【料理家さんの定番おやつ】小堀紀代美さんの、キャラメルナッツスコーン。

編集スタッフ 津田 編集スタッフ 津田

caramelscone_1_r文 スタッフ津田、写真 クラシコム

 

初めてでも作ってみたい、キャラメルナッツスコーン。

過去に当店の特集にもご登場くださった料理家の小堀紀代美さんに、初めてでも道具が揃っていなくても、気軽に作れる焼き菓子のレシピを教わっています。

本日はボウルひとつで材料を順番にスプーンで混ぜるだけと、手軽なキャラメルナッツスコーンをご紹介します。

 

材料(径5~6cm×6個分ほど)

[A]
薄力粉…100g
ナッツ…50g
塩…ふたつまみ
ブラウンシュガー…30g
ベーキングパウダー…小さじ2

生クリーム…100ml
キャラメルソース(メープルシロップでも代替可)…大さじ2

<キャラメルソース(作りやすい分量)>
グラニュー糖…110g
生クリーム…100ml

下準備

・ナッツはクルミ、アーモンド、カシューナッツなどお好みのものでOK。フライパンで焦げないように香ばしく炒ってざくざく刻む。

・キャラメルソースを手作りする場合は作っておく。グラニュー糖を鍋にいれて中火にかける。ふちから溶け始めたら、へら等はいれずに鍋をゆすってグラニュー糖を完全に溶かす。カラメル色になったら弱火にし、ふつふつとした泡が消えたら生クリームを加えて、ごく弱火で完全にソース状になるまで溶かし混ぜて、火からおろす。

caramelscone_3↑小堀さん手作りのキャラメルソース

 

作り方

[1]ボウルにAをいれて、均一になるようスプーンでよく混ぜる。

[2]生クリームを2回にわけて加え、切るように混ぜる。

[3]キャラメルソースを加えてさっくり混ぜて、生地をまとめていく。

[4]生地をスプーンですくって手に打ち粉(分量外の強力粉)をつけて形にし、オーブンペーパーをしいた天板に並べて、180度のオーブンで25〜30分表面がカリッとするまで焼く。オーブンから取り出しそのまま粗熱を取る。

caramelscone_process

 

小堀さんからの、ひと言アドバイス

caramelscone_2_r

小堀さん:
「このレシピは薄力粉で作っているので、ふわっサクッとした軽めの食感です。どっしりしたスコーンがお好みでしたら全粒粉を混ぜるなど、お好みで変えてください。

手順3のあと、時間があるようでしたら、生地を冷蔵庫で30分ほど休ませるのがおすすめです。

これからの寒い季節なら常温で2日ほど保存していただけます。食べるときはトースターで温めなおしてください。バターなどを添えるのも美味しいです」

※今回、登場した器や布:小堀さん私物

 

kobori_profile_201511_2

4839954534 はじめてでも絶対失敗しない いちばん作りたいお菓子の本
小堀 紀代美
マイナビ 2015-03-13
4074027674 スプーンで作るおやつ
―ボウルでぐるぐるまぜるだけ ざっくりかわいい焼き菓子とデザート

小堀 紀代美
主婦の友社 2015-11-26 

 

小堀さんに教わる定番おやつレシピの一覧は下記バナーよりご覧ください。kobori_oyatsu_tokushuichiran_2


本日の編集部recommends!

本日の再入荷
洗濯ものの乾燥や、扇風機にも!1年中使えるおしゃれなサーキュレーターが再入荷。

送料無料!暮らしに「余白」をくれるコーヒーマシン
手間や時間をかけずに、おいしい一杯を。当店で一緒に注文した商品も送料無料です♩

【映像特別版】パリのアパルトマン暮らし
朝に弱いクロエさんの気分を上げていく習慣。

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像