特集 | 多肉とくらす

2014年10月29日(水)

【特集|多肉とくらす】第三話:もう枯らしたくない!育て方のコツ、教えてください。

編集スタッフ 青木 編集スタッフ 青木

DSC_0445_1Text:スタッフ青木

「多肉とくらす」3日目の今日は、多肉植物に最適な育成環境とお世話のコツについてお届けします。

多肉植物のお世話に悩むスタッフとsocukaさんのQ&Aコーナーもありますよ。

それではまいりましょう!


 

【INDEX】

第1話(10月27日)
フラワーアーティストのsocukaさんに、多肉植物の育て方きいてみました。

第2話(10月28日)
多肉植物の鉢選びと植え方のコツ。

第3話(10月29日)
もう枯らしたくない!育て方のコツ、教えてください。

第4話(10月30日)
大丈夫!折れた多肉植物を復活させる2つの方法。


 

多肉植物が好きな場所、苦手な場所。

◎DSC_0576

もともと暖かくて乾燥した土地で生まれた植物だから、日光が大好きです。

けれど、真夏の直射日光は苦手なので、屋内・屋外どちらで育てるにしても「適度に日が当たる、風通しの良い場所」で育てましょう。

外で育てる場合は、雨が直接当たらない場所に置いてください。

 

ダメにしてしまう時のパターン。

葉が黄色くなって「根腐れ」させたり、茶色く焼けたように葉を枯らしてしまったり、”ダメにしてしまうパターン”というのが大きく分けて2つあるみたいなんです。

その原因と気を付けるポイントがわかれば、これからのお世話の大事な基準になるはず。2つのダメパターンについて聞いてみましたよ!

 

葉がブヨブヨ!
黄色くなって腐らせてしまうんです。

DSC_0424

<原因>
・水やりし過ぎ
・風通しの悪い場所で土が蒸れている
・日当りが悪い

<アドバイス>
・土が白くなるほどしっかり乾き、葉に少し張りがなくなり、柔らかくなってからお水をあげるようにします。
・「柔らかく陽があたる、風通しのいい場所」に移動させて様子を見ましょう。

 

葉がシワッシワ!
ミイラのように枯らしてしまうんです。

◎DSC_0601

<原因>
・水やり不足
・直射日光に当たり過ぎ

<アドバイス>
・葉に少し張りがなくなったと感じた時がお水をあげるタイミングです。葉がしわしわになりすぎる前に、お水をあげてください。
・「柔らかく陽があたる、風通しのいい場所」に移動させて様子を見ましょう。

 

大切なのはお水をあげるタイミング!

◎DSC_0039

腐らせてしまう場合、枯らしてしまう場合、どちらの原因も水やりのタイミングでしたね。

私はいつも腐らせてしまうタイプなのですが、そのことをsocukaさんに打ち明けたらこんな風に教えてくれました。

socuka「多肉植物の葉って、たっぷりと水が含まれているからプックリと張りがあるんですよ〜。だから、土が乾いていても、葉に張りがあるならお水はいりません。葉に少し張りがなくなった時がお水をほしがっているサインなので、そのタイミングであげてください。その時は、葉に水がかからないように気をつけてあげると、より良いと思います」

土がカラッカラに乾いていると、ついついお水をあげたくなってしまのですが、注ぎたくなる気持ちをぐっとこらえて様子をみてあげるのが大事だったんですね〜。

 

こんなときどうしたらいいですか?

多肉植物を育てている当店スタッフも気になることがあったようです。この機会に聞いてみましたよ。

 

Q:下の方の葉が焼けて(枯れて?)ぽろーんと落ちてきます。

◎DSC_0552

socuka’s コメント

多肉植物の成長過程としては正常なので大丈夫です。

上に伸びていくものは、どうしても下の方は落ちたりしぼんだりしてしまいます。

中間や上のほうが元気ならば問題ないので、鉢が窮屈になってきたら植え替えてあげてください。

でもこれから寒くなるから、植え替えは春〜秋に行うといいですよ。

 

Q:ヒョロヒョロっとして元気がありません。

DSC_0573

socuka’s コメント

色が薄くなり、ヒョロヒョロしている場合は日光不足なので、陽の当たる場所に移して様子を見ましょう。

まずは明るい窓辺に1週間置いて、徐々に新しい環境に慣れさせるのがポイントです。

 

Q:セラミス(赤茶色の人工用土)の乾き具合を、目で見て判断するのが難しいです。
葉っぱが柔らかくなってきました。

DSC_0461

socuka’s コメント

少し蒸れているのかもしれませんね。

空気がこもってしまいがちなところに目いっぱい植えているので、もう少しゆとりのある感じで植えても良かったかもしれません。

時々外に出してあげたり、風通しのいい場所で様子を見て、窮屈そうになった場合は広めの鉢に植え替えましょう。

 

Q:葉の重さで折れてしまいそうなほど茎が伸びたら?

★DSC_0659

socuka’s コメント

適当なところで思い切って枝を切って、リフレッシュさせてあげるといいですよ。

★DSC_0664

切り口をお水に浸けて、日当りのいい場所に置いておくと根が出てきます。

切ってすぐに土に挿してもいいのですが、根の出る様子がわかりやすくお花のように楽しめるので、この方法も試してみてください。

根が出れば、好きな形に育てなおすことも出来ますね。

★DSC_0673

この方法を知っていれば、元気がないように見える時にも、慌てずに様子を見てあげられそうです。ちょっと気が楽になりました。

さて、あしたの更新では植え替え途中にポロッと取れたり、折れたりしてしまった多肉植物から、根や芽を出して再生させる方法を教えていただきます。

どうぞお楽しみに!

(あしたにつづく)


 

第1話(10月27日)
フラワーアーティストのsocukaさんに、多肉植物の育て方きいてみました。

第2話(10月28日)
多肉植物の鉢選びと植え方のコツ。

第3話(10月29日)
もう枯らしたくない!育て方のコツ、教えてください。

第4話(10月30日)
大丈夫!折れた多肉植物を復活させる2つの方法。

socuka_profile_20131004


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE |ライオン「ルック おふろの防カビくん煙剤」編
「きれいキープ」の1分習慣って?すっきり暮らしの達人・引田かおりさんに聞きました

本日の再入荷>>
スタッフ愛用率も高い、トーストにぴったりサイズの焼き網が再入荷!

公式LINE@はじめました >>
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


GREENカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • 食器の画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • インテリア雑貨の画像
  • ファッションの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像