連載|柳沢小実の、わたしが出合ったとっておき。 第3回『まいにち使う、掃除道具。』

柳沢 小実

yanagisawacolumn_main_140303

「この家には、日本語(のパッケージの製品)
がないね」。冬に友人が泊まりにきて、
水まわりを覗いてこう言いました。

たしかに、そうかもしれません。
私は香りの強い洗剤が苦手なために
自然派の製品を使っていて、
言われてみれば、自然派の製品はパッケージ
デザインもかなりあっさりしています。

対して、日本語がどーんと書かれたものは、
言葉の意味がダイレクトに伝わるからか
はたまたデザインのせいか
往々にして主張が強く、
一つ置くだけで生活感が漂います。

わが家は水回りに収納がなく、
掃除道具をバケツにまとめて床置きしている
ので、洗剤類のパッケージが違ったら
印象も大きく変わることでしょう。

そして、バケツに入れている
スポンジやブラシなどの道具類は、
「手に収まりのいい大きさ・形状」
「汚なくなりにくい素材」
「泡立ちがいい」
「きちんと落ちる」
といった点を重視して選んでいます。

デザインだけで使いにくい物はダメだし、
使い勝手はいいけれど、デザインが……
という物もできれば家に置きたくない。

解剖学者の養老孟司さんも、
“機能と構造(かたち)を分けて考えることが
間違いで、機能と構造は同じものの
別な見方に過ぎないのではないか”
という趣旨の発言をされていますが、
本当にそうだなと実感すること
しばしばです。

yanagisawa03_01

吸水性があり、乾きも早いキッチンワイプ。
まだ日本に入ってくる前に、
北欧のスーパーで見つけて以来のおつき合い。
シンクのそばで台布巾として使い、
夜はクリップに挟んで干しておきます。

私は家事の中で掃除があまり好きではなく、
そういった、得意でないことに関しては
「自分が苦手・おっくうだと感じるポイントを、
ひとつずつなくす」ようにしています。

たとえば、掃除でいちばん苦手なのは
汚れた雑巾を洗うこと。
洗ったあとに、どこにどう干すのか、
その干してある姿がキレイじゃないなぁ…
と考えると、どうしても気分が乗りません。

そのため、古いタオルやTシャツを切って、
ちいさな使い捨て雑巾を作ってあります。
あちこちごしごし拭いて、
真っ黒になったら、「ごくろうさま」と
ゴミ箱にポイ。
使い切ったという気持ち良さもあり、
精神衛生上とてもいいのです。

yanagisawa03_02

また、思い立ったときにすぐかけられる
業務用の掃除機も必需品。
ほうきと併用して使っています。

掃除は、してもまたすぐにホコリがうっすら。
永遠に続く追いかけっこのようなもの。
手に取りたくなる道具とともに、
軽やかに乗りきっています。

 

yanagisawa_profile_140225


本日の編集部recommends!

約1年ぶりとなる新ミニドラマが完成!
朝食をテーマに「青葉家のテーブル」のアナザーストーリーをつくりました! [SPONSORED]

本日の再入荷
チェアパットや一膳おひつ、YESのショルダーバッグなど人気アイテムが続々入荷中です!

【動画】モーニングルーティン
子育てをしながら自分の時間も。整理収納アドバイザー・七尾亜紀子さんの効率的な朝時間。

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像