【瓶のなかの小さな庭】第4話:テラリウムの水やりやお手入れで、長く楽しむポイント3つ

ガラス瓶の中に多肉植物やエアプランツ、石や枝などを使って飾るテラリウムの育て方を、URBAN GREEN MAKERSの新田さんに教わりました。今回は、瓶で育てる植物のお手入れや維持の方法をお届けします。エアプランツへ水やりするときは霧吹きでミスティングが良いなど、具体的なコツをご紹介しています。他にもテラリウムの置き場所、枯らしたときやカビが生えたときのレスキュー方法など長く楽しめるポイントをお届け。スタッフが育てたときのリアルな質問にもお答えいただきましたよ!

編集スタッフ 田中

terrarium_55

全4話で、瓶のなかでグリーンを育てる「テラリウムの作り方」をお届けしています。

最終話の4話では、、作ったテラリウムのなかで植物を育てるときの疑問を解決していきます。水やりの頻度や方法、置き場所、元気がなくなってきたら?など、今回もURABAN GREEN MAKERSの新田さんに教わっています。

多肉植物などの成長の変化も楽しみのひとつ。ここでポイントをおさえれば、お世話もカンタンです!

 

きほんのお世話

[1] 水やりのタイミングは?

terrarium_73▲これはしっとりと湿っていて、まだ水をやるタイミングではないようです。

土の表面が白くなって、乾いてきたら、水やりのサイン」 と新田さん。

テラリウムの場合は、通常の鉢植えよりも湿度をたもてるので、水やりの周期が長くなるようです。

新田さん:
「夏は、週に2回程度、冬は水をあげすぎず、葉や茎の様子を確かめてから、土が湿るくらいでいいです。また、いちばん最下層の石が濡れたら、水やりしすぎなので乾かしてくださいね」

 

[2] 水やりの方法

terrarium_36_1

エアプランツに水やりをする場合は、瓶から取り出して霧吹きでミスティングすると良いそうです。瓶のなかでミスティングすると、ドライのものを湿らせてしまったり、ガラスを汚してしまいます。

多肉植物に水やりをする場合は、直接多肉に水がかからないようにするのがポイントだそう!

terrarium_70

 

[3] 直射日光があたる場所におくのはNG

terrarium_39_1

ガラス瓶に直射日光があたると、虫眼鏡の役割をして、瓶のなかの温度を高くしてしまうそう。だから、窓際や出窓などにおくのは避けましょう。カーテン越しの薄日があたるくらいが、ちょうどいいようです。

けれど、まったく光があたらないと植物が育たないため、夏は半日陰などに、冬は適度に光のはいる日なたが適しているそうですよ。

 

よくある質問Q&A スタッフが実際に育ててみました!

[Q] エアプランツにプクプク感がなくなってきて枯れそう。どうすれば?

terrarium_37_1

[A] 水が足りないので、いつものミスティングに加えて、水を張ったボウルなどに約4〜6時間、夜寝ている間中、漬けておきましょう。

「エアプランツは夕方から夜、水分を補給する性質なので、この間に給水させるといいですよ」と新田さん。つけておいたあとは、風通しのよい場所でしっかり乾かしてから、瓶のなかに戻しましょう。

 

[Q] 水を多くあげすぎた様子。排水できないからどうすればいい?

terrarium_40_1

[A] 晴れた日に瓶ごと外に出して、水分をとばしましょう。

どうしても心配して、水やりを頻繁にしてしまいがちです。そんなときは、ベランダなどに出して風通しのよい場所で、乾かすと良いそうです。また、あまりにも土が濡れていたら、小さく丸めたティッシュなどで水分を吸収するのも◎。

 

[Q] カビが生えちゃった!どうしたらいい?

terrarium_72

[A] カビの生えたものは取り除き、換気をしましょう。

原因は、水のあげすぎで湿度が高くなってしまったためなので、カビ部分の土は丸ごと除去し、エアプランツや装飾の流木やモスなどを取り出して、風のよく通る場所に置いて水分をとばすようにすると良いそうです。

terrarium_46 terrarium_48

ガラス瓶のなかの、自分だけの小さな庭がかわいくてかわいくて、眺めているだけで癒されるテラリウムを作ることができました。

日の当たらない場所でも楽しめたり、拾ってきた思い出の貝殻が立派なアートになったり。グリーンの楽しみ方が、またひとつ増えたように思います。

ぜひ、まずはお家にある空き瓶で気軽にお試しいただけたら、うれしいです!

 

もくじ

profile_futura_lineblack

1610_nittasama_profile

URBAN GREEN MAKERS 創案者・新田拓真

2015 年に『あなたが1つのキットを買うたびに、UGMから子供たちへ1本の木が贈られます。』というコンセプトで、URBAN GREEN MAKERSのテラリウムキットシリーズを発売開始。自身が、宮城県石巻市出身であり、地元を含めた被災地の生活環境を豊かに変えたいと思ったところからスタートした活動。ブランドを通して自然との関わりを感じてほしい。そしていずれは世界中をグリーンでいっぱいにしたいとグリーンアイテムを次々と展開中。現在、黒板ボードにプリザーブドモスを自由に貼り付けて楽しむアートキットが新発売された。全国の雑貨・アパレルショップで取り扱いをしている。http://www.ugm.tokyo/


感想を送る

本日の編集部recommends!

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】うんともすんとも日和
ちょっとかじっては身が入らず、転々とした20代を経て。東京・世田谷で “ひとが集まる” 八百屋を営み始めて4年(尾辻あやのさん)

GREENカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像