【特集|その働きかたが知りたい】神楽坂・かもめブックス 第4話:僕らがオススメする本。

編集スタッフ 田中 編集スタッフ 田中

kamomebooks_4day_016

4日間にわたって、特集「その『働きかた』が知りたい」かもめブックス編をお届けしています。最終日はオススメの本をセレクトしてもらいましたよ。

(書き手:スタッフ田中、撮影:小野田陽一)


index_20150205

第1話(2月23日)
街の本屋さんになる決意をした僕ら

第2話(2月24日)
"あの人がいる本屋さん"を作りたい。

第3話(2月25日)
ここで本と出会ってもらうために。

第4話(2月26日)
僕らがオススメする本。


僕らがおすすめする本をご紹介します。

kamomebooks_2day_004

最終日の今日は、かもめブックスのみなさんにオススメの本を選んでいただきました!

テーマは3つ、いまの気分にあう本を探して本屋で立ち読みするように、気軽にお楽しみくださいね。

今年こそお料理をがんばりたい人へ

『おべんとうの時間』
写真:阿部了/文:阿部直美(木楽舎)

kamomebooks_4day_003

おべんとうは作るのも食べるのも、見るのも楽しい!小さな箱の中にたくさんの生活がぎゅっと詰まっています。この本には、「ささやかだけれど幸福なおんべんとう」、そんな表現がぴったりなおべんとうと日常が集められています。いつもの姿、いつもの味。そんなお料理ができるようになれたらすてきですよね。(かもめブックス スタッフ)

kamomebooks_4day_013
『手づくりする木のカトラリー』
西川栄明著(誠文堂新光社)

kamomebooks_4day_002

寒い日に口に運ぶポタージュスープは、木のスプーンですくいたいなあと思うのです。手に馴染む太さと、口当たりが良い大きさで、木目が穏やかなもの…。そんなふうに、料理を楽しむための道具にこだわり始めたら、料理はもっともっと楽しくなります!自分の料理にぴったりのカトラリーに出会えたら、ずっと大事にしていきたいですね。(かもめブックス スタッフ)

 

『サルビア食堂のきちんと朝ごはん』
ワタナベマキ著(エイ出版社)

kamomebooks_4day_001

片づいたテーブルの上に赤いお花があって、お気に入りの器に少しだけ手間をかけた朝ごはんがある。それだけで新しい一日は気持ちよく始まります。誰に見せるでも、振る舞うでもない小さな食卓だから、朝ごはんはシンプルで楽しいお料理がいちばん!自分なりの朝ごはんを大切にしようと思わせてくれる可愛らしい1冊です。(かもめブックス スタッフ)

 

ホッとしたいとき、ちょっと疲れたときに

『たんぽぽのお酒』
レイ・ブラッドベリ著(晶文社)

kamomebooks_4day_004

「幻想と叙情の詩人ブラッドベリ」が「少年のひと夏」をあたたかく描く名著です。写真は、僕が持っている「文学のおくりもの」シリーズのもの。現在刊行されているのはもっとポップでカラフルな装幀のものです。お間違えなきよう。(かもめブックス柳下)

kamomebooks_4day_014※上の写真と現在刊行されている本の装幀が異なります。

 

『塔にふる雪』
坂田靖子著(潮出版社)

kamomebooks_4day_009

「アジア変幻記」というシリーズの2巻ですが、独立した短編集なので、この巻だけ読んでも、もちろんおもしろいです。ファンタジーというものは幻想を描くだけではなく、そこに生活感などのリアリティが必要なのだと思います。そこに、本書の魅力があり、特に表題作「塔にふる雪」は読むと優しい気持ちになるのです。(かもめブックス柳下)

 

『映画篇』
金城一紀著(集英社)

kamomebooks_4day_008

本・音楽・旅行・食べること飲むこと・知らない人との会話・生活のためのちょっとした小物、僕たちの感性が摩耗しないために必要なものは色々とありますが、映画も大切な要素だと思います。本書は映画にまつわる短編集。とても読みやすく、読後もハッピーです。(かもめブックス柳下)

 

人生の先輩から学びたいときに。

『ムーミンパパ海へいく』
トーベ・ヤンソン著(講談社)

kamomebooks_4day_006

ムーミンパパの冒険心が、突然住み慣れたムーミン谷を後にすると決めさせて、海をわたり、小さな島の灯台守になるというお話です。さて、僕はこの物語を読むと、女性の偉大さについて考えてしまうのです。僕たちは女の子がいないと何もできないのだなと。(かもめブックス柳下)

kamomebooks_4day_010

 

『人生の100のリスト』
ロバート・ハリス著(講談社)

kamomebooks_4day_007

小さなことでも、大きなことでも、大事なことでも、つまらないことでも、自分のやりたいことを言葉にしてそれを書き出すって、とても大変。でも、自分と向き合うために、とてもよい手段だと思います。この本のワイルドな魅力を、僕は皆さんに知ってもらいたいのです。(かもめブックス柳下)

 

『移動祝祭日』
ヘミングウェイ著(新潮社)

kamomebooks_4day_005

「もし幸運にも、若者の頃、パリで暮らすことができたなら、その後の人生をどこですごそうとも、パリはついてくる。パリは移動祝祭日だからだ。」という巻頭の言葉が、パリを知る人にも知らない人にも、祝福を与えてくれるように思えます。サンダルを履いたときのような自由な気持ちになります。(かもめブックス柳下)

kamomebooks_4day_012


 

以上、1テーマにつき3冊ずつの本を選んでいただきました。この本をセレクトした理由は?と尋ねると、本への思いがあふれて止まらない皆さん!

今回ご紹介した本を探しに、ぜひお近くの本屋にいってみてほしい、と柳下さん達は仰っていました。目的の本がなくても、違う出会いがあるかもしれません。出かけることでちょっといい運動になるかもしれないし、本を見つけるかもしれない。

本がなくても何かと出会うのを楽しんでいただけたらな、と私も皆さんに共感できました。

そうそう、冒頭のスタッフ集合の写真撮影で「楽しそうにお願いします〜♪」とリクエストしたショットがこちら。仲が良いのが伝わってきますね。

kamomebooks_4day_019

みなさんで企画の提案をしたり、POPを作ったり、ひとりひとりの個性がつまった楽しいお店だってことが、伝わりますように。そして神楽坂に寄る機会があれば、この方々に会いにいってみてくださいね!

最後までお読みいただいてありがとうございました。

kamomebooks_4day_021

もくじ

第1話(2月23日)
街の本屋さんになる決意をした僕ら

第2話(2月24日)
"あの人がいる本屋さん"を作りたい。

第3話(2月25日)
ここで本と出会ってもらうために。

第4話(2月26日)
僕らがオススメする本。


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

WORKカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像