WORK

【あの人のデスク事情】仕事のスイッチは「香水」。イラストレーターのマイオフィスづくり(よしいちひろさん)

2021年9月1日(水)

自宅の一角で、デスクワークをするならば。仕事が捗るように、かつインテリアとしても素敵にしたいです。デスクは?チェアは?書類の管理はどうしてる?気分のON/OFFのしかたも知りたいと...

【私がシロップを作るわけ】後編:悩んだあの頃があったから。30代で見つけた自分らしい仕事

2021年4月16日(金)

シロップ作家でご自身のブランド「calm(カーム)」を立ち上げた高橋友香(たかはしゆか)さんに、お話を伺っている本特集。前回は、やりたい仕事を探すための寄り道を経て、未経験からea...

【私がシロップを作るわけ】前編:寄り道だらけの20代。やりたい仕事を見つけるまで

2021年4月15日(木)

「わたしはこの道でやっていくんだ」そう胸を張って話す人に憧れがあります。いったいどんな風にその仕事に出合い、どんな時に自信を持って語れるようになったのでしょうか。今回お話を伺ったの...

【フィットするしごと】人生はすべてつながっていく。世界37ヵ国で郷土菓子を学び見つけた、新たな冒険

2020年10月30日(金)

旅するパティシエ鈴木文さんのインタビュー後編です。前編で趣味のお菓子作りを仕事にした鈴木さん。後編では、ついに「旅するパティシエ」の名の通り、世界を巡り始めます。クラシコムジャーナ...

【フィットするしごと】わたしのお菓子はいくらで売れるの?好奇心で漕ぎ出した「旅するパティシエ」の船出

2020年10月29日(木)

不定期連載「フィットするしごと」、本日は旅するパティシエ鈴木文さんです。クラシコムジャーナルで2020年4月に公開された川内イオさんの記事を編集してお届けします。 ***ピンク、グ...

【フィットするしごと】文化・宗教・言葉・世代もとびこえて、伝統文化をつなぐ鬼っ子のしごと

2020年8月19日(水)

浪曲師の玉川奈々福さんへのインタビュー後編です。前編では、習いごととして踏み入れた三味線教室から、浪曲師への弟子入り、編集者との両立を経て浪曲と真っ向から向き合うようになった日々ま...

【フィットするしごと】習いごとで踏み入れた道でプロに。「浪曲ってなんだ?」を問い続けて。

2020年8月18日(火)

演芸場の客席にぎゅっと身を寄せ合って、「浪曲」を初めて見て、度肝を抜かれました。あはははと盛大に笑い、常連さんの掛け声とともに楽しむエンターテイメント。普段出会うことのない声量と節...

【フィットするしごと】自分のスタイルを持ちながら、チームのハッピーを想う

2020年7月1日(水)

連載「フィットするしごと」今回はスタイリストの宇和島英恵さんのお話をお届けしています。七転び八起きの末、ついに手に入れたパリでの実績をもち日本に帰ってきた宇和島さん。すぐに大忙しに...

【フィットするしごと】フランスから始まった、スタイリストへの七転び八起きの道

2020年6月30日(火)

ルイヴィトン、シャネル、ジバンシィ、ランコム、ランバンといった海外ブランド。トヨタ、ソニー、キヤノン、ユニクロなどの日本メーカー。ここに挙げたのは、ファッションスタイリストの宇和島...

【フィットするしごと】積ん読1000冊、働くのは5時間。ひとり出版社の時間割。

2020年5月21日(木)

出版業未経験からひとりきりで出版社を立ち上げた「夏葉社」の島田潤一郎さんのインタビュー。2018年にクラシコムジャーナルで公開した記事を再編集してお届けしています。前編では、「未経...

【フィットするしごと】経験ゼロで立ち上げた「ひとり出版社」の10年

2020年5月20日(水)

山あり谷ありの人生に、そっと寄り添ってくれる大切なもの。人によってその存在はそれぞれですが、「本」がその役目を果たしているという人は多いのではないでしょうか。連載「フィットするしご...

【今日のクラシコム】アイデアの種はどこにある?スタッフ3名の心がけを聞きました

2020年5月13日(水)

オフィスの様子など、当店の舞台裏をお届けしている「今日のクラシコム」。どんな仕事をする上でも、大なり小なりアイデアは欠かせない存在。私は動画チームに所属しており新企画を考える機会が...

【フィットするしごと】料理する人、食べる人の垣根がなくなる「食」の時代に

2020年4月21日(火)

食の情報誌『料理通信』の編集長、曽根清子さんへのインタビュー後編です。前編では、曽根さん自身の来し方と『料理通信』の成り立ちについてうかがいました。後編では、雑誌の編集を続けるなか...

【フィットするしごと】料理人の心意気をぎゅっと誌面に詰め込んで

2020年4月20日(月)

雑誌が厳しい時代だ、と言われて久しい気がします。たしかに今、ただの「情報」ならスマホで検索すればすぐに出てくるし、こと食の情報ならば、調べる店ほぼすべてに個人の評価が付き、点数化ま...

【フィットするしごと】一つ屋根の下、「家族」のようなしごと場に

2020年3月3日(火)

NAOTを日本で販売するloop&loop代表の宮川さんにお聞きした本インタビュー。遠く離れたイスラエルの靴NAOTをどのようにして日本で販売していったのかというお話を伺っ...

【フィットするしごと】ただ目の前のお客様に届けたい一心で

2020年3月2日(月)

しごとをしていると良いことも悪いこともたくさん起こるけれど、いつかお気に入りの靴のように「フィットする」と感じることができたなら。連載「フィットするしごと」、本日は昨年クラシコムジ...

【フィットするしごと】大人は少女がステージを変えて生きているだけ(漫画家 今日マチ子さん・後編)

2020年1月31日(金)

デビューから一貫して少女たちを瑞々しく描き続けてきた今日マチ子さんが、なぜ大人の女性たちを描こうと思ったのか。そのきっかけとなった、ご自身が働きすぎて倒れてしまったご経験について前...

【フィットするしごと】人生の一回休みが教えてくれたこと(漫画家 今日マチ子さん・前編)

2020年1月30日(木)

 連載「フィットするしごと」。本日は昨年クラシコムジャーナルで公開された漫画家・今日マチ子さんのインタビューを再編集してお届けします。2004年からブログ『センネン画報』...

【フィットするしごと】スプーンの可能性に魅せられて、スプーン作家として生きていく。

2019年12月19日(木)

ある日、スプーン一本でメシを食っている女性がいると聞いた。箸もフォークもナイフも使わず、スプーンだけでご飯を食べる、というこだわりの話じゃない。スプーン作家としてスプーンだけを作り...

【フィットするしごと】野鳥が身近な生活は、きっと心を軽くするから(後編)

2019年12月13日(金)

不定期連載「フィットするしごと」。野鳥の魅力を伝える「株式会社鳥」の代表、スズメ社鳥(以下、社鳥)さんにお話をうかがっています。幼少期から変わらない鳥への愛や、会社設立に至るまでの...

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像