【フィットする暮らし】第4話:毎日ひとつでも「思いこみ」を壊す

編集スタッフ 塩川 編集スタッフ 塩川

3_1605_usamura_C1A6686写真 木村文平

シリーズ「フィットする暮らしのつくり方」Vol.12は、イラストレーター&アートディレクターの兎村彩野(うさむら あやの)さんにお話を伺っています。

断捨離で「欲ばり」を手放した兎村さんは、物との付き合い方を変え、今の自分にフィットした暮らしにたどり着きました。

自分自身を理解し「嫌なところ」を変えた兎村さんは、とても身軽に思えます。しかしどうやって、その状態を保つようにしているのでしょうか?

 


 第4話
毎日ひとつでも「思いこみ」を壊す


4_1605_usamura_C1A6316

兎村さん:
「起きている間はひたすら『思いこみ』がないかを探しています。

年をとると、どんどん『思いこみ』が増えてしまうんですよね。知ったつもりになっていたり、あの人はこうだろうと決めつけてしまったり……。

でも反対に子供って素直だから、大人と遊ぶのがすごく上手なんです。先入観を持たずにどんな人とでも垣根なく、自然に遊ぶんだなぁと感じています。

そんな姿を見ていると、いかに普段『経験』といえばいい言葉ですが『思いこみ』で物事を判断しているのではないかなと気付きました。

今では何かを考えても、本当に決めつけがないか、自分に問いかけるようにしています。そうやって自分自身を俯瞰して、主観的にならないように気をつけています。

毎日ひとつでもいいから、好奇心をもって『思いこみ』を壊していくと、ワクワクできるんです

2_1605_usamura_C1A6646

「欲ばりを捨て、思いこみを壊す」兎村さんの頭と心は、常にフラットな状態を保っているように感じました。

だからこそ新たな価値観を受け入れ、変化を楽しめるのではないでしょうか。

 

手放す中でも変わらない「自分の軸」

3_1605_usamura_C1A6302

変化を受け入れる兎村さん。しかし「自分の軸」は、変わらないように思えました。

兎村さん:
「基本的には、未来のことばかり考えています。80歳までの大まかな道筋は決めていて、その中で与えられたことや流れてくる運に、寄り添いながら生きていたいんです。

例えば40代になったら、海の街から山に移住して家を建てる。50代はその近くで、ものをつくるための合宿施設を作る。そして60代になったらカウンターだけの漫画喫茶をやりたいと考えています」

「作り続けること」それが兎村さんの軸のように浮かびました。

自分で未来を描いているからこそ、理想に行き着くまでの変化は、大きな問題ではないのかもしれません。

軸があるから『思いこみ』を壊せるんです」と兎村さんは続けます。

 

フィットする暮らしを「つくる」って大変だ!

2_1605_usamura_C1A6563

わたしたち北欧、暮らしの道具店は「フィットする暮らし、つくろう」をテーマに掲げています。

ちょうど1年くらい前に入社したわたしは、初日に「フィットする暮らしとは何か」と店長佐藤からレクチャーを受けました。

「誰かのモノサシではなく、自分のモノサシで満足できる暮らしを作る事。それはとても大変で、みんなファイターなんだよ」と教わりました。しかし当時は、その言葉に「ピン」ときていなかったんです。

自分のモノサシを作るためには、自分自身を知り、良いところとも悪いところとも向き合わなければいけません。

今回兎村さんのお話を伺い、ようやくそれが実感できるようになりました。

3_1605_usamura_C1A6496

わたしの今の暮らしはたくさんの物に囲まれ、変わらない自分自身に不満があり、100%フィットしているとは残念ながら言い切れません。

しかし悩んでいるからこそ、学べることがたくさんありました。

・自分自身を知り、俯瞰すること
・期待ではなく信頼すること
・話し合い、言葉にすること
・欲ばりを捨てること
・思いこみを壊してフラットでいること
・変化を受け入れること
・自分の軸をしっかり持つこと

心の中でごちゃごちゃと積み上がった問題は、実は当たり前のことだらけで、それに目を背けずちゃんと向き合う。

そうやって凝り固まった価値観を手放せば「自分の嫌なところ」を変えられて、フィットする暮らしに一歩近づくように感じました。

連載の最後は、兎村さんの言葉で締めくくりたいと思います。

 

兎村彩野さんにとって「フィットする暮らし」とは?

4_1605_usamura_C1A6824

家に長く居るわたしにとって、働くことも遊ぶことも明確な境界線がなく、時間だけがある種の区切りなのかもしれません

天候や自分の体調に合わせて、その時の感覚を大事にし自分を寄り添わせる。それがフィットする暮らしになります。

決して何者(時には物)とも戦わない・比べない。ただ流れにそっと寄り添う。その姿に無理がなく、スマートに自然体でいられたら素敵だなと思っています。

少しずぼらで、他人に寛大であり、自然に優しい。そんなおおらかな人でありたい。愛する人の隣で、自由にのびのび生きていく。美味しい物はみんなで分け合って食べる。眠くなったら清潔で真っ白のシーツに大の字になって眠る。

誰もが当たり前に心地よく感じるような毎日が、1日でも多くありますようにと、日々ゆるやかに身の回りを調えておく。

変化に対して恐れず、ありのままを受け入れる。ぶれない心の軸の中で、働いたり、遊んだり、学んだり、愛し合って、好きな人と年を重ねていけたら最高ですね。

他人や世界に合わせてもらうフィットを待つより、自分がフィットしていく。水や風のように姿を自由に変えて能動的フィットを楽しみます。

兎村彩野

(おわり)

 


 

もくじ

第1話(5月24日)
兎村さんはどうやって「自分の嫌なところ」を変えたんだろう?

第2話(5月25日)
人生の「大反省会」で学んだこと

第3話(5月26日)
物を手放すだけではない「断捨離」の方法

第4話(5月27日)
毎日ひとつでも「思いこみ」を壊す

 

profile_futura_lineblack

bnr_1605_usamurasun_profile

TO2KAKU 兎村彩野
イラストレーター&アートディレクター)

1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始し、17歳でフリーランスになる。現在は夫婦2人のデザインユニット TO2KAKU(http://to2kaku.com/)として、誰かの「作りたい」という気持ちをカタチにしている。


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
今日という日は今日しかない。日常の夫婦写真も撮ってみませんか?

Buyer’s selection
クリスマスプレゼントにおすすめのキッズアイテムをセレクトしました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像