始めてみる。

一回で正解に辿り着かなくていいから、自分の適量は自分で探っていきたいと思っています。そうやって実験していくからこそ、自分だけのトリセツができていくはずです」

小川さん:
「肌を左右するものは、スキンケア以外にもたくさんあります。天気や食べたもの、睡眠時間……だからこそ、スキンケアをシンプルにしておいたほうが、コンディションを測りやすいです。

わたしの場合は、2ステップのmeguriは夜に使って、忙しい朝はオールインワンのウォーターオイルバランサーというのが肌にも生活にもちょうどいいみたい。ウォーターオイルバランサーはさっぱりした使い心地なので、その後すぐにメイクを始められるところも気に入っています」

 

当たり前を、ひとつでも減らしてみると

自分からなにかを引く行為には、ちょっとした勇気が必要かもしれません。足す方が、心理的なハードルは低いのかも。

だからこそ、ひとつやめてみることで見えてくることは案外たくさんありそう。行きつ戻りつ、失敗したっていい。生活のなかの“実験”の先に、ちょうどよさを見つけていく小川さんは、何より楽しそうです。

小川さん:
「もちろん減らせないものもあって、わたしにとってはヨガや睡眠、米粉のお菓子をつくる時間かな。そのためにもスキンケアに手間と時間を使いすぎないで、余白ができるといいですよね」

小川さんの言葉に、大きくうなずいてしまいました。自分の器だって、たかだかしれているのです。だからこそ、生活はシンプルにして、あふれさせないようにしておきたいもの。

SENNのメッセージ「Less is beauty」が指す美しさは、もしかしたら余白を「好き」や「幸せ」で満たした先にあるものかもしれません。

「一度で正解に辿り着かなくていい」という小川さんの言葉も励みにして、暮らしのなかでやめてみること、減らすことの実験をしていこう。そう決めただけでも、なんだか心はふんわり軽くなっていました。meguriは、そんなわたしのはじめの一歩にぴったりなはず。スキンケアで自分を満たしながら、自分にとってのちょうどよさを見つけていきたいです。

 

お得なトライアルキットで「減らしてみる」を体験

今回紹介したmeguriの化粧水・乳液のミニサイズと、クレンジングと洗顔を同時に叶える「FLAT SKIN CLEANSE & WASH」のパウチ10包がセットになったトライアルキットは、「減らす美容」を始めてみるのに最適です。

いきなり減らす不安があるときには、いつものスキンケアと併用しながら。使用量は説明書を参考にしながらも、自分の肌が良いと感じる量を使って、実験してみるつもりで試してみるのがおすすめです。

 

▼meguriトライアルキットの詳細・購入はこちら

▼よろしければアンケートのご協力をお願いいたします

 

【写真】ニシウラエイコ

 

 

小川奈緒

エッセイスト・ライフスタイリスト。最新刊『家が好きで』(技術評論社)他、『すこやかなほうへ 今とこれからの暮らし方』『ただいま見直し中』など著作多数。音声プラットフォームVoicyにて『家が好きになるラジオ』も配信中。

 

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

SPONSORED(BRAND NOTE)カテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像