【バイヤーのコラム】大好きなアイスクリームと向き合う時間。

バイヤー 竹内 バイヤー 竹内

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCOcam with g3 presetレンピのグラスは低い脚の可愛さとたっぷり容量が魅力。アイスクリームにぴったり◎

昔からアイスが大好きです。

子どもの頃は、一日3つまでならアイスを食べるのを許されていました。

という話をすると「ちょっと多くない?」と言われるのですが、ファミリーパックの箱入りのミニサイズのアイスです。

私は祖父母と一緒の6人家族だったので、「量」優先で、大抵アイスはファミリーパック。

一袋に一本で売っているアイスや贅沢なカップのアイスはなかなか食べられませんでしたし、健康のこともあったので小さいモノで我慢をさせられていたんです。

子どもって、アイス好きなイメージですが、わたしは相当好きだったのでしょう。

小さい頃のアルバムを見ても、出先でアイスクリームをペロッとしているか、かき氷をガリガリ食べている姿ばかり。母に言わせれば、冬にもガクガク震えながらアイスを食べていたそう・・(笑)

ある日、誕生日か何か特別な日だったと思います。

あまりにアイスが好きすぎるわたしに、両親はこれを買ってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCOcam with g3 preset

アイスディッシャー。

アイス屋さんがすくって盛り付けてくれるアレです。

コーンを買って、バケツ型の入れ物にたっぷり入ったアイスクリームを好きなだけ盛り付けて食べる。夢のようなひと時でした。

大人になった今はかつてほどの執着心は薄れていると思うのですが、やっぱりアイスは大好き。

今は、アイスは一日1個、もしくは二日に1個といったペース。その1回のアイスタイムをじっくり味わっています。

ディッシャーを使ってちゃんと器に盛り付ける。ビスケットで挟んだり、クッキーを砕いてみたり、見た目や組み合わせを色々楽しむ時間はかなり贅沢なごほうびタイム。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCOcam with g3 preset好きなクッキーで挟んだ、クッキーサンドアイス。サクサクとひんやりがたまりません!(使用したプレート:ARABIA パラティッシ16.5cm

こんなふうに、大人になった今もアイスと向き合って気づいたことがあります。

一番の食べごろの絶妙なタイミングを逃してはいけないこと。

はやく食べたいあまり焦ってもカチコチで味わえない。ゆっくりのんびりしていると、溶けてただの甘い液体になってしまう。

焦って近道しようとしたり、もたもたして乗り遅れたりしないよう、絶妙なタイミングを見極める力って、しごとの中、暮らしの中で大切だなあ・・・とそんな考えとリンクさせてしまったのでした。

 


本日の編集部recommends!

約1年ぶりとなる新ミニドラマが完成!
朝食をテーマに「青葉家のテーブル」のアナザーストーリーをつくりました! [SPONSORED]

本日の再入荷
毎年人気のアンキャシェットのボーダー日傘が今年も再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像