【はじめての和菓子】冷凍保存もOK!トーストにぴったりの自家製つぶあんレシピ。

編集スタッフ 塩川 編集スタッフ 塩川

1603_oyatsu_4_036

今日はじっくり家しごと。無心になれる手作りあんこ。

和菓子ユニットのユイミコさんに、はじめてでも簡単に作れる、和菓子のレシピを教わっています。

本日は小倉トーストなど様々なアレンジに使える、つぶあんをご紹介します。

一晩寝かす工程を省き、小豆の味が引き立つ、こっくりとした仕上がりに。思い立ったらすぐに作れるのも嬉しいポイントです。

保存がきくので、倍量のレシピでまとめて作っても大丈夫。甘い匂いを漂わせながら、家しごとを楽しみましょう。

 

材料

小豆 … 100g
グラニュー糖 … 140g
塩 … 少々(好みで)

 

作り方

[1]小豆を入れた鍋に、ひたひたの水(小豆の頭が出ないくらい)を加え沸騰させる。沸騰したら小豆をザルにあげて軽く水洗いし、再び鍋に戻してひたひたの水を加え、火にかける。

[2]沸騰したら弱火にし、キッチンペーパーで落とし蓋をする。およそ30分~1時間ほど、柔らかくなるまで煮る(※)。煮えたら火を止め、そのまま余熱で10分~30分ほど蒸らす。

[3]鍋を中火にかけ、グラニュー糖を3回に分けて加える。焦げないようにヘラで都度混ぜる。

[4]ヘラで鍋底をこすり、鍋底が見えるくらいになったら火を止める(コクを出したい場合は火を止める直前に塩を加える)。タッパーなどの保存容器にうつして冷ます。

※煮る時のポイント:ポットなどでお湯を沸かしておき、小豆の頭が出ないように様子を見ながらお湯を足しましょう。柔らかさの目安は、小豆が親指と薬指で潰せるくらい。

1603_oyatsu_4_4c

 

ユイミコさんからの、ひと言アドバイス

1603_oyatsu_4_026

ユイミコさん:
「煮る時間を短く済ませたい時は、新小豆がおすすめです。お米と同じように、新しいものの方が柔らかくなりやすいですよ。

冷蔵保存で1週間、冷凍保存で3週間ほど日持ちします。冷凍の場合は小分にすると便利です。自然解凍させてから召し上がってください。

来週はつぶあんを使った、どら焼きのレシピをご紹介します。どうぞお楽しみに」

※今回、登場した器や道具:ユイミコさん私物

 

▼ユイミコさんのレシピ一覧は、下記バナーよりご覧ください。
1603_oyatsu_bnr_yuimiko
profile_futura_lineblack
1603_oyatsu_yuimiko_2

ユイミコ

小坂歩美と大森慶子、2人の和菓子ユニット。
「つくることを楽しむ」をモットーに、自然で美味しい和菓子作りのワークショップを開催している。初心者でも上手につくれる丁寧な指導が評判になり、どのワークショップも予約が取れないほどの人気に。著書に『道具なしで始められる かわいい和菓子』(講談社)がある。

▽ユイミコさんの著書


本日の編集部recommends!

約1年ぶりとなる新ミニドラマが完成!
朝食をテーマに「青葉家のテーブル」のアナザーストーリーをつくりました! [SPONSORED]

本日の再入荷
毎年人気のアンキャシェットのボーダー日傘が今年も再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像